福井 借金解決 無料相談

MENU

福井で借金解決の無料相談ならこちら

福井で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

福井で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら福井にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

福井で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして福井で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

人には話したくないこともあると思いますが、弁護士にはすべて正直に話してください。

信用できないということで、弁護士が辞退する可能性があります。

債務整理で自己破産の手続きを行うということは、このまま返済を続けていても完済できる見込みがないということを法的に立証するわけです。

返済能力に偽りがあれば、債務整理を行うわけにはいかないのはもちろん、債権者も怒るでしょう。

嘘をつくことはデメリットしかありませんから、間違っても嘘をつくようなことはしないでください。

一般的に、債務整理をしたら信用情報機関に、金融事故としてこの情報が残ってしまうはずです。

一般的に言うブラックリストに載ってしまっている状態なので、時間を置かないと、銀行ローンやクレジットカードの審査をパスすることが容易ではなくなります。

この期間ですが、債務整理のケースでは信用情報機関からデータが消されるまで5年はかかると理解しておきましょう。

債務整理によって、本人以外の家族に影響が及ぶことはあるのでしょうか?実際のところ、周りの家族に悪影響が出ることはないようです。

家族の財産も処分されたり、金融サービスの審査に受からなくなるなどという心配はありません。

とはいえ、問題になるのは、保証人が家族の場合です。

保証人である家族が本人の借金を肩代わりすることになりますから、安易な債務整理は厳禁です。


無料で債務整理の相談を受け付ける窓口は、思いのほか多いのをご存知でしょうか。

各自治体にも常設窓口があったり特別相談期間を設けたりしていますし、国民生活センターならびに消費生活センターといった機関や、地域ごとの弁護士会、日本司法書士連合会、法テラスといった団体にも随時対応の窓口があります。

普通の弁護士・司法書士事務所などでもこういった無料相談を行っていることが多いですから、相談から始めてみるのもいいでしょう。

しばしば誤解されるのですが、弁護士に限らず、債務整理というのは認定を受けた司法書士に依頼することもできます。

とはいうものの、原則140万円以下の債務に限るという制限があるため、減額交渉をしようという段階で遅延損害金等を含めた額が140万円を超えてしまうと、認定司法書士では交渉継続は不可能です。

そもそも計算が出来ていれば回避できる問題ですし、どうしても司法書士に依頼するのであれば、債務計算は欠かせませんし、金額によっては時間も気にしなければいけません。

どのような種類であれ債務整理をしたいと思ったら、初めに弁護士に着手金を払う必要があります。

結果に応じて報酬金の支払いも発生しますし、着手金や報酬以外の出費としては、債権者の事務所や裁判所までの交通費や手続きに必要な書類を裁判所に提出するときの印紙の代金(金額や件数で異なる)等も忘れてはならないでしょう。

このあたりは本来、実費負担となるのが普通ですので、手数料的な加算はないはずです。

不安であれば確認しておくと良いでしょう。


現行では貸金業法が定めている通り、貸付は年収の三分の一までという総量規制があります。

とは言え、総量規制が採用される以前に三分の一をオーバーする借入をしていた人もいるでしょう。

あとは、総量規制から除外される貸金業とは別の銀行からの借金などによって、いつの間にやら借金額が年収を上回るほどに巨大化しているケースも少なくありません。

そんな人は返済が極めて困難ですから、早めに債務整理を検討した方がいいでしょう。

債務整理と一言で言われはしますが、自己破産、民事再生、任意整理は何がメリットか一つ一つ異なります。

自己破産であれば返済の必要な借金が全く残らず白紙のところから出直せます。

第二に民事再生は借金(ただし住宅ローンは除く)の元金が圧縮され、家といった資産は守ることができます。

そして任意整理は各月の返済額は債権者と相談の上で決まり、加えて取引の際の金利や期間次第で過払い金を取り戻せることがあります。

過去に債務整理を行っている人が、 再度の債務整理をするなら、一回目にとった債務整理の方法次第で別の手続きになります。

債務整理が個人再生あるいは自己破産によって行われた人であれば、以降7年間は二度目の債務整理は行えません。

ですが、任意整理だったならば期間の制約は受けません。

大抵は二度目の債務整理というと一度目と比較しても承認が得られにくく、特に二回目に行う自己破産は一層難しくなることを覚悟しましょう。