川越 借金解決 無料相談

MENU

川越で借金解決の無料相談ならこちら

川越で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

川越で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

下にあるフォームでは簡単な質問に答えていくだけで川越近くの無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

 

川越で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上にあるフォームを使ってあなたの状況にぴったりな弁護士事務所を探してみて下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして川越で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

多重債務などで債務整理をした場合、JICCやCICといった信用情報機関に債務整理の情報が残り、いわゆるブラックになります。

ちなみに、保存期間ですが、JICCの場合は任意整理、自己破産、個人再生であれば約5年、CICの場合は、自己破産ならば5年ほどですが、別の方法で債務整理を行っている場合、情報が残ることはありません。

この期間はブラック状態なので、キャッシングが利用できないといった問題があります。

債務整理の手続きは、ご自身でもできます。

とはいえ、生半可な知識では通用しません。

その他にも、関係書類の準備や手続きに関して時間的な拘束が発生することは間違いないでしょう。

一般人には難易度が高いですから、債務整理のことは司法書士や弁護士などのプロに依頼する方がベストなのかもしれません。

こうした専門家であれば、知識も経験も十分ですから、必要な時間も少なくできるはずです。

債務整理を依頼する弁護士の選び方としては、価格と実績を中心に考えるようにしてください。

でも、料金についてはよく確認しておかないと、低価格の手付金を売りにしていても、成功報酬など、その他の費用が高く、結果的に高い料金を払わなければならないケースもあります。

実際に依頼した人の口コミなどを参考にして弁護士事務所を見繕い、実際に状況を相談し、弁護士のことを信頼できると思えば、債務整理をお願いしてください。


最近では任意整理をするときは、受任通知を送付してから手続き終了までの間、司法書士や弁護士事務所などに一定額のお金を毎月積み立てることが少なくありません。

積立金の第一の使途は弁護士報酬です。

手続きが始まると貸金業者等に対しての債務の返済が一時停止の状態になるので、本来返す予定のお金で積立を行い、減額交渉の折り合いがついた際に成功報酬として弁護士事務所等に支払い、残った分は債務の返済に充当するわけです。

これ以上ローンの返済が難しい状態になり、個人再生や任意整理といった手続きに踏み切る場合、マンションやアパートといった賃貸物件に住み続けるなら、月々の家賃は無視できません。

もし家賃の安いところへ転居したとしても、債務整理で残った借金と共に月々の固定支出となることは避けられないからです。

ですから債務整理を依頼する際に窓口の人か、担当してくれる弁護士なり司法書士に話しておくと良いでしょう。

勇気を出して決めた債務整理なのに、弁護士(司法書士)の仕事に進捗が見られず、依頼をやめて別のところへ頼みたい場合は、相手の方から降りない限りは、こちらから解任する必要があります。

解任せずに債務整理を別のところへ頼んでしまうと、介入通知を債権者に二度送付することになり、要らぬトラブルを招き、悩みの種が増えるだけです。

ですから、古い依頼の方はきちんと解任手続きをとった上で、ほかのところに依頼してください。


借金の支払いがもう無理だとなった時、借金を債務整理によって整理することができますが、整理する事ができないものとして唯一各種税金が挙げられます。

自己破産に関して定めている破産法にも租税請求権は支払いの義務が残る非免責事項の中に含まれています。

国民の三大義務ともなっている納税義務は自己破産に至っても放免されるものではありません。

ただし、現状を役所で訴えて分納を打診する事はできなくはないでしょう。

手続きを自分で済ませようと思えばどの債務整理でもできなくはないものの、とても込み入ったやり方になっています。

かつ、任意整理に際しては債権者との間で直接交渉を行わなければならないので、素人相手とわかってしまうと交渉に苦戦することになるかもしれません。

費用が求められますが、弁護士もしくは司法書士に請け負ってもらうのが何よりもうまく手続きを進める方法でしょう。

費用の相談は法テラスで聞いてもらう事もできます。

一口に債務整理と言っても、借金を整理するためには複数の方法が用意されています。

希望は延滞損害金や利息のカットのみで元金は支払い続けられるのか、それとも元金の減額が必要なのか、金額の大小ではなく支払いの継続が不可能という話なのか。

個々の状況次第で妥当な方法も違ってきます。

単独で手続きすることもできなくはありませんが、気がかりな事が多い場合は知識の豊富な弁護士や司法書士の知恵を借りましょう。