川越 借金解決 無料相談

MENU

川越で借金解決の無料相談ならこちら

川越で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

川越で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら川越にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

川越で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして川越で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

今から5年ほど前の話ですが、多重債務状態になって、債務の総額が300万になってしまいました。

それまではキャッシングとは無縁でしたが、会社が倒産したことが借金地獄の始まりでした。

もちろん再就職を目指しましたが、どこも採用されず、貯金を切り崩すのも限界になって、キャッシングのお金でなんとか生活していました。

しばらくしてから就職先が見つかりましたが、それまでの債務があまりに大きく、返済しきれなくなったため、最終的には債務整理を行いました。

現在は借金とは無縁の生活を送れています。

債務整理時に必要な費用ですが、どの弁護士や司法書士にお願いするかで変わってきます。

もし、任意整理を依頼した場合、基本料金が設定されていて、1社あたりいくらという計算方法になるうえ、これにプラスして成功報酬(減額が成功した金額の数十パーセント)を支払うことになっています。

どれだけの債務額があろうと基本料金はほとんどが固定費用です。

そのため、整理される借金の金額があまり大きくない債権者に任意整理をした場合は、結果的に赤字になるケースもあります。

債務整理の中でも、裁判所を通す自己破産や個人再生をしたのなら、本人の名前や住所が官報に掲載されます。

この官報とは、国の広報誌で、自己破産の場合だと二度、あるいは、個人再生であれば三度、氏名と住所が公告されるでしょう。

公告期間は1ヶ月あるのですが、身近なものではありませんし、ほとんどの人は閲覧しません。

もし任意整理を行ったのなら絶対に公告されません。


期日通りの返済ができないと、貸した側から次の日には支払いに関しての連絡がくるでしょう。

その際、いつ支払うかを約束すれば、とりあえずはその日まで待ってくれるものの、もしその期日に約束を果たさないと、債務の返済を求める連絡がまた来るでしょうし、やがて訴訟に発展する可能性もあります。

どうあがいても返済不能な状態に陥ったら、債務整理をすれば取立ては止みますし、手続き中は利息も発生しません。

債権者による返済の催促や取立てが行われている状態で種類はどうあれ債務整理を開始すると、司法書士や弁護士によって債権者あてに介入通知が送られ、受領日以降は一切の催促、連絡行為は止みます。

万が一、債権者から返金の催促や連絡が来るようなことがあったら、手続き中の法務事務所等にただちにその旨を伝えるようにしましょう。

禁止されているのにわざわざ相手をする理由はないわけですし、手続きが終わるまでは相手をするべきではないのです。

債務整理は大きく3通りありますが、任意整理だけは裁判所の介入なしで可能です。

ですが、再生計画を出す個人再生や、債務が免責になる自己破産はどうしても裁判所の判断を仰ぐことになります。

しかし、債務者自身がしょっちゅう裁判所に呼び出されるのかというと、そんなことはないです。

法律事務所(弁護士事務所)に依頼していれば、個人再生はもちろん自己破産でも債務者の代理人としてやりとりの大半を代行できるので、債務者本人の負担はかなり軽くなります。


多数の弁護士事務所のうち、どこで債務整理の依頼をしようかという選択は一苦労です。

おすすめの弁護士チョイスの方法は、帰するところは債務整理に熟練していて今に至るまでに十分な受任実績がある所に請け負ってもらえばベストでしょう。

公式サイトを持っている法律事務所ばかりですから、サイト内に債務整理の経験の宣伝があるかどうか気にしてみる事はうまく見分ける参考になります。

月々の借金の返済がにっちもさっちもいかず、債務整理を勘案する時、第一の問題はどこの弁護士または司法書士に担当を打診するかでしょう。

基本的に弁護士事務所では無料の初回相談を用意しています。

この無料相談を通して、その担当者は信用のおける相手か明らかにできるでしょう。

あわせて、法律に関する問題を抱えた人の手助けを行う公的機関である法テラスでも相談は無料となっています。

結婚や離婚をして名字が変わった人は、かつて行った債務整理の記録も仕切り直しになるという事はありません。

新しくカードを作ろうとするときに申込書で旧姓を書く部分があっても何も特別な事ではないですし、本人確認では氏名以外の情報もあります。

それに、万一、審査をくぐり抜けても、債務整理の記録が後日発覚すればその時点でクレジットカードが使えなくされたり返却を指示される可能性も見込まれるでしょう。