川崎 借金解決 無料相談

MENU

川崎で借金解決の無料相談ならこちら

川崎で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

川崎で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

下にあるフォームでは簡単な質問に答えていくだけで川崎近くの無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

 

川崎で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上にあるフォームを使ってあなたの状況にぴったりな弁護士事務所を探してみて下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして川崎で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

債務整理によって家族が不利益を被るのではと心配する人は多いです。

でも、債務整理で本人以外の身内が不利益を被るという話は聞いたことがありません。

家族名義の財産が没収されたり、金融サービスの審査に受からなくなるなどという心配はありません。

とはいえ、債務の保証人が家族になっている場合は、この限りではありません。

債務整理をすると、保証人である家族が返済義務を負うことになるので、気を付けなければなりません。

本人が債務整理を行うことは難しいため、専門家にお願いすることが一般的です。

タダというわけにはいかないので、そんな金銭的余裕はないと考える人も少なくありません。

ですが、このようなお金は債務整理が完了した後に、分割払いなどで支払うことも可能です。

依頼時に支払わなければいけないというわけではありませんので、依頼の際にお金のことはあまり心配せずに済みます。

もし、任意整理や個人再生をするのであれば、借金をしている業者や金融機関の同意を得なければなりません。

まず、任意整理では、1件ごとの債権者が対象になるため、ひとつひとつの債務について和解交渉をすることになります。

ですが、法的な強制力があるわけではないので、交渉を拒否する債権者が出る場合もあります。

もし、個人再生をした場合は、任意整理と違って一度に複数の債務を整理できますが、過半数の債権者が反対にまわった場合、個人再生は不許可となります。


どのような債務整理であれ、一度でもすればJICCやCICなどの個人信用情報に記載されるのは間違いありません。

そうすると新規の借入れは出来ません。

いわゆるブラックリストです。

すでにクレジットカード等を持っている場合も、利用停止になっているでしょう。

何年かはクレジットカードを申し込んでも、審査で落とされるはずです。

いま現在ある借入れについては、内容は原則として保たれていますから、完済するまでは支払いが続きます。

督促状などの封筒が見覚えのない会社からのものにいきなり変わっていたなどというのは珍しいことではありません。

つまり、サービサーなどに債権を譲渡したと考えるのが妥当です。

そういった状態からでも債務整理を開始することは可能ではあるものの、対象が以前の債権者から次の債権者に移るという違いがあります。

それから、債務整理手続きを始めることで、そこからの督促や取立てなどは一時停止の状態になるのは債権者が変わろうと変わりありません。

取扱実績は最近では減っているものの、債務整理のひとつとして特定調停というものがあります。

どのようなものかというと、借入先に対し返済した額の中に過払い金額が一定量ある場合に有効な債務整理のひとつです。

債務よりも過払い金のほうが多いことが分かれば、実は特定調停の場では返金要求は不可能ですので、あとから請求を行います。

過払い金請求は、借入先に対する債務が残っていると出来ませんが、すべての債務を返済しおわってからとなります。


債務整理で借金を整理するにも、複数の方法が用意されています。

元金はそのままで延滞損害金や利息の免除を要望するのか、それとも元金の減額が必要なのか、金額以前に返済を続ける事がもはやできないのか。

一人一人の事情から適した方法も違います。

手続きを自分で行うという手もあるにはありますが、もし不安材料がそれなりにあるのなら弁護士や司法書士などプロの力を借りた方がいいかもしれません。

ご存知かもしれませんが、債務整理の一種として、返済が完了している借金について債権者に利息を払い過ぎていればその返還が請求できるという「過払い金返還請求」があります。

あらかじめこの返還請求をする場合は取引履歴と当時の借金の明細を確認できる書類が不可欠です。

今までの取引履歴を把握できれば、利息がいくらなら妥当なのかがわかるため、多く支払われていた利息の還付が受けられるでしょう。

結婚や離婚をして名字が変わった人は、債務整理の記録が白紙に戻ると思ってはいけません。

カードの新規入会時の書類に旧姓を記入する欄もよく設けられていますし、氏名だけで本人確認がされるわけではありません。

それに、万一、審査をくぐり抜けても、後日になって債務整理の記録がわかったら最後、クレジットカードが使えなくされたり返却を指示される可能性も予想されます。