福井 借金解決 無料相談

MENU

福井で借金解決の無料相談ならこちら

福井で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

福井で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

下にあるフォームでは簡単な質問に答えていくだけで福井近くの無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

 

福井で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上にあるフォームを使ってあなたの状況にぴったりな弁護士事務所を探してみて下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして福井で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

当然のことですが、債務整理の対象は債務者の債務と財産です。

そのため、結婚前でも無関係です。

債務整理したことで、配偶者もブラックになることは絶対にありません。

けれど、これは法律上の話ですから、婚約者がどう思うかは分かりません。

正直に事実を伝え、結婚することをおススメします。

誰しもクレジットカードを使い過ぎた経験があると思いますが、あまりに計画性のない使い方をすると、毎月の返済が滞ってしまう可能性があります。

もし、一括払いができなくなると、リボ払いで支払いを続けていくことになります。

しかし、これでも払えないということがあります。

常に返済のことを考えなければならなくなると、精神的にも追い詰められてしまいますから、債務整理を行い、返済の負担を減らしましょう。

増えすぎた借金を任意整理で整理した場合、弁護士などが和解契約を行い、債務額を減らした状態で月々の支払いを続けます。

この最中に臨時収入などで返済資金に余裕がでた場合、繰り上げ返済をして今後の返済の負担を減らしたり、一度にすべて払い終える方法も使えます。

任意整理した際に、司法書士や弁護士などに手続きをお願いしていたのなら、自らが債権者に返済計画の変更の問い合わせるよりも、担当の弁護士などに頼んだ方がスムーズに話が進みます。


自己破産の手続きを開始すると、免責の決定がなされるまでは資格を停止されたり、一部の職種に就くことが制限されます。

保険募集員、不動産屋(宅建取引主任者)、質屋、警備員など職業は多岐にわたります。

それらの業種や資格保有者については、免責と自己破産の申し立てをしてから免責決定までの期間中はその職種の仕事はできないということになります。

任意整理や個人再生では、こういった制限はないですし、通常は職場に知られることもありません。

あらためて計算しなおした過払い金を今の債務額と相殺を行うことを目指す債務整理のことを特定調停と言います。

ただし、負債と比較して過払い金のほうが多い場合は、この特定調停という制度ではそれを返金してもらえるということはなく、単に負債が無くなるというだけです。

比べてみて、もし過払い金がまとまってあると判明しているのであれば相殺目的の特定調停などはせず、返還を求めて過払い金請求をするべきです。

どのような債務整理であれ、一度でもすれば個人信用情報機関に何年かは記録が残るものです。

その結果、新規のローンなどは出来ません。

いわゆるブラックリストです。

それまで保有していたクレジットカード、キャッシングのカードなども使用停止です。

それから、クレジットカードを新しく作るのはまず不可能です。

一方、既に契約している債務の場合、自己破産しないかぎり債務を返済する義務は残っていますので、完済するまでは支払いが続きます。


債務整理と一言で言われはしますが、自己破産、民事再生、任意整理はそれぞれのメリットがあります。

自己破産なら借金を一切返済する必要がなくなりゼロからの再出発が可能です。

民事再生であれば住宅ローンを除く借金の元金を圧縮することができ、家などの資産については引き続き保有できます。

任意整理では月々の返済額が債権者との話し合いで決定され、それだけでなく取引の際の金利や期間次第で過払い金を取り戻せることがあります。

返済義務を持つ全ての債務について免責が受けられるのが自己破産というものですが、自己破産を申請したにも関わらず状況次第では免責が認められません。

それと言うのは、お金の使い方が良くなかった人の場合です。

例として、ギャンブル、または、投資に使っていたり、やたらと身にそぐわない買い物を何度も行っていたりすれば当てはまります。

免責がこれにより許されない場合には、自己破産以外の債務整理で手を打つしかないでしょう。

信用機関が事故情報を記録している期間はどれくらいかというと、5年前後と一般的に知られています。

信用機関というのは、個人の金融情報を金融業者が共有できるようにするため設立されている機関です。

金融業者は、ローンやクレジットカードの審査に伴ってここに個人情報を照会します。

つまり、債務整理をしたら、最低でも5年間は住宅ローンを組むのが望み薄になります。

お金が返せなくなって債務整理を検討するなら、注意しましょう。