八戸 借金解決 無料相談

MENU

八戸で借金解決の無料相談ならこちら

八戸で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

八戸で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら八戸にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

八戸で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして八戸で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

借金が膨らんで債務整理を行ったのなら、債務額を払える範囲まで減額できます。

でも、事故歴アリとして信用情報機関に残されます。

こうなるとブラックリストに名前が載っていることになるので、借入やクレジットカードの際の審査にパスできなくなってしまうでしょう。

この状態は、少なくとも5年間は続くとされていますから、忘れないでください。

債務整理には複数のやり方がありますが、任意整理のケースなら各種ローンの審査に受かる可能性が残ります。

任意整理であれば、裁判せずに済みますから、国の発行している官報に名前が記載されることもありません。

借りていた業者が違法な金利で貸付を行っていたら、戻ってきた過払い金で借金分が完済できるかもしれません。

該当者は特にブラックとして問題になる心配がありません。

もし過払い金が発生していたら、借金を帳消しにできるかもしれません。

この過払い金とは、つまり返済時に払い過ぎた利息のことを指します。

平成20年に法が変わる前は、罰則がないという理由で違法な高金利でサービスをしていた業者が多かったので、融資を受けた人は法定外の利息を払わされていたことになります。

これが過払い金と呼ばれるものです。

もし過払い金が発生していたら、これを返してもらうことによって、債務を減らすことができるでしょう。


所定の研修を済ませた認定司法書士でなければ、個人再生、任意整理、自己破産といった債務整理を行うことはできません。

そして任意整理を司法書士に依頼する際は、債権者1人につき借金の合計額が利息や遅延賠償なども込みで140万円を超えないことという規制もあります。

そのほか、個人再生や自己破産などを行う際は、依頼者の代理人になれる弁護士とは異なり、司法書士は代理人として赴くことは不可能ですので、自分で裁判所に行って手続きすることになります。

債務整理は大きく3通りありますが、裁判所を通さないのは任意整理だけです。

ですが、再生計画を出す個人再生や、債務が免責になる自己破産はどうしても裁判所の判断を仰ぐことになります。

とはいえ、必ずしも当事者が裁判所に何度も行かなければいけないかというと、そうでもありません。

法律事務所(弁護士事務所)に依頼していれば、弁護士が依頼者の代理人となり、自己破産にしろ個人再生にしろやりとりの大半を代行してもらえるのです。

司法書士ではこうはいきません。

ローンの返済が困難になり、個人再生や任意整理といった手続きに踏み切る場合、借家、賃貸マンションといった住宅に住み続け、実家等に戻らないつもりなら、家賃は考慮しておきましょう。

もし家賃の安いところへ転居したとしても、債務整理で残った借金と共に毎月出ていく出費としては大きい方ですから、計算し忘れたで済むものではありません。

大事なことですから、債務整理を依頼する時点で手続きしてくれる弁護士(司法書士)に話しておかなければいけません。


借金を全てチャラにできるという自己破産であっても、免責されないものも存在します。

債務整理が準拠する法律が破産法ですが、そこで非免責事項に規定されているものは支払義務がなくなることはありません。

例えば各種税金、養育費、罰金などが挙げられます。

他方、一緒に扱われがちですが、養育費は非免責事項ですが、離婚による慰謝料は免責されることもあります。

すぐにでも借金を整理したいと思ってはいるものの、所持しているクレジットカードを無くしたくなければ、債務整理の中でも任意整理によることで引き続き持っていられる可能性もあります。

任意整理では整理する債権者を好きに選ぶことができるため、持ち続けたいカード会社とは任意整理を行わず、それ以外とだけ行えば、カードは残ったままです。

けれども、任意整理を行うことで信用情報は傷つく為、カードの更新の際はそれを根拠に利用停止となる見込みが高いでしょう。

弁護士もしくは司法書士に債務整理を引き受けてもらう時、用意するものがあります。

それは、まず身分証明書と印鑑、持っているクレジットカード、それから現時点の借入状況がわかるものをありったけです。

あわせて、資産保有が証された書類を求められることがあります。

例えば契約書がもう残っていなかったり、クレジットカードがなくなっていても、調査すればいいだけのことですからまだ諦めるのは早いです。