金沢 借金解決 無料相談

MENU

金沢で借金解決の無料相談ならこちら

金沢で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

金沢で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら金沢にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

金沢で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして金沢で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

ご存知のように、債務整理をするとブラックリストに名前が載りますが、任意整理ならば銀行のローンや住宅ローンも組める可能性が残ります。

返済の意思を示せる任意整理は、官報に公告されることもありません。

借りていた業者が違法な金利で貸付を行っていたら、過払い金を請求できますし、そのお金で借金を払い終えることができるかもしれません。

この場合は、特にブラックとして問題になる心配がありません。

多重債務の状態になっている人は、債務整理をする前にまず、おまとめローンできないか調べてみてください。

本来の借金の額自体は変わりませんが、まとまった一つの高額借入になりますから、利息の重荷が少しは減らせるのではないでしょうか。

複雑になってしまった返済管理もスッキリして、バラバラだった毎月の返済を一回で済ませられるようになります。

このおまとめローンをしても返済が不可能となった時点で本当に債務整理の手続きをするのも悪い方法ではありません。

司法書士と弁護士はどちらも債務整理を請け負ってくれますが、基本的に、弁護士に依頼することをおススメします。

1社あたり140万円以上の債務があるような債務整理には、司法書士は担当できないという決まりがあります。

ですが、弁護士なら債務額がいくらであろうと依頼を請け負ってくれますし、訴訟時には弁護士の方が有利だといえます。

もし、取り立てが繰り返されているようなら、弁護士であれば依頼したその日のうちに、債権者からの取り立てを法律的に止めることができます。


裁判所を介さない任意整理ならともかく、個人再生、自己破産等の減額、免責の手続きをする時は、代理人として司法書士を立てることはできません。

よって司法書士は裁判所に提出する書類を作成するなどの作業と本人へのアドバイスが主になります。

依頼者本人が裁判所へ行かねばならない上、裁判官や職員とのやりとりもすべて自分がするはめになります。

債務の免除を目的とする自己破産を行う際は、司法書士に依頼してしまうと、手続き上、いろいろ厄介かもしれません。

債務の減額を目的とした任意整理では、返済すべき債務は残ります。

債務整理はしたものの、肝心の減額が思うようにできなかったというパターンもあるようです。

債務整理という手段を選択するなら、あとあと悔やまないようよく考えなければいけません。

無料で債務相談ができる弁護士事務所なども存在しますし、専門知識のある人のアドバイスを聞いてみるのも良いでしょう。

自己破産や個人再生の手続きを行う際には債権者全部が対象ですが、減額交渉がメインの任意整理の場合は債権者ごとに別々に手続きするため、債権者全員を対象とするよりは、たいていは減額効果の高い債権者を筆頭に減額交渉していきます。

ただ、交渉に応じるかどうかは任意ですので、先方に交渉内容を認めてもらえなければ、その債務については減額は見込めません。


中には、常日頃からつい借金をしてしまっていて、債務整理は何度でもできるのだろうかと気になっている人もいるのではないでしょうか。

多くの場合は回数制限はないので、何回でも可能です。

ただ、これまでに債務整理をしたことがあるのにまたしても行うといった場合には、どんな方法で債務整理を行うかでも変わりますが、承認が困難になることもありえます。

債務整理を軽はずみに行おうとするのは控えるべきでしょう。

債務整理の手続きは一通り自分でやる事が可能とはなっていますが、そのやり方が一筋縄ではいきません。

さらに、任意整理では債権者とまともに交渉をする事になるため、こちらが不慣れであることがわかれば交渉しづらくなることもあるでしょう。

お金は必要になりますが、弁護士か司法書士に引き受けてもらう事が最も手続きがすんなり済むでしょう。

費用に関する相談は法テラスで受けてもらうことができます。

自己破産をするとあらゆる借金がなくなるとは言え、一部の支払義務からは解放されません。

債務整理は破産法に準じて運用されますが、そこで非免責事項に規定されているものは支払義務が消えません。

各種税金、養育費、罰金などがその例です。

一方、同じように考えてしまいそうになるのですが、非免責事項に養育費は含まれていますが、支払う相手が成人だからか離婚に際しての慰謝料は免責となるケースがなくはありません。