川越 借金解決 無料相談

MENU

川越で借金解決の無料相談ならこちら

川越で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

川越で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら川越にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

川越で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして川越で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

安く済まそうと、個人で債務整理を行おうとする人がいますが、十分な法的知識を持っていることが大前提になります。

他にも、書類の整理や手続きに関して時間的な拘束が発生することは確実です。

こうしたことを踏まえると、債務整理には司法書士や弁護士などのプロに依頼する方が上手くいく可能性が高いでしょう。

専門家はそれを生業としたプロですから、知識も手際の良さも段違いですし、早々に解決してくれるでしょう。

債務整理を行うデメリットもあります。

よく言われるのが、信用情報機関への登録でしょう。

つまり、金融機関のローンやその他の借り入れが不可能になります。

債務整理には複数の方法があり、どのような方法で債務整理を行ったかでブラックリストに載っている期間が最短でも5年間から10年間と異なり、一律ではありません。

減額された返済を滞りなく行って、無事に債務整理を終わらせたら、今後もお金を借りられるかどうかは、とても気になる問題です。

やはり、しばらくの期間は金融機関のローンや借入をするのはできません。

このような債務整理の事実は、金融事故になってしまい最低でも5年間は信用情報機関にこの情報が残ってしまうでしょう。

ですから、ブラック状態のままでは、ETCカードを買ったり分割で商品を購入するようなことも難しくなるでしょう。


債務整理は状況によっていくつかの種類から選びますが、裁判所を通さないのは任意整理だけです。

あとの個人再生や自己破産といった手続きの場合はどうしても裁判所の判断を仰ぐことになります。

しかし、債務者自身が裁判所に何度も行かなければいけないかというと、そうでもありません。

弁護士が債務整理に当たる場合は、個人再生であれ自己破産であれ、どちらにしても債務者の代理人として弁護士が立ち、手続きのかなりの部分を代行できるので、債務者本人の負担はかなり軽くなります。

すべての弁護士や司法書士が債務整理を扱うわけではありません。

ときには受け付けてもらえないケースがあります。

離婚訴訟等を専門とする弁護士や、債務整理を処理したことのない司法書士の場合や、あるいは自己破産ならそこに至った原因が法律上、免責不許可になると想定されるものなら、拒否もやむを得ません。

拒否理由が専門外ということでしたら、逆に経験を積んだ法務事務所や法律事務所というのを探せば良いのです。

近頃はネットにも情報が多く、24時間いつでも調べられます。

お金を借りたら自分で返すのが社会通念上の常識とはいえ、どうにも返済の見込みが立たないときには、状態を改善するために債務整理を行うというのも手です。

その債務整理ですが、行う頃合いといえば、月々返している返済の額が手取りの3割超に及ぶ場合が妥当な時期のようです。

任意整理の相談が来るのはこの頃に一番多いです。


弁護士や司法書士に債務整理を引き受けてもらいたいと思っているけれども、料金を支払う事が困難であれば方法としては法テラスで相談に乗ってもらうのもいいでしょう。

法律に関する問題を抱えた人の手助けを行う公的機関が法テラスです。

借金についての相談は無料で行っていますし、経済的に苦しい人に対して民事法律扶助制度による業務として、もし、依頼した場合に、弁護士あるいは司法書士に支払わなければならない代金を一旦肩代わりし、その後返済していけばよいという形をとってくれます。

借金が整理できればいいなと思っていても所有しているクレジットカードを失うことになるのは避けたいという場合は、任意整理という方法で債務整理を行うことにすれば引き続き持っていられる可能性もあります。

債権者を取捨選択した上で整理していける制度が任意整理ですから、任意整理を行うのを残したいカード会社以外の債権者とする事で、カードはそのまま残ります。

けれども、任意整理自体が信用情報に傷をつけることになるので、それが原因でカード更新時に恐らく利用停止となるでしょう。

大抵、絶対に債務整理を行ったらブラックリスト入りは免れないという通説があるようですが、過払い金請求なら、唯一ブラックにならずに債務整理が可能です。

余計に払っていた利息の返還を受けるだけなので、その結果、残債がなくなるのならば事故にはならないでしょうという話です。

ですが、発生している過払い金があっても金利の引き直しによって引き続き残債があるのならば、それはすなわちブラックになります。