千葉 借金解決 無料相談

MENU

千葉で借金解決の無料相談ならこちら

千葉で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

千葉で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら千葉にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

千葉で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして千葉で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

家族に内緒で借金をしていた時、どうにも返済ができなくなってしまい債務整理をしました。

任意整理をして返済の負担を軽減するつもりでしたが、すでに借金がかさんでいましたから最終的に個人再生を選びました。

車は生活仏需品でないということで手放さなければならなかったのですが、自宅を残すことができたのは不幸中の幸いでした。

思っていたより多くの借金を減額してもらえましたし、これがキッカケで借金の事実を家族に打ち明けられましたから、スッキリした気持ちです。

一般的に、債務整理は弁護士に依頼します。

料金については、依頼を考えている弁護士事務所に直接問い合わせたり、公式ホームページがあればそれを調べると、分かると思います。

複雑な事情を抱えている場合、料金が加算されるケースもありますが、一般的な多重債務の場合は、確認した料金の範囲で依頼を受けてくれるでしょう。

それぞれの弁護士事務所で、料金はもちろん、対応も変わりますから、信頼できなさそうだと思えば、別の事務所を探すのもおススメです。

借金の一部を整理する任意整理と異なり、任意整理以外の債務整理を選んだ場合は、全ての債権者に対する手続きをしなければなりません。

任意整理は、債権者との話し合いで和解を進めていきますから、場合によっては、債権者が取り合ってくれないこともあるでしょう。

ご自身で任意整理を進めるより、専門家に代理人になってもらう方が手続きは早いですが、依頼の際に、一部の借金を隠すようなことは厳禁です。

正直に伝えなければ、発覚した時に、それまでの手続きが台無しになる可能性があります。


任意整理では比較的よく聞く話ですが、依頼時から任意整理の交渉が終了するまでの期間中、司法書士や弁護士事務所などに積立金をするといったケースがあります。

これは弁護士への報酬の支払いが主な目的です。

任意整理を開始すると債権回収業者や金融機関への債務返済がとりあえず中断されるため、返済に回すべきお金で積立をしておいて、減額交渉の折り合いがついた際に司法書士や弁護士等への報酬の支払いにあてます。

余れば返済に回すので無駄もありません。

件数そのものは以前に比べて減ったものの、特定調停と呼ばれる債務整理があります。

交渉の間に入るのは裁判所なので、任意整理とは少し違います。

どのようなものかというと、借入先に対し計算上過払い金が発生していると思われる時に選べる方法です。

それから、ここで判明した過払い金については、特定調停の場ではその性格上、過払い金請求はできませんので、あとから別途、請求します。

一度に出来ないのがもどかしいですが、借入が残っているうちは過払い金を請求できず、債務を完済している時点で請求可能となります。

弁護士や司法書士に依頼して債務整理をする際にかかる費用は、最初に必要になるのが着手金で、交渉が合意に達したり裁判で結果が出たときの成功報酬、あとは実費として交通費や印紙代等があります。

任意整理を行った際は減額できた額に応じた成功報酬が必要で、最初に成功報酬が決まっている個人再生とは異なります。

そして自己破産の場合はというと、債務の免責が許可されれば所定の金額を成功報酬として支払います。


借金の整理がしたいのは山々だが現在使っているクレジットカードが無くなっては困るという人は、債務整理の中でも任意整理によることで失わずに済むかもしれません。

任意整理では整理する債権者を好きに選ぶことができるため、持っていたいカード会社はそのままに、それ以外の債権者と任意整理を行う事により、カードを持ち続けられます。

そうは言っても、任意整理を行うことで信用情報は傷つく為、それが原因でカード更新時に停止となることが見込まれます。

あちこちに弁護士事務所がある中、債務整理をどこに依頼するか決断するのは容易ではありません。

良い弁護士を選びたいなら、なんといっても債務整理に造詣が深く、現在までに豊富な受任実績がある所に引き受けてもらえば何よりです。

大抵の法律事務所なら公式サイトがあるので、積極的にサイト内で債務整理の経験について書いているかどうかチェックする事はいい判断材料になるでしょう。

任意整理も民事再生も、債務整理を行う時の方法になります。

主な相違は、元金が減るかどうかでしょう。

任意整理では債権者と債務者の話し合いで将来利息の支払いを免除した上で返済額を設定し、月々の返済をしていくもので、一般に借金の元金はそのままです。

かたや民事再生では返済計画を検討して裁判所に提出を行い、認められたら元金の減額となり、残りの返済を続けることになります。