川崎 借金解決 無料相談

MENU

川崎で借金解決の無料相談ならこちら

川崎で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

川崎で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら川崎にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

川崎で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして川崎で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

減額された返済を滞りなく行って、無事に債務整理を終わらせた場合でも、ある程度の時間が経過しなければ、クレジット会社の審査をパスしたり住宅ローンなどを利用するのも難しくなります。

なぜかと言うと、債務整理者はブラックリストに登録されてしまうためです。

債務整理後のおよそ5年間はこうしたサービスが受けられなくなるので、時間を置く必要があります。

もし、金額の大きい債務整理を考えているのなら、司法書士より弁護士に相談してください。

なぜなら、司法書士の資格では140万円以上の債務整理に関われないと、法律で明記されているからです。

その一方で、弁護士の場合は債務額の上限はありませんし、裁判では有利に働く可能性があります。

その他にも、弁護士に債務整理を依頼すると、債務整理手続きに入ってから、すぐに法律的に取り立てから解放されることも不可能ではありません。

急な出費の助けになるカードローンですが、返済能力を超えた使い方をすると返済できなくなるかもしれません。

返済不可能なまでに借金がかさんだ場合には、現実的に債務整理の計画を立ててください。

個人再生などの債務整理をすれば、裁判所の判決によって債務を返済可能な状態になるまで減らすことができるでしょう。

ですから、返済の負担や取り立ての重圧から逃れ、日常生活をやり直すことができます。


どうしても返済が難しい時に大幅に債務が減額されたり、帳消しすらあり得る債務整理ですが、生活は楽になる一方で、自己破産や個人再生のように裁判所の決定を必要とするものの場合、官報へ住所氏名が記載されることは免れません。

一般人で官報をよく見る人なんていませんから、デメリットというほどでもないのかもしれませんが、官報は明治以降ずっと残っていますし、上書きも削除もできません。

それに、紙媒体以外にネットでも一般に公開されています。

後悔しても遅いですから、もし行うのであればよく考えることが大事です。

たとえば債権者に給料を差押えされている場合に差押えをしている債権者を含む債務整理をすると、いったん差し押さえの状態は解除となります。

ただ、裁判所を通さない任意整理を行った場合は強制執行(差押え)を止めるという決まりはないので、当分は給与を差し押さえられた状態が続くでしょう。

急いで和解を成立できるよう司法書士や弁護士には頑張ってもらい、差し押さえ解除に持ち込まないと身動きがとれなくなってしまいます。

債務整理を行う際は、和解にしても裁判所の決定にしても、手続きに時間がかかることはやむを得ません。

もし任意整理の手続きに踏み切っても、法務事務所や法律事務所などに依頼し、手続き全般を終えるには、手際よくこなしたとしても最低2ヶ月はかかると思った方が良いですし、半年以上かかるなんてことも時にはあります。

また、この期間中は取立てはもちろん債権者から債務者へ連絡することすら禁じられています。

しかし、訴訟を起こしてくる債権者もいます。


親戚や友人が借金をしていて、その保証人になっているとすると、たとえ債権者が取立ててきてもそれを拒んで債務者の方に行かせることができます。

ですが、債務者が自己破産や個人再生により債務整理を行い、返済の一部や全部を放棄してしまうと、支払いがまだの分について債権者は保証人に請求を始めます。

これを拒む事は不可能ですが、債権者に談判をして分割払いにできなくはありません。

今の時点で発生済みの利息と将来利息を免除してもらい返済額を元金だけにする方法が、債務整理の方法の中で任意整理と呼ぶものです。

債権者に掛け合って、和解が成立すれば、利息がない分、支払総額を減らすことができ、各月の返済額を減ずることができます。

元金がそのままの額ではこれからの返済が苦しいのであれば、別の債務整理の方法である個人再生によって手続きを行う事になります。

借金を抱え債務整理をしている中で離婚が決まった時は、生活費に費やすための借金などそれが婚姻生活において発生したものであれば夫婦間の財産分与に含まれ、分配されます。

基本的に、財産と呼ぶのはプラスの資産のみに限らず、マイナスでも財産は財産なのです。

ですが、夫婦の片方が婚姻前から抱えていた借金だったり、婚姻中の借金でもギャンブルなどで作られた個人的なものだったならば財産分与からは除外されます。