川崎 借金解決 無料相談

MENU

川崎で借金解決の無料相談ならこちら

川崎で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

川崎で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら川崎にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

川崎で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして川崎で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

実際に債務整理をする際にかかる費用は、依頼したい弁護士事務所に問い合わせるか、ホームページを見れば、どれくらいのお金を用意しなければならないか、分かると思います。

特別な事情がある場合は追加料金が発生することもありますが、よほどの事がなければ、平均的な価格で債務整理を依頼することが可能です。

それぞれの弁護士事務所で、料金体系や説明も変わるので、ご自身の状況合わせて柔軟に対応してくれる事務所を探すと良いでしょう。

債務整理は借金を整理するための手段で、これを行うと借金の重荷は無くなりますが、クレジットカードや金融機関のローンの審査に落ちやすくなるなどの欠点も当然あります。

多くの人が気にするのがブラックになってもアパートやマンションの賃貸契約が結べるのかということでしょう。

結果的に、契約可と契約不可の物件のどちらもが存在しています。

どこでも選べるというわけではないのですが、住まいに関しては、心配ないようです。

複数の会社から借金を重ねているという人は、債務整理の前に、「おまとめローン」などで借金の一本化を図ってみてはいかがでしょうか?そもそもの債務額は変わらないとはいえ、高額で、ひとつの借入になりますから、金利を下げることができると思います。

複雑になってしまった返済管理もスッキリして、返済日をウッカリ忘れてしまうようなミスもなくなると思います。

おまとめローンが組めなくなってから弁護士などに債務整理を依頼するのも悪い方法ではありません。


報酬等に充てるべく、任意整理や個人再生を依頼した時から法律事務所指定の口座に積み立ててきた資金は、経費(実費)や成功報酬を支払ったあとに残金が出れば、依頼者のところに返金されるシステムになっています。

お金がないのに積立をするのは大変だと思うでしょうが、分割払いで成功報酬を払うのと同じですし、本来は毎月の返済に充てるはずの費用を積立にするのですから、うっかり散財しないで済みます。

金額は相談で決められますが、可能な限り積み立てるようにしましょう。

借入先から督促や取立てがある際に借金の額を減らす「債務整理」を行えば、司法書士や弁護士によって債権者あてに「債務整理の依頼を請け負いました」という内容の書状が送られると、その債権者からの連絡行為、督促行為一切は完全にストップします。

しかし仮にその期間中、連絡や督促を受けたら、ただちに担当弁護士(司法書士)に相談し、対応してもらいます。

自身が対応する必要はないですし、何かしようと思ってはいけません。

自己破産や個人再生といった裁判所の判断が必要な手続きを行う際は、司法書士は弁護士にように債務者の代理人にはなれません。

よって司法書士は裁判所に提出する書類を作成するなどの仕事をすることになります。

裁判所へ行くのも債務者本人ですし、裁判所で質問されたことには自分で答える必要があります。

また、自己破産を考えているのであれば、やはり弁護士に依頼しないと、手続き上、いろいろ厄介かもしれません。


一般に債務整理によって国内外の旅行や転居に影響が生じることはありません。

パスポートの申請にあたっても特に差し支えはありません。

けれども、その例から漏れるケースが1つだけあります。

まさに自己破産を申し立てているという間のみは、裁判所がいつでも自分の居所をわかっているという状態にしておくことが必要で、転居や旅行をするには裁判所に許可してもらう必要があります。

免責の認可が裁判所から発出されたら、他の債務整理の方法と変わりはなく、 無制限となります。

かつては出資法に則って、利率が利息制限法以上である貸付も当たり前に存在していました。

利息制限法の上限以上で出資法の上限未満という金利での貸付がグレーゾーン金利です。

現時点では利息制限法の上限を上回る金利は非合法となります。

したがって、グレーゾーン金利での貸付を受けていた人であれば、債務整理をする事で余計に払ってしまっていた利息を取り戻せるかもしれません。

それが過払い金請求です。

どのような形式で債務者が抱えた借金を整理するのかに応じて4つの異なる方法により債務整理が可能です。

すなわち、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4種類のことです。

いずれも借金をどれくらい圧縮できるのかや裁判所の介入があるのかどうか等、手続きに違いがあります。

共通な点として挙げられるのはそれなりの期間、信用情報機関に事故情報の記録が残ってしまうので、新たな借金はその消滅を待たないと容易にはできないという事でしょう。