生駒 借金解決 無料相談

MENU

生駒で借金解決の無料相談ならこちら

生駒で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

生駒で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら生駒にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

生駒で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして生駒で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

借金問題の解決に債務整理は有効ですが、実際に債務総額の何%の免除が期待できるかはとても気になるところだと思います。

これを知るためには、依頼したい弁護士事務所や司法書士に問い合わせると良いでしょう。

でも、そこまでしてもらうのも、と後ろめたく感じてしまうこともあるでしょう。

インターネットで無料の債務整理診断サービスなどが受けられるので、これを使って目安を知るのも良いでしょう。

どれだけ公言しにくいことでも、弁護士にはすべて正直に話してください。

債務整理の手続きが上手くいかなくなるかもしれません。

債務整理で自己破産の手続きを行うということは、資産がなくなり、これ以上の返済が不可能だということが裁判によって立証されたということなのです。

この前提が崩れては、自己破産の許可はおりませんし、債権を放棄した会社も納得しません。

悪気がなくとも、隠し事をするとロクな事になりませんから、正直に伝えるようにしてください。

債務整理は借金地獄から抜け出す救済手段ですが、一定の期間、JICCやCICに代表される信用情報機関が、この情報を保存します。

この期間は有限で、JICCの場合、債務整理の種類に関係なく、約5年ほど記録が残ります。

また、CICには、自己破産のケースは5年ほど残ると言われていますが、その他の債務整理の場合は登録自体がされないようになっています。

いずれの情報機関でも、情報が残っている間はキャッシングが利用できないでしょう。


件数そのものは以前に比べて減ったものの、任意整理と個人再生の中間のような特定調停という債務整理があるのをご存知でしょうか。

簡単にいうと、返済中の借入先に対し過払い金が生じている時に効果を発揮する債務整理です。

それから、ここで判明した過払い金については、特定調停の場ではその性格上、過払い金請求はできませんので、別途請求することになります。

債務が残っているうちは過払い金請求はできず、債務を完済している時点で請求可能となります。

仮に自己破産で免責決定がくだされたあとでも、個人再生、過払い金返還、任意整理などを行った実績があっても、生命保険や医療保険への加入は自由に行えます。

医療保険や生命保険の加入では健康調査はあっても、銀行や信販会社のように個人信用情報を確認することはないので、どのような債務整理をしようと、保険会社がそれを知ることはないです。

つまり、毎月の保険料の支払いが可能であれば、生命保険自体は、債務整理の影響を受けることはないのです。

自己破産の手続きを開始すると、申し立てした日から免責が確定するまでの間は資格を停止されたり、一部の職種に就くことが制限されます。

たとえば弁護士、税理士、司法書士などです。

それらの業種や資格保有者については、裁判所に自己破産の申し立てを行った時から破産手続きの終了までは当該職種で働くことは禁じられています。

ただし、自己破産以外の債務整理の場合は、資格や職業の制限はありませんから、自己破産ならではの特徴といえます。


信用情報機関に登録されている顧客の事故情報、通称ブラックリストの中からどれくらい経てば債務整理の情報が消えるかというと、債務整理でとった方法によって差があります。

任意整理、個人再生、特定調整のどれかだったなら完済してから5年程度が経過した頃まででしょう。

自己破産の場合は免責が裁判所に認められてから概算で7年前後です。

ただし、目安以外の何物でもないため、自分の信用情報がどうなっているのか信用情報機関の情報開示を利用して見てみるのが何より明らかです。

借り入れ時に保証人を設定していると、保証人は債務整理が行われると影響を受けます。

どんな影響が及ぶかというのは債務整理の方法次第で、任意整理や特定調停の場合には保証人の記入を要する書類があるものの、保証人に対して返済の請求はされません。

ですが、個人再生や自己破産では、請求が債権者から債務者ではなく保証人にされることも可能となるので、全額の返済をその後は保証人がかぶらざるを得なくなります。

弁護士や司法書士が債務整理の請け負ってくれたらいいなと考えているけれど、代金の用意が大変な方は法テラスに話をしてみてはどうでしょうか。

法律についての問題なら、法テラスは頼れる公的機関になります。

借金に関しての相談は無料で応じてもらえますし、経済的に苦しい人に対して民事法律扶助制度による業務として、弁護士ないし司法書士への依頼と報酬にかかる費用を立て替えるという援助もしてくれます。