明石 借金解決 無料相談

MENU

明石で借金解決の無料相談ならこちら

明石で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

明石で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら明石にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

明石で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして明石で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

最近では、債務整理を行う人も珍しくありません。

債務整理をすると、払いきれない利息を整理できますが、金融機関のローンやクレジットカードの利用が不可能になるといった欠点もあります。

ここで問題になるのがブラック状態でもアパートなどの契約が問題ないのかということだと思います。

実際に調べてみると、どうやら、契約可と契約不可の物件のどちらもが存在しています。

契約可能な物件の数は少なくなってしまいますが、住まいに関しては、心配ないようです。

一般的に、債務整理を行うとブラックになりますが、任意整理を選んだ人ならば銀行のローンや住宅ローンも組めるケースがあります。

任意整理であれば、裁判せずに済みますから、官報などに氏名や住所が載る心配もありません。

借りていた業者が違法な金利で貸付を行っていたら、返還請求した過払い金で借金を返済できる場合もあります。

このケースでは特にブラックとして問題になることは無いでしょう。

債務整理は時間がかかるものですから、終わるまで数ヶ月を見た方が良いでしょう。

ですが、債務整理中に借金の金利や延滞損害金が追加されるようなことはないです。

債務整理の中でも個人再生や任意整理を行った場合は、自己破産と違って一部の債務が残るでしょう。

残った債務は金利がかかりませんが、仮に返済日を遅れてしまうようなことになると、この期間の延滞損害金と共に一括請求されたという事例もあるので、返済期日は確実に守るようにしましょう。


利息制限法にのっとって過払い金を算出し、残債と相殺する債務整理のことを特定調停と言います。

ただし、負債と比較して過払い金のほうが多い場合は、すでに利息制限法に基づいて計算し合意に達していることから、返金請求できず、単に負債が無くなるというだけです。

ですから過払い金の額のほうがどう見ても多いと判明しているのであれば特定調停などは効果が薄いので、返金が見込める過払い金請求のほうが効果的です。

期日通りの返済ができないと、債権者から翌日に確認があります。

支払う予定日を伝えると、あとでしつこく電話がかかってくることもありません。

しかし、遅れて支払う約束を反故にしてしまうと、また催促の連絡がきて、取り立て行為になるのも時間の問題でしょう。

どうあがいても返済が不可能なときは、いったん債務整理をして身辺の立て直しを計るのが有効です。

弁護士なら債務整理は可能ですが、中には受け付けてもらえないケースがあります。

例えばそこの事務所で債務整理の取扱いをしていない時や、もし自己破産で借金ができた経緯が免責不許可に相当すると思われる場合は、受け付けて貰えないでしょう。

もし前者であれば、無理強いしても良い結果は出ませんので、債務整理に詳しい司法書士や弁護士を見つければ、すんなり引き受けてもらえるでしょう。

近頃はネットにも情報が多く、24時間いつでも探せます。

比較もネットの方が容易です。


たとえ弁護士であろうが司法書士であろうが、債務整理依頼を担当する場合は前もって担当者は絶対に自分で個別面談を債務者との間で行うことと、債務整理事件処理における規律についての規定を日弁連が打ち立てています。

メールや電話で事前相談をする事もできますが、実際に会って面談することなく引き受けるような弁護士ないし司法書士がいたならば、この面談義務に背いている訳です。

借金を整理するための債務整理の中にも方法を選ぶことができます。

元金はそのままで延滞損害金や利息の免除を要望するのか、元金が減額されなければどうしようもないのか、借入の金額云々ではなく返済を継続する事が限界なのか。

どんな状況なのかによってどの方法が都合がいいかも異なるでしょう。

自力で手続きしようと思えばできますが、懸念事項が少なくないなら弁護士や司法書士がプロですから相談した方がいいでしょう。

債務整理の中でも、任意整理の際は無関係であり、個人再生の際は基準が緩いので、大した問題とはならないものの、債務整理の方法に自己破産を選んだ場合は、財産隠しは決してやってはいけない事の一つに挙げられます。

裁判所に破産の申立をする際、持っていてよい現金と資産は法で定められた上限があります。

基準以上の分は処分することが求められますが、万一、隠していたという事実が明るみになれば免責が不許可になるのに加えて悪ければ詐欺罪の疑いを持たれてしまいます。