福岡 借金解決 無料相談

MENU

福岡で借金解決の無料相談ならこちら

福岡で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

福岡で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら福岡にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

福岡で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして福岡で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

債務整理によって、本人以外の家族に影響が及ぶことはあるのでしょうか?実際のところ、身内の人が辛い思いをする可能性は低いです。

本人以外の家族が持っている財産はそのままで大丈夫ですし、金融機関でローン審査をパスできなくなることは絶対にありませんから安心してください。

けれども、借金の保証人が家族になっているケースでは異なることを覚えておいてください。

債務整理をすると、保証人である家族が返済義務を負うことになるので、注意してください。

クレジットカードそれ自体はとても便利なものですが、買い物に使い過ぎたら毎月の返済が困難になります。

この時に検討して頂きたいのが債務整理で、増え過ぎた利息や元本を減らしたり、残った債務を分割して支払っていくことができます。

ただ、債務整理をした結果、カードが利用停止になりますし、カードで購入済みの物の返済が済んでいなければ、引き上げられてしまうかもしれません。

もし、任意整理や個人再生、あるいは自己破産などで債務整理をしたのなら、その後しばらくは、キャッシングの審査をパスすることが難しいでしょう。

このブラック状態の期間ですが、どのような債務整理を行うかによって違います。

とはいえ、毎月の収入が安定していて、今勤めている会社の勤続年数が長いようなら、一部の消費者金融では審査を通過できることがあります。

任意整理を行った場合は、この可能性が高いです。

個人再生の場合も可能性がありますが、自己破産の場合はかなり厳しくなります。


クレジットカードの作成や各種ローンの申し込みの時に行われる審査で必ず確認されるのが個人信用情報で、債務に関わることですので、過去の債務整理の履歴も記載されています。

この履歴が記録されているうちは原則としてクレジットカードを作ることも借入をすることもできなくなります。

債務整理の中でも自己破産なら、この記録は破産手続きによる免責許可が確定した時から、個人再生や任意整理の手続きをした時は残債の返済が終わった時点を基準に、最低でも5年間残ると言われています。

債務の返済に行き詰まり、自己破産以外の形での債務整理を行う場合は、アパートや賃貸マンション等に住みながら返済するのであれば、家賃やそれに付随する更新料なども考えておく必要があります。

もし家賃の安いところへ転居したとしても、債務整理で残った借金と共に継続的に払っていかなければいけない支出だからです。

それは必要な経費ですから、債務整理の相談に訪れた段階で忘れずに、弁護士なり司法書士に話しておくと良いでしょう。

どういった種類であれ債務整理を行えば、個人信用情報機関に何年かは記録が残るものです。

その結果、新規のローンなどは不可能ですし、それまで保有していたクレジットカード、キャッシングのカードなども使用停止です。

何年かはクレジットカードを作成することもできないでしょう。

ただ、現在返済中の債務については、個人再生と任意整理では債務は保持されていますので、完済するまでは支払いが続きます。


これまでに債務整理をしたことがある上で、それを踏まえて再び債務整理を試みる場合には、どうやって最初の債務整理を行ったかにより手続きに差があります。

まず、個人再生と自己破産のどちらかを行った人なら、債務整理をもう一度するには7年以上待つ必要があります。

一方、任意整理であれば期間は制限されません。

大抵は二度目の債務整理というと一度目と比較しても承認が得られにくく、その上それが自己破産の場合は、簡単にはいきません。

債務整理で借金を整理するにも、複数の方法が用意されています。

延滞損害金や利息の減免のみを希望し元金は支払うつもりなのか、そうではなく元金を減らしてほしいのか、金額の大小ではなく支払いの継続が不可能という話なのか。

どんな状況なのかによって適した方法も違います。

手続きを自分で行うという手もあるにはありますが、もし不安材料がそれなりにあるのなら弁護士や司法書士などプロの力を借りた方がいいかもしれません。

極めて経済的に苦しんでいて債務整理について相談できればと思っているものの、何が何でも誰かに弁護士事務所に入るところを見られたら困る。

他には直接事務所を訪ねる暇がないような場合は、ネットを使ってメールでの相談が可能な事務所も少なくありません。

やはりやり取りにかかる時間は直接や電話よりも多くなってしまいますが、都合のいい時に人目を忍ばず行えることから、何よりも気を張らずに相談することができる方法ではないでしょうか。