福岡 借金解決 無料相談

MENU

福岡で借金解決の無料相談ならこちら

福岡で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

福岡で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら福岡にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

福岡で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして福岡で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

今から5年ほど前の話ですが、多重債務状態になって、総額で300万円もの借金を負ったことがあります。

借入のキッカケは、勤めていた会社が倒産したことです。

再就職も難しく、貯金を切り崩すのも限界になって、キャッシングのお金でなんとか生活していました。

しばらくしてから就職はできたのですが、それまでの債務があまりに大きく、返済しきれなくなったため、結果的に債務整理で借金を処分しました。

今は、普通に暮らせているので幸せです。

もしかすると、過払い金で債務を大幅に減らすことができるかもしれません。

簡単に説明すると、過払い金は借金の返済の際に余分に払った利息のことです。

かつては20%を超える違法な高金利で融資をするような業者がたくさんありましたから、利用者は高い利息をつけて返済していました。

これが過払い金と呼ばれるものです。

発生していた過払い金を返還してもらえば、債務の負担が減らせる可能性があります。

弁護士などに債務整理の手続きを依頼した場合でも、短くとも数ヶ月は終わらないでしょう。

ですが、この期間中は延滞損害金や金利が付くことはないです。

仮に、任意整理や個人再生をして債務の負担が減った場合も、一部の返済を続けなけばなりません。

この返済分については、利息がつくことはありませんが、もし、返済期日に間に合わなくなると、延滞損害金が発生しますし、場合によっては一括での返済を求められるケースもあるため返済はきちんと行うようにしましょう。


任意整理では問題にならないかもしれませんが、個人再生や自己破産のように裁判所を介する手段を債務整理時に選んだ場合は、代理人になるのは認定司法書士でも不可能です。

したがって司法書士は裁判所への申請書類の作成といった仕事をすることになります。

裁判所へ行くのも債務者本人ですし、行けば質問にも答えなくてはなりません。

また、自己破産を考えているのであれば、申立に弁護士を使わないと、手続き上、いろいろ厄介かもしれません。

債務整理を行うときの対象として銀行が含まれていると、債務者自身が保有している口座がそこにある時はおそらく凍結されるでしょう。

凍結する理由は単純で、資産があるときに債務の返済が可能なためです。

とはいうものの、行った債務整理の種類が自己破産であれば預金額が20万円以下なら借金の返済に充てなくても良いと定められているため、20万円を超える預金のみ債務の返済にあてられるのです。

ローンを返済中の自動車や住宅などの資産は、もし自己破産をするとローン契約そのものが破棄され、自宅も自動車も借金の返済のために手放さなければなりません。

しかし、それ以外の債務整理の場合、基本的にそうしたローン契約はなくなりませんし、返済は従来通り続ける必要があります。

そのかわり、売却して返済に充当する必要はないわけで、自己破産と混同しないよう注意してください。


弁護士や司法書士が債務整理の請け負ってくれたらいいなと考えているけれど、支払うお金の調達が困難であれば法テラスに話をしてみてはどうでしょうか。

公的機関である法テラスは、法律上の問題で悩んでいる人をサポートしてくれます。

借金の問題については無料相談を実施していますし、所得が低い方向けには民事法律扶助制度を実施しており、弁護士か司法書士に依頼費用を支払う際に一旦肩代わりし、その後返済していけばよいという形をとってくれます。

月ごとに給与から天引きして貯金をしていくのが財形貯蓄です。

自己破産により債務整理を行った人は、この貯金額と手元に所持しているお金の合計が法に規定された上限を超えると、解約し超過した分を処分しなければいけません。

それだけでなく、オーバーしていない時でも、裁判所に対して残高証明の提出が必要です。

入手するには、取引先金融機関か勤務先のどちらかで申請して発行してもらってください。

何歳であっても人生をやり直すことができるでしょう。

債務整理をする際に何歳であるかは関係ありません。

仮に債務整理をしてもクレジットカードの使用やローンを組むことが制限される程度で、その他は贅沢はできないものの、一般的に毎日を送れます。

たとえ高齢だとしても5年で何もかも元に戻すことができるので、悩みの種が借金だという方は何よりもまず債務整理で次の一歩を踏み出しましょう。