中央区 借金解決 無料相談

MENU

中央区で借金解決の無料相談ならこちら

中央区で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

中央区で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら中央区にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

中央区で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして中央区で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

結婚前に債務整理をしている人は、結婚したからといって金融機関のローンが利用できるようになる訳ではありません。

金融機関が審査を行う時には名前はもちろん、生年月日やその他の個人情報を参照して信用情報を調べるのです。

このように、審査では名寄せが行われるのが一般的です。

これで分かるように、配偶者の苗字になったところで独身時代からのブラックが続くことになります。

当然ですが、債務整理をすると本人はブラックリストに登録されます。

ですが、家族が負担を負うことはないです。

家族が所有している資産や財産はそのままですし、金融サービスの審査に受からなくなることは絶対にありませんから安心してください。

とはいえ、債務の保証人が家族になっている場合は、この限りではありません。

この場合は、家族が本人の債務を負うことになるため、安易な債務整理は厳禁です。

借金の返済が滞ったらすぐに債務整理をするのではなく、まずは今ある全ての借金を「おまとめローン」などで一本化することを優先しましょう。

借金の総額は変わりませんが、高額で、ひとつの借入になりますから、利息の重荷が少しは減らせるのではないでしょうか。

面倒だった返済管理も簡単になるので、バラバラだった毎月の返済を一回で済ませられるようになります。

まずは債務を一本化して、それでも返済が難しくなった時に実際に債務整理に着手するのも間違いではありません。


自己破産、個人再生、任意整理といった債務整理は、本人が処理できないこともないのですが、どの弁護士に聞いても無理だと答えるはずです。

たとえば任意整理を行う際も個人の話で債権者が納得するわけがないですし、大幅な減額を見込んだ個人再生を行う時も、必要書類を自分で書き起こすわけですが、未経験者にできるものではありません。

自己破産の場合は個人の申し立てを事実上受け付けない裁判所もあります。

ですから債務整理というのはやはり司法書士や弁護士を頼んで処理してもらう方が良いでしょう。

近頃はあまり見かけませんが、任意整理と個人再生の中間のような特定調停という債務整理があるのをご存知でしょうか。

債務が残っている借入先について、払い込み済みのお金で過払い部分があるときに効果が出るやりかたです。

過払い金の返金が気になるでしょうが、特定調停以降にあとから請求を行います。

債務が残っているうちは過払い金請求はできず、一切の返済が済んでから行うことになります。

一般人と同様、司法書士や弁護士も経験値が少ないのに債務整理を手がけるのは非常に難しいです。

個人の債務整理については素人同然の弁護士などにも遭遇しますし、考えなしに依頼するのではなく、きちんとした結果が期待できる弁護士を見つけなければいけません。

近頃は債務整理専従という弁護士事務所なども珍しくなく、「専門家に頼んだのに上手くいかなかった」というのはもはや昔の話になりました。


事故情報が信用機関に保存される期間というのは、ざっと5年程と見られています。

信用機関では、個人の金融情報が金融業者たちによって共同利用されています。

これを使って金融業者はローンやクレジットカードの審査の時に個人情報を確認します。

よって、債務整理をしてから少なくとも5年の間は住宅ローンを組もうとしても極めて厳しいでしょう。

返済に困って債務整理をしようかと考えたら、注意しましょう。

パチンコや競馬などギャンブルをして借金を作った場合でも返せないのなら債務整理は可能です。

ですが、できるのは任意整理や個人再生といった支払総額は少なくできても返済義務は存続する方法のみとなります。

借金を全てなくせる自己破産にしてもギャンブルで作った借金については免責不許可事由として取り扱われ、裁判所で破産申立をしようが免責される見込みは少ないでしょう。

どのような形式で債務者が抱えた借金を整理するのかに応じて異なる4つの方法で債務整理をすることができます。

というのは、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4つです。

個々にどれくらい借金を圧縮できるのかや間に裁判所が入るか入らないか等、違う制度になっています。

全方法に重なる点としてはそれなりの期間、信用情報機関に事故情報の記録が残ってしまうので、新たな借金はその消滅を待たないと容易にはできないという事でしょう。