神戸 借金解決 無料相談

MENU

神戸で借金解決の無料相談ならこちら

神戸で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

神戸で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら神戸にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

神戸で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして神戸で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

債務整理をしたことが会社に伝わるのではないかと心配して、債務整理に対して消極的になってしまう方がいます。

けれど、債務整理をした結果、そのことが会社に発覚するケースは稀です。

任意整理を行ったのであれば、確実に伝わることはありません。

他の債務整理(自己破産や個人再生など)の場合でも、担当の弁護士や司法書士と打ち合わせをしておけば、会社にまで通告が送られてくるような可能性は低くなります。

反対に、多重債務のまま職場にいる方が会社に伝わってしまう危険性があります。

もし、借金を債務整理で処分したのなら、ある程度の時間が経過しなければ、借入するのもできなくなります。

またサービスが受けられるようになるまでに必要な時間ですが、債務整理の方法で異なるでしょう。

けれども、安定した収入が望め、継続して今の勤務先に勤め続けているのなら、独自の審査基準を持つ業者なら借入もできるでしょう。

任意整理を行った場合は、この可能性が高いです。

個人再生の場合も可能性がありますが、自己破産の場合はかなり厳しくなります。

借金の返済が滞ったらすぐに債務整理をするのではなく、まずは今ある全ての借金を「おまとめローン」などで一本化することを優先しましょう。

本来の借金の額自体は変わりませんが、高額借入として扱われるため、金利が下がり、利息負担が軽減されます。

煩雑になっていたそれぞれの会社への返済もスッキリして、それぞれの支払期日に振り回されることもなくなるはずです。

おまとめローンもできないとなった段階で、本当に債務整理の手続きをするのも悪い方法ではありません。


頑張っても借金返済のめどが立たずに債務整理で生活の立て直しをはかりたいと思ったら、以前なら役所に直行だったかもしれませんが、最近はネットに接続さえできれば、手軽に債務整理に関する情報を得られるようになりました。

ただし、家族と共有のPCや勤務先などで調べると、履歴が残ってしまうため、債務整理をしたいと思っていることが誰かにばれないとも限りません。

できればスマホを使ったほうが安全です。

債務の返済が滞り、金融機関等から訴訟を起こされてからでも、債務整理は可能ですから、すぐに弁護士なり司法書士なりに相談しましょう。

ただ、原則として可能なのは訴訟を起こした相手を対象とした任意整理で、弁護士等から受任通知を送付することにより、訴訟も取り下げになるといったケースもあります。

そして交渉が進んで合意に至れば、当然ながら訴訟は取り下げになるわけで、和解時の取り決めに従い債務の返済をしていきます。

掛け捨てなら関係ないのですが、返戻金がある生命保険だと、債務整理の種類によっては解約が必要なケースもあります。

まず自己破産を行うのであれば、返戻金が20万円を超える場合は解約して返済に充当することになります。

また、個人再生に際しては自己破産と違って解約する必要はありませんが、解約返戻金自体は資産に繰り込まれますので、返戻金の額が多ければ返済金額に影響してくるでしょう。

また、任意整理では原則的に解約は不要ですし、返済額も返戻金の影響を受けません。


債務整理で弁護士や司法書士の力を借りたいものの、料金を支払う事ができなさそうなら例えば法テラスの相談対応を受けてみるのはどうでしょうか。

公的機関である法テラスは、法律上の問題で悩んでいる人をサポートしてくれます。

借金に関しての相談は無料で応じてもらえますし、経済的に苦しい人に対して民事法律扶助制度に則って、弁護士ないし司法書士への依頼と報酬にかかる費用を一時的に立て替えるという対応もしています。

借金の支払いがもう無理だとなった時、借金を債務整理によって整理することができますが、整理する事ができないものとして唯一各種税金が挙げられます。

破産法は自己破産についての規則ですが、そこにも非免責事項として租税請求権が認められています。

国民の三大義務でもある納税義務ですから、たとえ自己破産しても免れることはできません。

ですが、訳を話して役所で相談の上で分納を検討してもらう事はできます。

信用情報機関に登録されている顧客の事故情報、通称ブラックリストにはどれくらいの期間債務整理の情報がキープされるのかというと、どうやって債務整理をしたかで異なります。

任意整理、個人再生、特定調整のどれかだったならざっと完済から5年後までを目安とすればいいでしょう。

自己破産であれば免責が裁判所により決定されてから約7年だと思えばいいでしょう。

しかし、目安というだけでそうとは限りませんから、信用情報機関に情報開示を申し込んで確認してみれば最も確かでしょう。