甲府 借金解決 無料相談

MENU

甲府で借金解決の無料相談ならこちら

甲府で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

甲府で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら甲府にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

甲府で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして甲府で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

債務整理は膨らんだ借金を整理するのに有効な手段ですが、クレジットカードの更新日から利用ができなくなるケースがあります。

ご存知のように、債務整理をするとその貸金業者が加盟している信用情報機関に個人情報と共に事故歴が保存されてしまい、情報を共有されるのです。

有効期限があっても、利用停止措置がとられる可能性もあるので、引き落としでクレジットカードを利用しているのなら、債務整理を行う前に別の手段を用意しておきましょう。

このところ、債務整理を行って借金を整理する人も多いようです。

借金地獄の状態からは抜け出すことができますが、ブラックリストに名前が載り、クレジットカードやローンの審査に通らなくなるという欠点も当然あります。

多くの人が気にするのがブラック状態でもアパートなどの契約が問題ないのかということだと思います。

現状としては、契約可と契約不可の物件のどちらもが存在しています。

契約可能な物件の数は少なくなってしまいますが、どこかで借りられることは確実ですから、不安に思わなくても大丈夫でしょう。

当然のことですが、債務整理の対象は債務者の債務と財産です。

そのため、婚約者がいる状態だとしてもとくに問題が生じることはありません。

債務整理をしたからといって、配偶者や婚約者が返済の責任を負ったり、分担させられるなんてことはありえません。

とはいえ、債務整理をしたことを婚約者に隠したまま結婚すると、後に大きな問題に発展しやすいですから、きちんと事実を相手に話し、実際に結婚に進んだ方が良いと思います。


堅い職業の代表である公務員の場合、債務整理をしたら仕事先に確実に連絡がいくと考えている人は意外と多いものです。

しかしある特殊な状況でなければ、知られることはありません。

自己破産は別として、その他の債務整理では当事者が黙っているうちは勤務先に連絡がいくことはないので、わかりません。

ただ忘れてはならないことは、公務員共済などで債務があったりすると、そこ経由で露見する可能性はかなりあるでしょう。

自己破産や個人再生といった裁判所の判断が必要な債務整理を行う場合は、代理人になるのは認定司法書士でも不可能です。

よって司法書士は裁判所に提出する書類を作成するなどの仕事が主体となります。

たとえば裁判所に申立てに行くのも本人ということになりますし、裁判所で質問されたことには自分で答える必要があります。

また、自己破産を考えているのであれば、司法書士に依頼してしまうと、時間もかかりますし、煩雑な手続きに嫌気がさすかもしれません。

頑張っても借金返済のめどが立たずについに債務整理をしようという時は、昔は情報がなかったものですが、いまはネットで債務整理の実例や手続き方法などをいつでも簡単に調べることができ、情報面で孤立することはなくなりました。

ただ、職場や家のPCで検索すると閲覧履歴や検索履歴、アクセスログ等から借金していたことや債務整理を希望していることがばれないとも限りません。

できればスマホを使ったほうが安全です。


債務整理を弁護士や司法書士に頼む時に用意しておくべきものは、身分証明書、印鑑、持ち合わせているクレジットカード、あとは今借入をしている状況が確認できるもの全てです。

また、資産保有が証された書類も必要になることがあります。

たとえ契約書が残っていないとしても、クレジットカードが出てこなくても、調査ができないことはありませんのでそれだけで見切りをつけることはありません。

事故情報が信用機関に保存される期間というのは、概ね5年間と見込まれています。

金融業者たちが共有できるよう個人の金融情報を保存している機関が信用機関です。

個人情報の参照が必要なローンやクレジットカードの審査にあたっては、金融業者はここに照会を行っています。

ですから、債務整理をしてから最低でも5年以上過ぎていないと、住宅ローンを組むことが極めて厳しいでしょう。

債務整理を視野に入れたら、注意しましょう。

任意整理による債務整理では、返済にあたって延滞金や将来利息をカットしてもらう事ができます。

ところが、元金カットも要望する時は、非常に大変です。

交渉力の優れた弁護士や司法書士が担当についていれば減額も不可能ではないかもしれませんが、利息カットでも利益がでないのに、元金の減額を認めると債権者に損失となることは自明なので、そうそう同意は得られません。