北九州 借金解決 無料相談

MENU

北九州で借金解決の無料相談ならこちら

北九州で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

北九州で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら北九州にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

北九州で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして北九州で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

5年ほど前の話になりますが、いくつかのキャッシングを重ねてしまい、数百万円の借金を負ってしまいました。

それまではキャッシングとは無縁でしたが、会社が倒産したことが借金地獄の始まりでした。

不況の時でしたから、再就職も失敗し、日常生活を送るためには、お金を借りるしか方法がありませんでした。

ややあって、就職先が見つかりましたが、それまでの債務があまりに大きく、返済しきれなくなったため、結果的に債務整理で借金を処分しました。

現在は借金とは無縁の生活を送れています。

家族には借金のことを知られたくありませんでしたから、任意整理を行って借金を処分する予定でしたが、すでに借金がかさんでいましたから弁護士と相談して個人再生を行いました。

趣味の車は処分されましたが、家をそのままにできたのは助かりました。

最終的に、債務は相当減らすことができましたし、かえって家族に打ち明けるキッカケになったので、今は気持ちも落ち着いています。

結婚前に債務整理をしている人は、入籍して配偶者の苗字になったところでキャッシングやローンなどの審査に受かるようになるわけではありません。

業者が審査を行う場合、苗字や名前、生年月日といった、いくつかの個人情報を集めて信用情報に事故歴がないのか調べます。

つまり、名寄せを行っています。

ですから、結婚で苗字だけが変わっても信用情報にひっかかることは変わらないでしょう。


個人が債務整理を行った際には、金融機関の個人信用情報データベースにその記録がデータとして残されることになります。

情報は一般企業には開示されないため、普通は就職に影響はないのですが、稀に例外もあります。

具体的に言うと、銀行や信販系など個人信用情報と切っても切り離せない業界に就職する際には支障が出るかもしれないということです。

どんなに努力して返済したとしても債務整理の記録があれば、状況次第ではそれが元で不採用につながる可能性が高いです。

お金を扱う金融機関なら慎重になるのも当然ですし、結局、採用されなかったら諦めるほかありません。

和解後も借金が残る任意整理の場合は、依頼時から任意整理の交渉が終了するまでの期間中、手続きをしてくれる法律事務所等に積立金をするといったケースがあります。

債務整理の依頼をすると貸金業者等に対しての債務の返済が一時停止の状態になるので、本来返す予定のお金で積立を行い、和解手続きが終了したあとの成功報酬として弁護士や司法書士に支払うのです。

支払いが軽減できると言われて債務整理を依頼したのにも関わらず、結局のところ赤字になってしまったといった例もないわけではありません。

すべてがそうだとは言いませんが、詐欺的な商売をしている弁護士などに騙されたというケースです。

任意整理しても100万の債務が70万にしか減らなかったのに50万もの依頼料をとるというのは、おかしな話です。

割に合わない契約をしないために、費用に関する疑問は最初に確認しておくにこしたことはありません。


全債務の返済の義務が免除されるというのが自己破産の特徴ですが、これを申請しても実は免責されないケースも見られます。

と言うのは、良からぬお金の使い方をしていた場合です。

代表的なのは、ギャンブルや投資への使用であったり、過剰なショッピングをしょっちゅう行っていたりするとまさにそうです。

これらの原因のせいで免責が認められない場合は、債務整理を異なる手段で行うしかなくなります。

信用情報機関に登録されている顧客の事故情報、通称ブラックリストの中からどれくらい経てば債務整理の情報が消えるかというと、どうやって債務整理をしたかで異なります。

債務整理をした方法が任意整理、個人再生、特定調整のうちのどれかなら完済してから5年程度が経過した頃まででしょう。

自己破産であれば免責が裁判所により決定されてから概算で7年前後です。

しかし、目安というだけでそうとは限りませんから、自分の信用情報がどうなっているのか信用情報機関の情報開示を利用して見てみるのがはっきりさせるには一番いいです。

再出発は何歳からでも可能です。

債務整理をする際に何歳であるかは関係ありません。

債務整理の代償はクレジットカードが使えなくなることとローンが組めなくなることだけで、その他は贅沢はできないものの、平均的に生活を営んでいくことができます。

たとえ高齢だとしても5年待てば元と同じ状態に戻れますから、借金で頭を抱えているようなら債務整理が次のステップへの弾みになるはずですよ。