千葉 借金解決 無料相談

MENU

千葉で借金解決の無料相談ならこちら

千葉で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

千葉で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら千葉にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

千葉で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして千葉で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

借金がかさんで債務整理をすると、この事実がJICCやCICなどの信用情報機関に一定期間保存されるでしょう。

記録が消えるまでは、JICCではどのような債務整理を行っても、およそ5年になっています。

また、CICの場合は、自己破産ならば5年ほどですが、その他の方法、例えば任意整理や個人再生のケースでは登録自体がされないようになっています。

この期間中ですが、キャッシングやローンの審査が通らないでしょう。

子供がいるのであれば、債務整理の影響が気になります。

もし債務整理をした場合、教育ローンの審査をパスできるのでしょうか。

教育ローンには金融機関が提供しているサービスと、一般的に「国の教育ローン」といわれる日本公庫(日本政策金融公庫)が取り扱っているものに分けることができます。

これらの金融機関は、いずれも個人信用情報機関の情報を参照して審査を行うので、ブラックになっているとどちらの教育ローンの利用も難しくなってしまいます。

債務整理の中でも特に、個人再生、あるいは任意整理というものは、お金を借りている債権者の同意を得る必要があります。

任意整理であれば、任意整理を行う債権者を1社ごとに選ぶので、ひとつひとつの債務について和解交渉をすることになります。

ですが、これは、あくまで任意なので、和解交渉に進めない場合もあるでしょう。

また、個人再生の場合、すべての債権者を対象にしますが、半数以上の債権者の同意を得なければなりません。


原則として奨学金の借り入れをする時は人的保証(保証人、連帯保証人)が不可欠です。

ただ、債務整理をした人が保証人になると、奨学生本人に落ち度がなくても、審査に通らない可能性があります。

保証人で悩んでいるのでしたら、保証人を立てる人的保証制度ではなく機関保証を使うと、気遣わしい保証人などなしに奨学金を借り入れることができます。

月々の奨学金から保証料は分割で差し引かれます。

検討してみる価値はあるでしょう。

仮に自己破産で免責決定がくだされたあとでも、それ以外の個人再生、任意整理などの手続きを行った後も、医療保険や生命保険を契約するに際しては特に支障ありません。

医療保険や生命保険の加入では健康調査はあっても、信用情報の照会をする保険会社はないですし、個人再生であれ任意整理であれ、債務整理実績を知られることもないですし、それを理由に加入を断られることはありません。

毎月の保険料の支払いが可能であれば、生命保険自体は、債務整理の影響を受けることはないのです。

返済に困った末に債務整理を行ったものの、むしろ支払いが増えてしまったという人もいるようです。

すべてがそうだとは言いませんが、詐欺的な商売をしている弁護士などにひっかかったケースです。

一例を挙げると、任意整理で債務が200万から170万円になり、差し引き30万の減額に対し、手続き費用一式が50万、60万もしたら変ですよね。

泣き寝入りしないためにも、何にどれくらいかかるかということは初めに明らかにしてもらうのが大事です。


その他の債務整理の方法とは一線を画し、自己破産は借金を全て帳消しにすることができ、強力です。

とは言え、どんな人でも申立をすればできるという訳ではなく、絶対に裁判所に免責許可を出してもらう必要があります。

申立の後、免責可否が判断されるまでの免責期間は、財産が当人に有るのか無いのかによります。

もし、無い時は決定が下されるまでは概ね3ヶ月ですが、有る場合は債権者に財産を分配していく管財事件となるため、1年かかることもありえます。

借金に際して保証人を頼んでいる場合は、保証人にまで債務整理の影響が広がります。

どの方法で債務整理を行ったかによってその影響には差があり、例えば任意整理や特定調停だったならば保証人の記入を要する書類があるものの、請求の矛先は保証人には向きません。

ところが、個人再生、もしくは、自己破産だと、債権者から保証人への直接の請求が可能となることから、借入金の全ての支払いを手続きの後は保証人に負担してもらうことになってしまいます。

パチンコや競馬などギャンブルをして借金を作った場合でも債務整理はできます。

そうは言っても、任意整理や個人再生といった支払総額は減額できますが引き続き返済の義務は残る方法のみとなります。

自己破産はあらゆる借金をチャラにできる方法ですがギャンブルで作った借金については免責不許可事由に当たりますから、裁判所に破産の申立をしたところで免責されにくいでしょう。