千葉 借金解決 無料相談

MENU

千葉で借金解決の無料相談ならこちら

千葉で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

千葉で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら千葉にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

千葉で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして千葉で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

処分する借金を、債権者ごとに選択できるのが任意整理です。

ですので、契約している携帯電話会社の債務をそのままにしておくことで、携帯電話を解約せずに済みます。

特に制限なく新規の契約や機種変更も行えるのですが、分割払いはできない可能性が高く、機種代は購入時に一括で払わなければなりません。

けれども、携帯料金が未納の状態ならば、この限りではありませんから気を付けてください。

クレジットカードそれ自体はとても便利なものですが、買い物に使い過ぎたら月々の支払いに苦しまされることになります。

この場合、債務整理をすれば、債務の減額を認められたり、月々の支払いができる金額に組み直して支払っていくことができます。

でも、債務整理をするとカードが利用できなくなることはもちろん、場合によっては、ショッピング枠で購入した商品が整理の対象になり、クレジット会社に引き上げられることがあります。

皆さんご存知のように、債務整理を行うと、借金地獄の状態からは抜け出すことができますが、金融機関のローンやクレジットカードの利用が不可能になるといったデメリットも存在します。

さて、ここで知りたいのは賃貸のアパートやマンションを借りることができるのかということでしょう。

実際のところ、契約可と契約不可の物件のどちらもが存在しています。

もちろん、それまでのように「どこでも大丈夫」とはいきませんが、借りられる物件は残されていますから、住まいについての心配はそれほど必要ないでしょう。


利息制限法にのっとって過払い金を算出し、現状の債務と相殺することを話し合うのが特定調停という制度です。

ただし、負債と比較して過払い金のほうが多い場合は、この調停の場合はそれを返金してもらえるということはなく、単に負債が無くなるというだけです。

ですから過払い金の額のほうがどう見ても多いと予測がつくのでしたら、相殺目的の特定調停などはせず、返還を求めて過払い金請求をするべきです。

これまで見慣れてきた債権者からの封書が、見知らぬ会社名義に急に変更になり、不安から弁護士のもとに相談に訪れる人は少なくありません。

これは、債権を債権回収会社に譲り渡し(債権譲渡)、今後は新しい債権者から督促が行われることを意味します。

ここからでも債務整理すること自体はそれ以前と同様、できるのですが、交渉相手は元の債権者から新しい債権者に変わります。

弁護士が受任通知を送付すると、その回収業者等からの連絡、催促といった行為は即時停止します。

債権者が変わったからといって諦めないでください。

債務整理というのは内容が複雑で、大きく3つのパターンがあり、周囲に知られにくい任意整理、大幅減額の可能性がある個人再生、収入がない時に適用される自己破産などがあります。

3つの中で個人再生と任意整理は、自己破産と違い、基本的に債務者に一定の収入があることが条件となっています。

なぜ収入が必要なのかと言うと、個人再生や任意整理は借金の減額を目的としているためどちらも返済しなければならない借金は残っています。

今度こそ遅滞なく返済していくためにも、収入が求められるのは当然でしょう。


債務整理を弁護士や司法書士に頼む時に用意しておくべきものは、身分証明書、印鑑、クレジットカード、それから借入の現況が確認できるものをなるべく多くです。

他にも、資産保有が証された書類も必要となるかもしれません。

例えば契約書がもう残っていなかったり、クレジットカードがなくなっていても、調べる手段はありますから諦めなくても大丈夫です。

任意整理の場合は無関係で、個人再生の場合は基準が甘いので、大した問題とはならないものの、債務整理の方法に自己破産を選んだ場合は、禁止事項の一つに財産隠しがあります。

裁判所に破産の申立をする際、持っていてよい現金と資産は法で上限の規定があります。

それを超過した分は処分を要しますが、もしも隠していた事が知られれば免責が不許可になるのに加えて悪ければ詐欺罪の疑いを持たれてしまいます。

債務整理を任意整理で行うなら、債権者が交渉を拒むこともなくはありません。

司法の手が入らない任意整理は、債務者と債権者の間で交渉が行われて和解された返済額や期間によって返済していく方法です。

司法が入らないイコール、債権者が交渉に応じなければならない法的な義務は存在しないという事に変わりありません。

すなわち、ろくに返済したことがなかったり、極度に債権者にとって不都合な状況下では決着できないかもしれません。