川越 借金解決 無料相談

MENU

川越で借金解決の無料相談ならこちら

川越で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

川越で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら川越にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

川越で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして川越で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

借金のことや債務整理をしたことが職場にバレることを恐れて、なかなか債務整理で借金を清算できないという話を聞きますが、債務整理をした結果、そのことが会社に発覚するケースは稀です。

任意整理を行ったのであれば、絶対にバレないでしょう。

なお、そのほかの債務整理を選んだ場合でも、債務整理を依頼した専門家ときちんと話し合い、問題なく手続きが進めば、債務整理の事実が会社に伝わることはありません。

逆に多重債務のまま仕事を続ける方が危険だといえます。

債務整理を行う人が増えてきましたが、これには専門的な知識を十分に持っていることが必須です。

他にも、書類の整理や時間的な余裕がなくなることは確実です。

これらの問題を考えると、債務整理は弁護士や司法書士に手続きを頼むのが上手くいく可能性が高いでしょう。

何と言っても知識が違いますし、場数を踏んでいる弁護士ならばスピーディーな手続きが期待できます。

役に立つクレジットカードですが、度を超えた買い物をしてしまうと返済が難しくなってしまいます。

一括払いでの支払いが不可能な場合、毎月の返済額を少なくするリボ払いで返済を続けますが、これでも払えないということがあります。

金銭的な余裕がなくなってくると、平穏な生活が送れませんから、債務整理で借金を整理し、返済を楽にしましょう。


新たに借金をする時や、カードを作成するときの審査に当たって必ず確認されるのが個人信用情報で、債務に関わることですので、過去の債務整理の履歴も記載されています。

履歴を保持する年数には決まりがありますが、これがある限りローンを新たに組むことは不可能です。

自己破産の場合ですと、記録は裁判所で免責が決定してから、それ以外の方法で債務整理した場合では手続き後に残った債務を完済した時から5年程度は少なくとも消えることがありません。

債務整理の中でも自己破産の場合は、裁判所に申し立てを行った日から免責が確定する間は一部の職業において就労の制限があります。

不動産業者(宅建取引主任者)、生命保険や損保、証券会社等の外交員がそれです。

それらの業種や資格保有者については、手続き開始から破産手続きの終了までは就労できないのです。

時間的には数ヶ月といったところでしょう。

債務整理でも個人再生や任意整理の場合は、こういった制限はないですし、通常は職場に知られることもありません。

混同している人も多いので説明しますと、弁護士以外に、法務大臣の認定を受けた司法書士であれば、債務整理を行うことは可能です。

ただ、任意整理の場合には個々の債務が140万円以内に限られています。

もし交渉を始めようという時に債務の額が遅延賠償を含め140万超となってしまった場合、認定司法書士では交渉継続は不可能です。

そんな事態に陥らないよう、債務整理で司法書士を頼る際は最新の債務の総額がいくらなのか、正確に計算しておく必要があります。


毎月の借金返済がどうしようもなくなり、債務整理を考慮に入れる場合に最初の課題というのが担当をどこの弁護士あるいは司法書士にお願いするかです。

多くの弁護士事務所では初回の相談が無料となっています。

この無料相談を通して、その担当者は信用のおける相手か明らかにできるでしょう。

他にも、法律に関する問題を抱えた人の手助けを行う公的機関である法テラスでも無料の相談対応が受けられます。

出資法を基に、以前は利率が利息制限法をオーバーするような貸付がありふれていました。

利率が利息制限法の上限から出資法の上限に収まっている貸付はグレーゾーン金利と呼ばれます。

現代では金利が利息制限法の上限を超えていると非合法となります。

すなわち、グレーゾーン金利での借入をしていた人は、債務整理によって本当なら払わずに済んだ分の利息が戻ってくるかもしれません。

これを過払い金請求と言います。

つらい借金に追われる生活から脱する術の一つに債務整理が考えられます。

任意整理、民事再生、自己破産の3つの手続きがあり、債務整理はこれら全てをひっくるめた呼び方です。

これらにプラスして過払い金請求も含んで債務整理と言うこともあります。

ひとつひとつ違う手続きなので、情報を集めてから置かれている状況に即した方法で、しっかり借金の債務整理をやり遂げましょう。