神戸 借金解決 無料相談

MENU

神戸で借金解決の無料相談ならこちら

神戸で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

神戸で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら神戸にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

神戸で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして神戸で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

減額された返済を滞りなく行って、無事に債務整理を終わらせた場合でも、ある程度の時間が経過しなければ、クレジット会社の審査をパスしたり住宅ローンなどを利用するのも難しくなります。

なぜなら、債務整理しなければならない程の債務を抱えたということで、事故アリということで、ブラックリストに残ってしまうためです。

この状態は、少なくとも5年間は続くとされていますから、解消されるまでは待つしかありません。

弁護士や司法書士など、その道のプロが債務整理をしても、完了するまで数ヶ月はみておく必要があります。

けれども、債務整理の期間中は債務の金利や延滞損害金が発生することはありません。

もし任意整理や個人再生で減額を認められたとしても、一部の返済を続けなけばなりません。

残った債務は金利がかかりませんが、もし、返済期日に間に合わなくなると、延滞損害金が発生してしまいます。

さらに、この損害金と共に、債務の一括返済を請求されるケースもありますから、十分注意しておきましょう。

後ろめたいことがあったとしても、自己破産の手続きを依頼する弁護士に隠し事をするのは厳禁です。

債務整理の手続きが上手くいかなくなるかもしれません。

本来であれば、自己破産はこのまま返済を続けていても完済できる見込みがないということを法的に立証するわけです。

返済能力に偽りがあれば、自己破産の許可はおりませんし、借金を減額した相手だって説明を求めるはずです。

このように、嘘をつくとご自身にとって非常に不利な状況になるため、正直に伝えるようにしてください。


どのような種類であれ債務整理をしたいと思ったら、最初に司法書士や弁護士などに依頼を受けてもらう「着手金」を払わなければなりません。

結果に応じて報酬金の支払いも発生しますし、着手金や報酬以外の出費としては、債権者の事務所や裁判所までの交通費や債務整理を裁判所に申し立てるための手数料としての印紙代金なども、塵が積もればばかになりません。

もっともこれらは実費請求が常ですし、上乗せして要求してくるようなことは通常はありません。

月々の返済がつらくなって債務整理という手段を選んだものの、むしろ支払いが増えてしまったという話も時々聞こえてきます。

すべてがそうだとは言いませんが、詐欺的な商売をしている弁護士などに手玉にとられたと思われる事例です。

任意整理で寄せられた相談の中にもそういった例はあります。

和解で30万円の減額に成功した際、50万もの依頼料をとるというのは、おかしな話です。

たちの悪い業者にひっかからないように、最初から費用一切についてはきちんと確認し、見積書をもらいましょう。

原則として奨学金の借り入れをする時は親や親族が保証人になるものですが、保証人になる人が債務整理をした経験があると、もし完済していても、奨学生本人に落ち度がなくても、審査に通らない可能性があります。

保証人で悩んでいるのでしたら、保証人を立てる人的保証制度ではなく機関保証を使うと、最初から保証人不要で借入型の奨学金を申し込めるようになります。

月々の奨学金から保証料は分割で引かれるので初期負担の心配は不要です。


どうにか借金を整理したいのに現在使っているクレジットカードが無くなっては困るという人は、債務整理を任意整理という方法によって行うことで残せないこともありません。

任意整理は任意の債権者を選定して整理が可能な制度のため、残したいカード会社を除いた債権者とだけ任意整理を行えばカードを失わずに済みます。

しかし、任意整理を行うことで信用情報は傷つく為、それによってカードの更新の際に利用を止められる確率が高いです。

大抵、もしも債務整理を行うと漏れなくブラックリスト入りだとよく考えられていますが、債務整理でも唯一ブラックにならない手段が存在し、それが過払い金請求です。

通常は払わなくても良かった利息の分が戻ってくるだけですから、それで完済という結果になったなら事故にはならないでしょうという話です。

と言っても、たとえ過払い金があろうが金利を引き直した結果としてまだ債務の残りがあれば、ブラック入りは避けられません。

任意整理には無縁であり、個人再生には緩い基準しかないため、問題とされることがそうそうないものの、債務整理を自己破産で行う時には、財産隠しは決してやってはいけない事の一つに挙げられます。

裁判所に破産の申立をする際、持っていてよい現金と資産は法でその上限が決まっています。

基準を超えた分は処分しなければいけないのですが、もしも隠していた事が知られれば免責が認められないことはもちろん悪ければ詐欺罪の疑いを持たれてしまいます。