千葉 借金解決 無料相談

MENU

千葉で借金解決の無料相談ならこちら

千葉で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

千葉で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

下にあるフォームでは簡単な質問に答えていくだけで千葉近くの無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

 

千葉で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上にあるフォームを使ってあなたの状況にぴったりな弁護士事務所を探してみて下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして千葉で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

かかる料金や実績をチェックしてから、債務整理を依頼する弁護士を決めると安心でしょう。

ただし、料金システムをきちんと把握しておかないと、低価格の手付金を売りにしていても、成功報酬など、その他の費用が高く、結果的に高い料金を払わなければならないケースもあります。

ネットなどにある利用者の話や口コミをチェックしてから良さそうな弁護士事務所を探し、無料相談などで話をしてみて、きちんとした事務所だと確信できたら、正式に依頼しましょう。

実際に債務整理をしたら、認められるまでに、どのくらいの時間が必要になると思いますか?当然ですが、債務整理の中でも選んだ方法の違いで時間も変わります。

ですが、どのような方法を取った場合でも、短くとも3か月の期間は必要になります。

多重債務者の場合は、1年近くかかるケースや、場合によってはそれ以上の時間が必要になることもあると理解しておきましょう。

債務整理をすると、その負担を軽くすることができます。

とはいえ、債務整理を行ったことは信用情報機関に登録されてしまうでしょう。

どういうことかと言うと、ブラック状態になるため、借入やクレジットカードの際の審査にパスできなくなってしまうでしょう。

少なくとも5年は経たないとブラックリストから外れないため、覚えておきましょう。


弁護士だけと思われることも多いのですが、司法書士でも債務整理は可能です。

ただ、任意整理の場合には個々の債務が140万円以内に限られています。

これから交渉開始というときにそこまでの遅延利息込みの金額が140万円以上になると、そこから先は司法書士は減額交渉ができなくなってしまうのです。

したがって、どうしても司法書士に依頼するのであれば、最新の債務の総額がいくらなのか、正確に計算しておく必要があります。

お金を借りたら自分で返すのが社会通念上の常識とはいえ、努力しても返しきれるあてがない時には現状を打開する手段として債務整理が有効です。

普通の給与収入の場合、債務整理を検討する目安は、返済金額が月収(手取り)の3分の1超になった時点が区切りのように考えられています。

任意整理の相談が来るのはこの頃にもっとも多く、対処法も考えやすい時期であると言えます。

これから自己破産をしようという時には、預貯金は包み隠さず申告しなければなりません。

あとは、総額や時価が20万円を超える資産は債権者への返済金にするわけですが、この点が他の債務整理との大きな違いです。

とはいえ、別の預金口座に移したり現金で隠し持ったりすることは考えてはいけませんし、実行するのは言語道断です。

素人の考えることなどたかが知れていますし、発覚すると免責そのものが受けられなくなるわけですから、嘘はいけません。


債務整理の方法は様々ありますが、そのうち自己破産は唯一の借金が全く残らない方法であり、とても強力です。

そうは言っても、どんな人でも申立をすればできるという訳ではなく、裁判所から免責許可をもらわなければなりません。

申立後、免責の可否が決まるまでの免責期間は、申立を行った当人の財産の有る無し次第です。

無い人には3ヶ月くらいで決定が下りるのですが、もし有れば管財事件となり債権者への財産の分配が行われるため、1年かかるようなケースもなくはありません。

弁護士、司法書士のいずれも、債務整理の依頼を引き受けるならその前に担当者は絶対に自分で個別面談を債務者との間で行うことと、日弁連が債務整理事件を処理する上での規律を盛り込んだ規定を掲げています。

まずメールや電話で相談した上でというケースはありえるのですが、面談を会って行わないで弁護士か司法書士が依頼を受けた場合は、この面談義務に反しているという事です。

いくら自己破産が借金全てを清算できると言っても、一部の支払義務からは解放されません。

債務整理が基づく法律が破産法ですが、そこに規定された非免責事項は支払義務が消えません。

例えば各種税金、養育費、罰金などが挙げられます。

ただ、一緒くたにしてしまいそうになりますが、非免責事項となる養育費に対して、なぜか離婚の時の慰謝料は免責されるケースも見られます。