八戸 借金解決 無料相談

MENU

八戸で借金解決の無料相談ならこちら

八戸で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

八戸で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら八戸にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

八戸で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして八戸で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

時々、勘違いしている方がいるのですが、独身時代に債務整理をした人は、一緒になった配偶者の苗字になったからといって金融機関のローンが利用できるようになる訳ではありません。

業者が審査を行う場合、複数の個人情報からブラックリストに登録されていないかをチェックするのです。

このように、審査では名寄せが行われるのが一般的です。

これで分かるように、配偶者の苗字になったところで独身時代からのブラックが続くことになります。

一般的に、債務整理をしたらこの事実が信用情報機関に残されます。

これは「ブラック」の対象ですから、長期間、各種ローンの審査に通過することが難しくなることを覚悟してください。

債務整理の場合、信用情報機関からデータが消されるまで5年はかかると理解しておきましょう。

司法書士と弁護士はどちらも債務整理を請け負ってくれますが、基本的に、弁護士に依頼すると良いでしょう。

司法書士の場合、1社からの債務額が140万円以上という大口の債務整理には携わることを禁じられています。

弁護士の場合はこうした制限は設けられていませんから、大きな借金がある人も安心ですし、裁判に強いのは、やはり弁護士です。

もし、取り立てが繰り返されているようなら、弁護士であれば依頼したその日のうちに、法律的に取り立てから解放されることも不可能ではありません。


借金が返済しきれずついに債務整理をしようという時は、最近ではスマートフォンやPCから比較的簡単に債務整理にかかわる情報を知ることができるのは有難いかぎりです。

しかし会社や自宅のパソコンから検索をかけると、履歴が残ってしまうため、債務整理をしたいと思っていることが誰かにばれないとも限りません。

その点、スマートフォンを使うほうが安心です。

債務整理の無料相談ができる場所は、少し探せば沢山あることがわかるでしょう。

各地方自治体でも相談窓口がありますし、消費者ホットライン、消費生活センターのほか、各弁護士会、司法書士会連合、法テラスといったところでも相談窓口や最寄りの専門家への橋渡しの機能があります。

一般の弁護士事務所においても無償で相談ができるところが最近では増えていますし、相談を聞いてもらい、それからどうするか決めるというのも手です。

どういった債務整理を依頼するにも、費用は発生します。

案件を引き受けるにあたっての着手金、最終的な結果が出たあとに払う成功報酬が続き、そして債権者や裁判所までの交通費や印紙代等の実費が必要です。

もし任意整理という方法をとった場合、減額に成功した額を基準に報酬が決まり、成功報酬が先に定められている個人再生とは状況が異なるので注意が必要です。

あとは自己破産ですが、この場合も債務の免責が許可されれば成功報酬を払います。

金額設定は弁護士により異なります。


借金を全てチャラにできるという自己破産であっても、支払いから逃れられないものも一部あります。

債務整理は破産法に依拠して行われるのですが、その中で定められた非免責事項については支払義務が消えません。

各種税金、養育費、罰金などがその例です。

一方、同じように考えてしまいそうになるのですが、養育費が非免責事項であるのに対し、支払う相手が成人だからか離婚に際しての慰謝料は免責となるケースがなくはありません。

個々の状況次第で、債務整理をするべきか、それとも多重債務を一本化するおまとめローンをするべきかは話が変わってきます。

前者の場合、将来利息を付けずに返済していくことができるので、支払が必要な総額を少なくできますが、その代償として信用情報に傷がつくので回復を待たないと新たな借金は出来ないというのがデメリットです。

かたや、後者の場合は利息の低い所へ借り替えることで支払いの総額をやや減らせますが、債務整理での減少額には敵いません。

ですが、しっかり返済できるなら信用情報への傷は心配無用です。

債務整理を弁護士や司法書士に任せたいにも関わらず、料金を支払う事が困難であれば例えば法テラスの相談対応を受けてみるのはどうでしょうか。

公的機関である法テラスは、法律上の問題で悩んでいる人をサポートしてくれます。

借金に関しての相談は無料で応じてもらえますし、困窮している人には民事法律扶助制度に基づいて、債務整理を弁護士または司法書士に依頼する際の経費を一旦肩代わりし、その後返済していけばよいという形をとってくれます。