中央区 借金解決 無料相談

MENU

中央区で借金解決の無料相談ならこちら

中央区で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

中央区で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら中央区にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

中央区で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして中央区で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

借金が膨らんで債務整理を行ったのなら、債務額を払える範囲まで減額できます。

でも、事故歴アリとして信用情報機関に残されます。

こうなるとブラックリストに名前が載っていることになるので、借入やクレジットカードの際の審査にパスできなくなってしまうでしょう。

この状態は、少なくとも5年間は続くとされていますから、忘れないでください。

債務整理には複数のやり方がありますが、任意整理のケースなら各種ローンの審査に受かる可能性が残ります。

任意整理であれば、裁判せずに済みますから、国の発行している官報に名前が記載されることもありません。

借りていた業者が違法な金利で貸付を行っていたら、戻ってきた過払い金で借金分が完済できるかもしれません。

該当者は特にブラックとして問題になる心配がありません。

もし過払い金が発生していたら、借金を帳消しにできるかもしれません。

この過払い金とは、つまり返済時に払い過ぎた利息のことを指します。

平成20年に法が変わる前は、罰則がないという理由で違法な高金利でサービスをしていた業者が多かったので、融資を受けた人は法定外の利息を払わされていたことになります。

これが過払い金と呼ばれるものです。

もし過払い金が発生していたら、これを返してもらうことによって、債務を減らすことができるでしょう。


原則として奨学金の借り入れをする時は人的保証(保証人、連帯保証人)が不可欠です。

ただ、債務整理をした人が保証人になると、奨学生本人に落ち度がなくても、審査に通らない可能性があります。

保証人で悩んでいるのでしたら、保証人を立てる人的保証制度ではなく機関保証を使うと、気遣わしい保証人などなしに奨学金を借り入れることができます。

月々の奨学金から保証料は分割で差し引かれます。

検討してみる価値はあるでしょう。

仮に自己破産で免責決定がくだされたあとでも、それ以外の個人再生、任意整理などの手続きを行った後も、医療保険や生命保険を契約するに際しては特に支障ありません。

医療保険や生命保険の加入では健康調査はあっても、信用情報の照会をする保険会社はないですし、個人再生であれ任意整理であれ、債務整理実績を知られることもないですし、それを理由に加入を断られることはありません。

毎月の保険料の支払いが可能であれば、生命保険自体は、債務整理の影響を受けることはないのです。

返済に困った末に債務整理を行ったものの、むしろ支払いが増えてしまったという人もいるようです。

すべてがそうだとは言いませんが、詐欺的な商売をしている弁護士などにひっかかったケースです。

一例を挙げると、任意整理で債務が200万から170万円になり、差し引き30万の減額に対し、手続き費用一式が50万、60万もしたら変ですよね。

泣き寝入りしないためにも、何にどれくらいかかるかということは初めに明らかにしてもらうのが大事です。


自己破産、民事再生、任意整理はひっくるめて債務整理と呼ばれはしますがメリットがそれぞれに違っています。

自己破産については借金全てから自由になりスタートラインから再出発できます。

次に民事再生は住宅ローンを除いた借金の元金圧縮が可能で、家など資産については守ることができます。

最後に任意整理は債権者と交渉することで毎月の返済額が取り決められ、加えて借金の金利や借入期間によって払い過ぎていた分のお金の還付もありえます。

債務整理をするにあたっては、返済が完了している借金について債権者に不要に払った利息の返還請求が可能な「過払い金返還請求」というものがあります。

過払い金返還請求に際しては、かつての借入金の明細が載った取引履歴の書類があるといいでしょう。

これまでの取引履歴を確認することにより、利息を正確に算出できるので、多く支払われていた利息を返してもらうことができます。

借金を整理するための債務整理の中にも方法がひとつではなく複数あります。

元金はそのままで延滞損害金や利息の免除を要望するのか、それとも元金の減額が必要なのか、金額以前に返済を続ける事がもはやできないのか。

どんな状況なのかによって適した方法も違います。

一人で手続きをしてもかまいませんが、心もとなく思うようなら弁護士や司法書士がプロですから相談した方がいいでしょう。