福島 借金解決 無料相談

MENU

福島で借金解決の無料相談ならこちら

福島で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

福島で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら福島にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

福島で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして福島で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

どれくらいまで借金がかさんだら、債務整理を行うべきかということは、答えにくい問題です。

ただ、数十万円の借金の場合、違う業者などからお金を借り入れて、もともとの借金分を返すこともできます。

でも、すでに借金があるので、おそらく相当苦労しなければお金の工面ができないと思います。

ともかく、借金の返済が苦しくなった時点で弁護士を訪ね、返済が続けていけそうなのか債務整理に踏み切るのか、アドバイスを貰うのが良いでしょう。

もし、任意整理や個人再生をするのであれば、債権者の同意が必須です。

まず、任意整理では、対象となる債権者を選択し、個別に同意を得る必要がありますが、これは、あくまで任意なので、交渉できない債権者もいます。

また、個人再生の場合、複数の債務が対象になります。

けれども、過半数の債権者が反対した場合は、個人再生に失敗してしまうでしょう。

もし債務整理をした場合、クレジットカードの更新が不可能になる可能性があります。

債務整理をすると、信用情報機関に事故の記録が残り、クレジット会社がこの情報を参照してしまうというわけです。

更新日を迎えずとも、利用不可能になることも少なくありませんから、何らかの料金の引き落としがクレジットカードになっているケースでは、債務整理を行う前に別の手段を用意しておきましょう。


たしかに初めてなら無料で相談に乗ってもらえますが、現実に弁護士等に依頼して債務整理を行う際は、最初に着手金というのを支払う必要があります。

金額は決まっていませんので、弁護士次第というところでしょう。

それから、裁判所を通じて行う個人再生と自己破産では、最初から成功報酬が決まっている場合が多くて判りやすいのですが、その一方で、任意整理の場合は減額の度合いによって成功報酬の金額も変動します。

支払いが軽減できると言われて債務整理を依頼したのにも関わらず、最終的に支払いが増えて大損したなどという人もいるようです。

いわゆる悪徳商法的な弁護士(司法書士)事務所に手玉にとられたと思われる事例です。

130万円の債務が任意整理で100万円弱に減額された際、手続き費用一式が50万、60万もしたら変ですよね。

割に合わない契約をしないために、費用に関する疑問は最初に確認しておくにこしたことはありません。

返済は契約書に記載された約束ですので支払い期日を過ぎれば、貸した側から次の日には支払いに関しての連絡がくるでしょう。

次の支払い予定日を聞かれるのでそこで約束すれば、特に期日までは連絡もなく事は済みますが、遅れて支払う約束を反故にしてしまうと、また借入先から督促の連絡が入るようになり、今度こそ取立てが始まるかもしれません。

どうあがいても支払いの見込みが立たない時は、債務整理を視野に考えてみてはいかがでしょう。


原則、債務整理の対象は個人に限定されていますので、そのメリットとデメリットが及ぶ範囲も本人だけで配偶者や家族はそれほどでもありません。

それでも、例外のケースもあり、専業主婦なら夫が債務整理をすればクレジットカードが停止されることがありえます。

なぜなら、夫の支払い能力に準拠して審査がされているからです。

それから、新たにカードを作ろうとしている家族がいて、同じ住所に住んでいるならば審査をクリアできないことも考えられます。

一人一人の事情に応じて、適しているのは債務整理なのか、あるいは多重債務を1社の新たな債務にまとめるおまとめローンなのかは話が変わってきます。

まず前者の場合は、将来利息の支払いが免除となることで支払い総額が減少しますが、代わりに信用情報に傷がついてしまい回復してからでないと新規にはお金を借りられないのがデメリットです。

後者の場合、借り替えた所の利息がそれまでより低ければ多少の支払い総額減少は期待できますが、債務整理ほどではありません。

ただ、そつなく払っていければ信用情報は無傷です。

現行では貸金業法が定めている通り、貸付は年収の三分の一までという総量規制があります。

とは言え、総量規制が導入される前から借入が三分の一を大幅に上回っていた人もいます。

それから、総量規制とは貸金業ではないことから無関係の銀行からの借入などが元で、いつしか年収を超えるような借金になっている例も少なくありません。

そうした時は返済が容易ではありませんので、債務整理を考慮に入れていかなければなりません。