千葉 借金解決 無料相談

MENU

千葉で借金解決の無料相談ならこちら

千葉で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

千葉で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら千葉にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

千葉で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして千葉で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

一般的に、債務整理を行うとブラックになりますが、任意整理を選んだ人ならば住宅ローンやその他のローンも組めるかもしれません。

支払いの意思を放棄しない任意整理の場合、裁判の内容が掲載される官報に名前が載ることもないでしょう。

仮に、過払い金が発生していたら、過払い金を請求できますし、そのお金で借金を払い終えることができるかもしれません。

該当者は特にブラックとして問題になるようなことはないでしょう。

時々、勘違いしている方がいるのですが、独身時代に債務整理をした人は、結婚したからといって金融機関のローンが利用できるようになる訳ではありません。

ローンなどの審査をする時、金融機関は複数の個人情報から信用情報機関をチェックします。

一般的に名寄せと言われる方法ですね。

これで分かるように、苗字だけ違っていてもブラック状態は続くと思っておいてください。

もし、任意整理や個人再生、あるいは自己破産などで債務整理をしたのなら、ある程度の時間が経過しなければ、借入するのも簡単にはいかなくなります。

こうしたブラックの状態は、どのような債務整理をしたかで解除されるまでの時間が変わります。

けれども、安定した収入が見込め、さらに、失業の心配がないのなら、貸金業者の審査基準によっては、問題なく審査をパスできるかもしれません。

なお、審査を通過しやすい債務整理の方法は、任意整理です。

次に個人再生、自己破産と続きます。


意を決して債務整理を始めたものの、どうも頼りにならない弁護士であるがゆえに、作業依頼をやめたいと思ったときは、解任という手続きを踏まなければいけません。

それを省いてよその弁護士事務所などに別途依頼すると、債権者に二か所から受任通知が届くことになり、トラブルを招きかねません。

以前の弁護士への依頼はかならず解約(解任手続き)した上で、あらためて新しいところと委託契約を結んでください。

一口に債務整理といっても3通りあり、周囲に知られにくい任意整理、大幅減額の可能性がある個人再生、それと、借金が帳消しになる自己破産となります。

中でも個人再生と任意整理では、安定収入がある人というのが前提になっています。

裁判所を通す個人再生も、裁判所を通さない任意整理も借金の減額を目的としているためどちらも返済しなければならない借金は残っています。

払い続けていくためにも本人に収入があることが求められるのです。

遺産相続の際などにろくに確かめもせず単純承認したりすると、資産より負債のほうが多いときは相続人は一気に借金を背負うことになってしまいます。

けれども、打つ手がないわけではありません。

債務整理を行うのです。

本人が無収入の時は別として、普通は任意整理を行うのですが、弁護士や認定司法書士の手を借りて債務の金額の減額を交渉します。

こうした事態を招かぬよう、遺産相続の時は安易に手続きしてはいけません。


親戚や友人が借金をしていて、その保証人になっているとすると、たとえ債権者が取立ててきてもそれを拒んで債務者の方に行かせることができます。

ですが、債務者が自己破産や個人再生により債務整理を行い、返済の一部や全部を放棄してしまうと、支払いがまだの分について債権者は保証人に請求を始めます。

これを拒む事は不可能ですが、債権者に談判をして分割払いにできなくはありません。

今の時点で発生済みの利息と将来利息を免除してもらい返済額を元金だけにする方法が、債務整理の方法の中で任意整理と呼ぶものです。

債権者に掛け合って、和解が成立すれば、利息がない分、支払総額を減らすことができ、各月の返済額を減ずることができます。

元金がそのままの額ではこれからの返済が苦しいのであれば、別の債務整理の方法である個人再生によって手続きを行う事になります。

借金を抱え債務整理をしている中で離婚が決まった時は、生活費に費やすための借金などそれが婚姻生活において発生したものであれば夫婦間の財産分与に含まれ、分配されます。

基本的に、財産と呼ぶのはプラスの資産のみに限らず、マイナスでも財産は財産なのです。

ですが、夫婦の片方が婚姻前から抱えていた借金だったり、婚姻中の借金でもギャンブルなどで作られた個人的なものだったならば財産分与からは除外されます。