高知 借金解決 無料相談

MENU

高知で借金解決の無料相談ならこちら

高知で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

高知で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら高知にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

高知で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして高知で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

車を処分を避けるのであれば、カーローンの会社を債務整理の対象に入れずに、車を持ち続けることができる任意整理などの方法で債務整理を行いましょう。

とはいえ、債務整理後も車の所有が続けられるかどうかは、債務者が日常生活を送る上で、車の有無がどれだけ影響を与えるかで違います。

車がなければ生活が破綻してしまうというようなケースでない限り、債務整理後も車を持ち続けることは難しくなります。

ですから、担当の弁護士などと打ち合わせをして、車を手放した場合の不利益について訴えましょう。

債務整理をすると、ある程度の時間が経過しなければ、借入するのも難しいでしょう。

この状態は、債務整理の方法によって解除されるまでの時間が変わります。

でも、安定した収入が望め、さらに、失業の心配がないのなら、独自の審査基準を持つ業者ならサービスを受けられる可能性があります。

なお、審査を通過しやすい債務整理の方法は、任意整理です。

次に個人再生、自己破産と続きます。

もし、債務整理をしたのであれば、返済の負担から解放されることができます。

とはいえ、債務整理をした事実は、信用情報機関に登録されてしまうでしょう。

どういうことかと言うと、いわゆるブラック状態になってしまいますから、借入やローンの審査で落とされるようになります。

少なくとも5年は経たないとブラックリストから外れないため、留意しておく必要があります。


返済すべき日に入金がないと、その旨の連絡が借入先から来るはずです。

支払う予定日を伝えると、相手から二度と連絡が来ることはないはずです。

けれども、その約束が不履行に終わるとまた催促の連絡がきて、取り立て行為になるのも時間の問題でしょう。

どうあがいても払えそうにないときは、弁護士等に債務整理を依頼すれば、返済猶予の期間ができますし、取立てもなくなります。

住宅ローンの支払いやカーローンなどが完済できないまま借り手が自己破産という事態になれば、その時点で返済しているローン契約は解除となり、自宅も自動車も借金の返済のために売ることになります。

一方、任意整理や個人再生では、それらのローンは原則的に交渉対象外となりますので、今まで通り支払う必要があります。

ローンの返済さえできていれば返済のために売却することはないですし、不安であれば相談することをおすすめします。

任意整理や個人再生は債務の減額を主目的にしているため、債務が免責となる自己破産とは異なり、額は減ったなりに債務は残り、返済しなくてはいけません。

もしその返済の約束を破るようなことがあれば、やっと取り付けた和解内容が破棄され(個人再生では再生計画の取消)、その間に発生した遅延賠償も合わせ、借金の残額を一括で返済することを迫られるでしょう。

和解や再生計画の内容は守ってこそ価値があるのですから、ムダにしないようにしましょう。


それまでに債務整理をしたことがあって、二度目の債務整理をしようとすると、どうやって最初の債務整理を行ったかにより手続きに差があります。

まず、個人再生と自己破産のどちらかを行った人なら、次の債務整理は7年以上経ってからでないとできません。

かたや、任意整理だと期間の条件はなしです。

大抵は二度目の債務整理というと一度目と比較しても認可されにくいもので、特に二回目に行う自己破産は極めてハードだと言っていいでしょう。

債務整理を行う方法はいくつかありますが、例えば任意整理と民事再生というものがあります。

何が違うかと言えば、元金を減らせるかどうかという点です。

任意整理の場合は債権者と債務者が相談し将来利息がカットされた返済額を元に月々の返済をしていくもので、一般に借りている元金を減らすことはできません。

その一方、民事再生の場合は返済計画を検討して裁判所に提出を行い、認められたら元金の減額となり、残りの返済を続けることになります。

既にある利息とこの先発生する利息がカットされて元金のみに限って返済していく方法が、任意整理という債務整理の手段の一つになります。

債権者と交渉した結果、合意に達すれば、利息がない分、支払総額を減らすことができ、月ごとの返済額も減らせます。

もし元金も減額してもらわないと返済できそうにない場合は、個人再生という他の債務整理の方法による手続きを選択するといいでしょう。