糟屋 借金解決 無料相談

MENU

糟屋で借金解決の無料相談ならこちら

糟屋で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

糟屋で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら糟屋にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

糟屋で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして糟屋で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

5年ほど前の話になりますが、いくつかのキャッシングを重ねてしまい、数百万円の借金を負ってしまいました。

それまではキャッシングとは無縁でしたが、会社が倒産したことが借金地獄の始まりでした。

不況の時でしたから、再就職も失敗し、日常生活を送るためには、お金を借りるしか方法がありませんでした。

ややあって、就職先が見つかりましたが、それまでの債務があまりに大きく、返済しきれなくなったため、結果的に債務整理で借金を処分しました。

現在は借金とは無縁の生活を送れています。

家族には借金のことを知られたくありませんでしたから、任意整理を行って借金を処分する予定でしたが、すでに借金がかさんでいましたから弁護士と相談して個人再生を行いました。

趣味の車は処分されましたが、家をそのままにできたのは助かりました。

最終的に、債務は相当減らすことができましたし、かえって家族に打ち明けるキッカケになったので、今は気持ちも落ち着いています。

結婚前に債務整理をしている人は、入籍して配偶者の苗字になったところでキャッシングやローンなどの審査に受かるようになるわけではありません。

業者が審査を行う場合、苗字や名前、生年月日といった、いくつかの個人情報を集めて信用情報に事故歴がないのか調べます。

つまり、名寄せを行っています。

ですから、結婚で苗字だけが変わっても信用情報にひっかかることは変わらないでしょう。


債務の減額を目的とする任意整理を行う際は、手続き開始から債権者と和解に至るまで、手続きをする司法書士や弁護士などの指定する口座に積立金をするといったケースがあります。

債務整理の依頼をすると該当する債権者に対する支払いが一時的に保留されるので、浮いた分を積み立てておき、和解手続きが終了したあとの司法書士や弁護士等への報酬の支払いにあてます。

余れば返済に回すので無駄もありません。

いくら相談は無料といっても、いざ債務整理の手続きを依頼するには、仕事を依頼しました引き受けましたという意味での着手金が必要です。

とくに金額に決まりはありませんので、依頼先によって差はあります。

自己破産や個人再生といった手続きでは最初から成功報酬が確定していることが多いのですが、任意整理となるとその成功報酬は和解内容次第でかなり変化します。

弁護士だけと思われることも多いのですが、法務大臣の認定を受けた司法書士であれば、債務整理を行うことは可能です。

ただ、任意整理の場合には個々の債務が140万円以内に限られています。

これから交渉開始というときにそこまでの遅延利息込みの金額が140万円以上になると、依頼を受けた司法書士でも手続きに携わることはできません。

計算さえしていればこのようなことは防げますから、司法書士に債務整理の依頼を出す場合は事前に債務額をきちんと整理、把握しておく必要があります。


家族に隠して債務整理をしようとすると方法によってその難易度が変わってきます。

仮に任意整理をするなら自分で全手続きを行おうとしなければ家族に勘付かれることはごく稀です。

しかしながら、世帯収入や資産を公開する手続きが必要な個人再生や自己破産の場合は、知られずにいるのは厳しいでしょう。

なお、職場に関しては、どんな方法で債務整理を行おうと問題なく内緒にしておけます。

月々の給与から天引きという形で貯金していくことを財形貯蓄と呼びます。

債務整理を自己破産で行うと、財形貯蓄されている金額と手元にあり自由に使える分のお金の合計が法に規定された上限を上回ると、解約した上で超過分を処分する必要が生じます。

加えて、基準額を超えていない場合も、裁判所に対して残高証明の提出が必要です。

入手するには、取引先金融機関か勤務先のどちらかで申請して発行してもらってください。

申し込みや諸々の手続きが開始されたら、できる限り早期の解決を求めたいと債務整理を考えていれば誰しも思うでしょう。

しかし、借金を免除または減額などしてもらうことの承認を得るまで当然ある程度待たなくてはなりません。

債務整理をするのに用いる方法や、その道のプロ(司法書士や弁護士など)に任せるのか、もしくは独力で全て手続きするのかなどでもかかる時間には差があります。