岐阜 借金解決 無料相談

MENU

岐阜で借金解決の無料相談ならこちら

岐阜で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

岐阜で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら岐阜にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

岐阜で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして岐阜で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

増えすぎた借金の返済が追い付かなくなると、弁護士に債務整理の依頼をする人も多いです。

返済したい気持ちはあるのに、返済が間に合わず、結果的に滞納状態になる話はよく耳にします。

しかるべきところに相談し、今後の返済計画が立てられないとなったら、債務整理を行う手続きに入ります。

この間は債権者が取り立てを行っていますし、債務者の精神衛生上よくありませんので、早めに弁護士などに相談することをおススメします。

債務整理をすると、その後しばらくは、キャッシングの審査をパスすることがほぼ100%できなくなってしまいます。

またサービスが受けられるようになるまでに必要な時間ですが、債務整理の方法で異なるでしょう。

ですが、安定した収入が望め、同じ会社に勤め続けているならば、審査基準が緩い消費者金融でサービスを受けられる可能性があります。

任意整理を行った場合は、この可能性が高いです。

個人再生の場合も可能性がありますが、自己破産の場合はかなり厳しくなります。

債務整理の中でも、裁判所を通す自己破産や個人再生をしたのなら、確実に官報に個人情報が載るでしょう。

あまりなじみのない官報ですが、これは国の機関誌で、自己破産の場合だと二度、個人再生をした場合は三度掲載されます。

それぞれ、1ヶ月は掲載され続けるとはいえ、身近なものではありませんし、知り合いに閲覧される心配は、ほとんどありません。

もし任意整理を行ったのなら裁判ではありませんから、官報には公告されません。


所定の研修を済ませた認定司法書士でなければ、個人再生、任意整理、自己破産といった債務整理を行うことはできません。

そして任意整理を司法書士に依頼する際は、債権者1人につき借金の合計額が利息や遅延賠償なども込みで140万円を超えないことという規制もあります。

そのほか、個人再生や自己破産などを行う際は、依頼者の代理人になれる弁護士とは異なり、司法書士は代理人として赴くことは不可能ですので、自分で裁判所に行って手続きすることになります。

債務整理は大きく3通りありますが、裁判所を通さないのは任意整理だけです。

ですが、再生計画を出す個人再生や、債務が免責になる自己破産はどうしても裁判所の判断を仰ぐことになります。

とはいえ、必ずしも当事者が裁判所に何度も行かなければいけないかというと、そうでもありません。

法律事務所(弁護士事務所)に依頼していれば、弁護士が依頼者の代理人となり、自己破産にしろ個人再生にしろやりとりの大半を代行してもらえるのです。

司法書士ではこうはいきません。

ローンの返済が困難になり、個人再生や任意整理といった手続きに踏み切る場合、借家、賃貸マンションといった住宅に住み続け、実家等に戻らないつもりなら、家賃は考慮しておきましょう。

もし家賃の安いところへ転居したとしても、債務整理で残った借金と共に毎月出ていく出費としては大きい方ですから、計算し忘れたで済むものではありません。

大事なことですから、債務整理を依頼する時点で手続きしてくれる弁護士(司法書士)に話しておかなければいけません。


CMなどできいたことがあるかもしれませんが、債務整理のひとつに、返済が完了している借金について債権者に払った利息が不要に多ければ返還を請求してもよい「過払い金返還請求」という手があります。

この請求を行うには、かつての借入金の明細が載った取引履歴の書類が不可欠です。

取引の履歴によって、適正な利息を算定することができるので、過払いになっていた利息を返してもらうことができます。

住宅ローンの借り入れに際しては審査がありますが、この審査を通るためには債務整理をしてからある程度の時間が経っていて、俗にブラックリストと呼ばれる信用情報機関が管理する事故情報から債務整理をしたことがわかる記録が消去されている事が不可欠です。

債務整理にどの方法を用いたかでこの期間は違い、消えたのか否かを自分で確認する事ができます。

記録がなくなっているなら、過去に債務整理をした人であってもローンで家を買うことができます。

例えば親戚や友人の借金の保証人になっているなら、仮に債権者が取り立てようとしてきても債務者に取立てを行うよう伝えて支払いを拒むことができます。

ただし、債務整理のうちの自己破産や個人再生が行われ、債務者が支払いの一部または全部を放棄したとなると、未返済の借金分について債権者からの取立てが保証人に対して開始されます。

この場合、保証人は応じなければならないのですが、債権者とすり合わせを行って支払いを分割にしてもらう事はできます。