豊後高田 借金解決 無料相談

MENU

豊後高田で借金解決の無料相談ならこちら

豊後高田で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

豊後高田で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

下にあるフォームでは簡単な質問に答えていくだけで豊後高田近くの無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

 

豊後高田で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上にあるフォームを使ってあなたの状況にぴったりな弁護士事務所を探してみて下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして豊後高田で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

債務整理の際には、弁護士や司法書士などに依頼することが一般的ですが、料金がかかります。

返済が行き詰ったから依頼したいのに、どうしてお金を取られるのかと言う方も多いのですが、仕方がないことですから、割り切ってください。

ですが、こちらの事情を汲み、分割で支払ったり、支払いが債務整理後でもOKだという事務所もありますから、はじめにしっかりと相談するようにしましょう。

減額された返済を滞りなく行って、無事に債務整理を終わらせた場合でも、しばらくの間は、クレジットカードの申請や利用、あるいは金融機関のローンの審査に受かることはできなくなるでしょう。

なぜなら、借金を債務整理によって整理したとなると、事故アリということで、ブラックリストに登録されてしまうためです。

約5年間はブラックリストに名前が残り続けるので、この間は住宅の購入や高い買い物は控えましょう。

債務整理の中でも任意整理を選択すれば、債権者の一部のみを対象にして債務整理ができます。

ですから、契約している携帯電話会社の債務をそのままにしておくことで、所有する携帯を使い続けられます。

特に制限なく新規の契約や機種変更も行えるのですが、当然ながら、ローンの利用ができないので、機種代は購入時に一括で払わなければなりません。

でも、携帯料金が未納の状態ならば、このようにはいかないでしょう。


奨学金の借り入れを申し込む際は親が連帯保証人で親族が保証人になるケースが多いですが、保証人になる人が債務整理をした経験があると、もし完済していても、そこがネックになって審査落ちすることもあります。

もしそういった心配があるのでしたら、人的保証制度ではなく機関保証制度を選択すれば、保証人はもちろん連帯保証人も不要で奨学金の貸し付けを受けることができます。

貸与額によって保証料は変わりますが、毎月の奨学金から少しずつ差し引かれます。

検討してみる価値はあるでしょう。

銀行や信販会社等が保有している個人信用情報には、債務整理をしたという履歴が何年間は保持されます。

記録は信販会社の利用以外はもちろん、就職に影響する可能性もあります。

つまり、銀行、信販会社、貸金業者などに就労を希望する際です。

過去に債務整理を行っていたのがわかると、それだけが原因ではないにしろ、採用を見送るケースもあります。

いずれにせよ、運に頼るしかありません。

理由はどうあれ債務整理を行うと、個人信用情報機関に何年かは記録が残るものです。

それにより今後しばらく借金はできなくなりますし、すでにクレジットカード等を持っている場合も、利用停止になっているでしょう。

それから、クレジットカードを新しく作成することもできないでしょう。

最後に契約済みの債務の扱いについてですが、個人再生と任意整理では債務は保持されていますので、支払いがなくなることはありません。


信用情報機関によって管理されている事故情報(俗にブラックリストとも呼ばれる)の中からどれくらい経てば債務整理の情報が消えるかというと、どんな手段で債務整理を行ったかによって違います。

もし、任意整理、個人再生、特定調整をした人ならざっと完済から5年後までを目安とすればいいでしょう。

自己破産であれば免責が裁判所により決定されてから概算で7年前後です。

けれども、目安としか言えないので、実際に確認するために信用情報機関の情報開示手続きをすると安心です。

債務整理で弁護士や司法書士の力を借りたいものの、経費を工面するのが厳しそうなのでしたら法テラスに相談を持ちかけるというのも一つの手です。

公的機関である法テラスは、法律上の問題で悩んでいる人をサポートしてくれます。

料金不要で借金に関して相談を受けていたり、経済的に苦しい人に対して民事法律扶助制度に基づいて、弁護士や司法書士への依頼に必要な経費を立て替えるという援助もしてくれます。

もし、借金があり債務整理を行っている最中に離婚することになったら、それが生活費の足しにするための借金だったなど婚姻生活において発生したものであれば財産分与の際、対象に含まれて分割されます。

法律上では財産として計算するのはプラスの資産だけでは無くて、マイナスの資産も同様なのです。

ただし、それが婚姻前から存在する夫か妻の借金の場合や、婚姻中の借金でもギャンブルなどで作られた個人的なものだったならば分与される財産とはなりません。