生駒 借金解決 無料相談

MENU

生駒で借金解決の無料相談ならこちら

生駒で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

生駒で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら生駒にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

生駒で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして生駒で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

もし過払い金が発生していたら、借金を帳消しにできるかもしれません。

過払い金とは、違法な金利で支払わされた利息のことです。

平成20年に法が変わる前は、貸金業者の大半が、利息制限法で制定された以上の高金利でお金を貸していたので、融資を受けた人は違法な利息を払わされていたのです。

これが過払い金と呼ばれるものです。

過払い金を請求して返してもらえば、今ある借金を返せるかもしれません。

誰しもクレジットカードを使い過ぎた経験があると思いますが、あまりに計画性のない使い方をすると、支払いが困難になるでしょう。

このような場合、一括返済から毎月の返済額を少なくするリボ払いで返済を続けますが、リボ払いでも返済できないケースがあります。

金銭的な余裕がなくなってくると、焦燥感や不安が出てきてしまうと思うので、思い切って債務整理をして、できる範囲で返済することをおススメします。

債務整理は、弁護士に依頼することをおススメします。

司法書士では1社からの借金が140万円より多い場合の債務整理に携わることを禁じられています。

しかし、弁護士であればこうした制限はありませんし、裁判に強いのは、やはり弁護士です。

もし、取り立てが繰り返されているようなら、弁護士であれば手続きをとったその日の内から法律的に取り立てから解放されることも期待できます。


以前、自己破産で免責の決定を受けた過去があっても、その他の債務整理を行ってからでも、生命保険や医療保険への加入は本人の望むように行えます。

保険や共済といったものは申し込みの際に個々の信用情報を確認することはないですし、過去に債務整理した事実が分かることはないですし、それを理由に加入を断られることはありません。

月々の保険料さえ払えるのなら生命保険の契約自体は、特に債務整理の影響を受けることはまずないです。

債務の額を減らすことが目的の任意整理や個人再生というのは、自己破産のように債務がなるわけではなく、必ず返済しなければなりません。

ただ、返さなければ、和解や再生計画でホッとしたのもつかの間、その間に発生した遅延賠償も合わせ、全額の一括返済を迫られることもあります。

たった一回の遅延でも起こり得ます。

再生契約や和解の取り決めは順守しないと、あとで大変な思いをするので注意が必要です。

返済に困った末に債務整理を行ったものの、結局のところ赤字になってしまったといった恐ろしい話も耳にします。

いわゆる悪徳商法的な弁護士(司法書士)事務所にひっかかったケースです。

一例を挙げると、任意整理で債務が200万から170万円になり、差し引き30万の減額に対し、50万もの依頼料をとるというのは、おかしな話です。

泣き寝入りしないためにも、金銭面については初めに必ず確かめるべきです。

見積書を渋るところは要注意です。


信用情報機関によって管理されている事故情報(俗にブラックリストとも呼ばれる)の中からどれくらい経てば債務整理の情報が消えるかというと、どんな手段で債務整理を行ったかによって違います。

もし、任意整理、個人再生、特定調整をした人ならざっと完済から5年後までを目安とすればいいでしょう。

自己破産であれば免責が裁判所により決定されてから概算で7年前後です。

けれども、目安としか言えないので、実際に確認するために信用情報機関の情報開示手続きをすると安心です。

債務整理で弁護士や司法書士の力を借りたいものの、経費を工面するのが厳しそうなのでしたら法テラスに相談を持ちかけるというのも一つの手です。

公的機関である法テラスは、法律上の問題で悩んでいる人をサポートしてくれます。

料金不要で借金に関して相談を受けていたり、経済的に苦しい人に対して民事法律扶助制度に基づいて、弁護士や司法書士への依頼に必要な経費を立て替えるという援助もしてくれます。

もし、借金があり債務整理を行っている最中に離婚することになったら、それが生活費の足しにするための借金だったなど婚姻生活において発生したものであれば財産分与の際、対象に含まれて分割されます。

法律上では財産として計算するのはプラスの資産だけでは無くて、マイナスの資産も同様なのです。

ただし、それが婚姻前から存在する夫か妻の借金の場合や、婚姻中の借金でもギャンブルなどで作られた個人的なものだったならば分与される財産とはなりません。