北九州 借金解決 無料相談

MENU

北九州で借金解決の無料相談ならこちら

北九州で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

北九州で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら北九州にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

北九州で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして北九州で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

ご存知のように、債務整理をするとブラックリストに名前が載りますが、任意整理ならば銀行のローンや住宅ローンも組める可能性が残ります。

返済の意思を示せる任意整理は、官報に公告されることもありません。

借りていた業者が違法な金利で貸付を行っていたら、過払い金を請求できますし、そのお金で借金を払い終えることができるかもしれません。

この場合は、特にブラックとして問題になる心配がありません。

多重債務の状態になっている人は、債務整理をする前にまず、おまとめローンできないか調べてみてください。

本来の借金の額自体は変わりませんが、まとまった一つの高額借入になりますから、利息の重荷が少しは減らせるのではないでしょうか。

複雑になってしまった返済管理もスッキリして、バラバラだった毎月の返済を一回で済ませられるようになります。

このおまとめローンをしても返済が不可能となった時点で本当に債務整理の手続きをするのも悪い方法ではありません。

司法書士と弁護士はどちらも債務整理を請け負ってくれますが、基本的に、弁護士に依頼することをおススメします。

1社あたり140万円以上の債務があるような債務整理には、司法書士は担当できないという決まりがあります。

ですが、弁護士なら債務額がいくらであろうと依頼を請け負ってくれますし、訴訟時には弁護士の方が有利だといえます。

もし、取り立てが繰り返されているようなら、弁護士であれば依頼したその日のうちに、債権者からの取り立てを法律的に止めることができます。


弁護士や司法書士に依頼して債務整理をする際にかかる費用は、最初に着手金が必要で、すべての手続きが終わったあとの成功報酬、あとは実費として交通費や印紙代等があります。

もし任意整理という方法をとった場合、成功報酬は減額金額によって決められ、あらかじめ成功報酬を定めた個人再生とは区別して考える必要があります。

最後に自己破産についてですが、免責許可が下された時点で手続きが成功したことになるので、規定の成功報酬を払うことになります。

カードローンの申し込みやクレジットカード作成時の審査で金融機関が参考にするのが個人信用情報ですが、これにはかつて債務整理をしたという情報も記録されています。

この履歴が記録されているうちは原則としてカードを作ったりローンを組んだりすることは出来ないと思った方が良いです。

自己破産の場合ですと、記録は裁判所で免責が決定してから、自己破産以外の債務整理を行った際は手続き後に残った債務を完済した時から最低でも5年間残ると言われています。

これから自己破産をしようという時には、本人名義のすべての預貯金は資産説明書に記載する義務があります。

それから基本的に20万円を超える資産は保険の返戻金なども含め、すべてを債務の返済に充当するのですが、この点が他の債務整理との大きな違いです。

名義を変えたり、口座から引き出せばわかるまいとは考えないほうが無難です。

仮にどこかで発覚したとして、免責不許可といった事態になるわけですから、嘘はいけません。


負っている全ての債務の返済義務から逃れることができるのが自己破産なのですが、自己破産の申請が通っていながら実は免責されないケースも見られます。

お金を良からぬことに使っていた場合です。

代表的なのは、ギャンブルや投資への使用であったり、身に余るほどの買い物を幾度となくしているようだとまさにそうです。

こういった訳で免責されないとなれば、他の方法で債務整理を検討しましょう。

一般的に一個人として債務整理が行われるため、長所と短所に関しても配偶者や家族は大した影響を受けず本人だけが気にすることになります。

ですが、例外のケースもあり、専業主婦の配偶者が債務整理をしたとすると、クレジットカードを停止されるかもしれません。

その理由は、クレジットカードの審査が夫の支払い能力に基づいて行われる為です。

それだけでなく、新たにカードを作ろうとしている家族がいて、同じ住所に住んでいるならば審査に通らないこともありえます。

どのような形式で債務者が抱えた借金を整理するのかに応じて4パターンの方法が債務整理には存在します。

つまり、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4つになります。

どれも圧縮が可能な金額や間に裁判所が入るか入らないか等、手続きに違いがあります。

共通項と言えるのは、それなりの期間、信用情報機関に事故情報の記録が残ってしまうので、それが消滅するまでは新しい借金はそう簡単にはできないという事です。