飯塚 借金解決 無料相談

MENU

飯塚で借金解決の無料相談ならこちら

飯塚で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

飯塚で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら飯塚にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

飯塚で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして飯塚で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

今から5年ほど前の話ですが、多重債務状態になって、債務の総額が300万になってしまいました。

それまではキャッシングとは無縁でしたが、会社が倒産したことが借金地獄の始まりでした。

もちろん再就職を目指しましたが、どこも採用されず、貯金を切り崩すのも限界になって、キャッシングのお金でなんとか生活していました。

しばらくしてから就職先が見つかりましたが、それまでの債務があまりに大きく、返済しきれなくなったため、最終的には債務整理を行いました。

現在は借金とは無縁の生活を送れています。

債務整理時に必要な費用ですが、どの弁護士や司法書士にお願いするかで変わってきます。

もし、任意整理を依頼した場合、基本料金が設定されていて、1社あたりいくらという計算方法になるうえ、これにプラスして成功報酬(減額が成功した金額の数十パーセント)を支払うことになっています。

どれだけの債務額があろうと基本料金はほとんどが固定費用です。

そのため、整理される借金の金額があまり大きくない債権者に任意整理をした場合は、結果的に赤字になるケースもあります。

債務整理の中でも、裁判所を通す自己破産や個人再生をしたのなら、本人の名前や住所が官報に掲載されます。

この官報とは、国の広報誌で、自己破産の場合だと二度、あるいは、個人再生であれば三度、氏名と住所が公告されるでしょう。

公告期間は1ヶ月あるのですが、身近なものではありませんし、ほとんどの人は閲覧しません。

もし任意整理を行ったのなら絶対に公告されません。


せっかく債務整理を依頼しても、手続きが思うように進まず弁護士や司法書士への作業依頼をやめたいと思ったときは、「解任」ということになります。

解任せずによその弁護士事務所などに別途依頼すると、受任通知の二重送付にもなり、要らぬトラブルを招き、悩みの種が増えるだけです。

ですから、古い依頼の方はきちんと解任手続きをとった上で、新しい依頼をするようにしましょう。

裁判所を介さない任意整理ならともかく、個人再生、自己破産等の手続きを行う際は、司法書士は弁護士にように債務者の代理人にはなれません。

よって司法書士は裁判所に提出する書類を作成するなどの作業と本人へのアドバイスが主になります。

債務者本人が裁判所に申し立てに行かなければなりませんし、事務員や裁判官に質問されれば自分で答えるほかありません。

自己破産の場合は免責になるだけに、複雑なやりとりも予想されますから、申立に弁護士を使わないと、本人に任される事柄が多くなるので注意が必要です。

生命保険会社の個人年金保険や積立保険など、返戻金が生じる保険に加入している際は、もしかすると債務整理で解約しなければいけないかもしれません。

例えば自己破産のケースでいうと、保険は解約となり、返戻金を返済の一部に充当します。

また、個人再生に際しては生命保険は解約せずに済みますが、解約して戻ってくるお金は資産扱いされますから、返戻金の額が多ければ返済金額に影響してくるでしょう。

そして任意整理ですが、この場合は解約の必要はないですし、返済額に影響することもありません。


借金地獄に陥り、そろそろ債務整理をしようかと考え出した方がまず問題となるのがどこで弁護士または司法書士へ委任するかですよね。

多くの弁護士事務所では初回の相談が無料となっています。

担当者が安心して任せられる相手なのかどうか、無料相談で確認できます。

加えて、法律上の問題に対して力を貸してくれる公的機関である法テラスでも相談を無料で受けることができます。

親戚や友人が借金を抱えていて、その保証人を引き受けているなら、たとえ債権者が取立ててきても拒否して債務者に支払いを求めるよう促すことが可能です。

ですが、自己破産や個人再生で債務者が債務整理をして、支払いの一部または全部を放棄したとなると、未返済の借金分について債権者からの取立てが保証人に対して開始されます。

この場合は支払わなくてはなりませんが、債権者と話し合いの上で分割で支払いをする事は可能です。

今現在は貸金業法に則り、年収の三分の一までの貸付しか出来ない総量規制が存在します。

と言っても、既に総量規制がされるようになった時点には三分の一以上の借金が出来上がっていた人もいるでしょう。

そして、総量規制から除外される貸金業とは別の銀行からの借金などによって、知らぬ間に年収を凌駕するような借金にまでなっているような場合も少なくありません。

そういった場合はハードな返済になりますので、早めに債務整理を検討した方がいいでしょう。