日田 借金解決 無料相談

MENU

日田で借金解決の無料相談ならこちら

日田で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

日田で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら日田にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

日田で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして日田で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

債務整理によって家族が不利益を被るのではと心配する人は多いです。

でも、債務整理で本人以外の身内が不利益を被ることはないです。

家族が所有する財産も債務整理の対象になったり、金融機関でローン審査をパスできなくなるなどという心配はありません。

とはいえ、もし保証人が家族の名義になっている場合は、全く事情が異なります。

こういったケースでは、保証人になっている家族が債務者の返済義務をすべて負うことになりますから、家族が苦しい思いをすることになります。

増えすぎた借金を債務整理で清算すると、今お持ちのクレジットカードが更新できない可能性があります。

債務整理をすると、信用情報機関にブラックとして登録され、クレジット会社がこの情報を参照してしまうというわけです。

まだ有効期限を迎えていないのに、使えなくなるかもしれませんから、引き落としに使っているのなら、他の支払い方法に変えておく必要があります。

個人再生や自己破産などを含めた債務整理は、増えすぎた借金を整理するために重要な方法ですが、数ヶ月、長ければ半年ほどは手続きが続くことを覚悟しておいてください。

長い期間ですから、この間にお金を借りる必要が出てくるかもしれません。

ですが、新たな債務を抱えるような行動は避けてください。

新たな借金の事実が伝わってしまうと、裁判所での立場が悪くなって、弁護士が辞退したり、債務整理が失敗して支払義務だけが残るケースもあります。


誰かの遺産を相続する際、資産の洗い出しもせず単純承認で相続した結果、債務が相続財産を上回る場合はいきなり借金の返済が相続人にふりかかってきます。

もっとも、こうした場合は債務整理で負担を軽減することができます。

ここで行われるのは任意整理であって、司法書士や弁護士といった専門家を介して債務総額の減額を債権者にお願いすることになります。

こういった厄介な状態にならないためにも、遺産の相続は慎重に行いましょう。

返済は契約書に記載された約束ですので支払い期日を過ぎれば、翌営業日には債権者からの連絡があるでしょう。

その際、いつ支払うかを約束すれば、特に期日までは連絡もなく事は済みますが、その約束が不履行に終わるとまた催促の連絡がきて、取り立て行為になるのも時間の問題でしょう。

どのように頑張ってみても返済の目処がたたない場合は、債務整理を視野に考えてみてはいかがでしょう。

任意整理の主目的は債務を減らすことです。

つまり、和解後も債務が残り返済義務があります。

やっと債務整理の手続きが終わっても、思ったほど減額されなかったりする例も少なからずあるみたいです。

そんなことにならないためにも、債務整理に踏み切る場合は今一度考える時間を持つべきです。

借金や債務関連の相談を無料で行っている弁護士事務所なども存在しますし、専門家に相談して解決策を見つける方が安心かもしれません。


借金を全てチャラにできるという自己破産であっても、支払いから逃れられないものも一部あります。

債務整理は破産法に依拠して行われるのですが、その中で定められた非免責事項については支払義務が消えません。

各種税金、養育費、罰金などがその例です。

一方、同じように考えてしまいそうになるのですが、養育費が非免責事項であるのに対し、支払う相手が成人だからか離婚に際しての慰謝料は免責となるケースがなくはありません。

個々の状況次第で、債務整理をするべきか、それとも多重債務を一本化するおまとめローンをするべきかは話が変わってきます。

前者の場合、将来利息を付けずに返済していくことができるので、支払が必要な総額を少なくできますが、その代償として信用情報に傷がつくので回復を待たないと新たな借金は出来ないというのがデメリットです。

かたや、後者の場合は利息の低い所へ借り替えることで支払いの総額をやや減らせますが、債務整理での減少額には敵いません。

ですが、しっかり返済できるなら信用情報への傷は心配無用です。

債務整理を弁護士や司法書士に任せたいにも関わらず、料金を支払う事が困難であれば例えば法テラスの相談対応を受けてみるのはどうでしょうか。

公的機関である法テラスは、法律上の問題で悩んでいる人をサポートしてくれます。

借金に関しての相談は無料で応じてもらえますし、困窮している人には民事法律扶助制度に基づいて、債務整理を弁護士または司法書士に依頼する際の経費を一旦肩代わりし、その後返済していけばよいという形をとってくれます。