草津 借金解決 無料相談

MENU

草津で借金解決の無料相談ならこちら

草津で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

草津で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら草津にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

草津で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして草津で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

5年ほど前の話になりますが、いくつかのキャッシングを重ねてしまい、債務の総額が300万になってしまいました。

なぜキャッシングを利用し始めたかと言うと、会社が倒産し、無職になってしまったためです。

もちろん再就職を目指しましたが、どこも採用されず、日常生活を送るためには、お金を借りるしか方法がありませんでした。

その後、しばらくして今の会社で働けるようになりましたが、給与だけでは毎月の返済が払いきれず、弁護士に依頼して債務整理をしました。

今は借金も払い終え、一般的な暮らしが送れるようになりました。

債務整理とは借金を整理することの総称で、その方法は任意整理や特定調停、あるいは個人再生や自己破産など、多くの手法があります。

よく利用されるのが任意整理です。

裁判所が関与しないので手続きが容易なこと、さらに手続きが終わるまでの期間が短い点が特徴です。

弁護士や司法書士が送った受任通知を業者が受領すれば、暫定的ではありますが、取り立て行為を止めることができます。

なお、特定調停や自己破産、個人再生で債務整理を行う場合は、まず間違いなく裁判所を通すことになります。

債務整理によって家族が不利益を被るのではと心配する人は多いです。

でも、債務整理で債務者以外の家族に問題が生じるという話は聞いたことがありません。

家族が所有する財産も債務整理の対象になったり、今後、金融機関などでお金を借りることができなくなるといったことはありえないでしょう。

けれども、もし保証人が家族の名義になっている場合は、全く事情が異なります。

こういったケースでは、保証人になっている家族が債務者の返済義務をすべて負うことになりますから、安易な債務整理は厳禁です。


たとえば個人再生や任意整理といった債務整理を行う際は、収入が安定していることが第一条件ではありますが、現状で生活保護を受けている場合は、収入とは見なされないので注意が必要です。

本来、生活保護費というのは最低限の生活を保障するためのものですから、理由はどうあれ生活保護費を借金返済に充ててしまったら、支給そのものがストップされるといった厳しい措置が待っています。

そういうわけで、生活保護費の支給を受けている期間内に債務整理を行うなら、選択肢は自己破産のみと覚えておきましょう。

住宅ローンや車のローンが残っているうちにもし自己破産をすると返済中でも契約は解除され、売った代金を返済に充てるために、家や車は売ることになります。

但し自己破産以外の個人再生や任意整理では、そういったローンの契約は継続し、支払いはこれまで通りしていかなければいけません。

ローンの返済さえできていれば返済のために売却することはないので、おそらく自己破産から来る誤った認識が広まっているのでしょう。

法務事務所や法律事務所に債務整理を依頼しようとして、引き受けてもらえないといった例がないわけではありません。

これまで債務整理を手がけたことがない司法書士や弁護士なら断る可能性はありますし、借金を作って自己破産という理由が遊興費であったりと免責不許可事由になりそうな時も断られやすいです。

断られた理由が経験の有無であれば、最近増えている債務整理に特化した弁護士事務所などにあたることをお勧めします。

近頃はネットにも情報が多く、24時間いつでも調べられます。


借金で手続きに困ったとき頼るところは、弁護士や司法書士に引き受けてもらえる法律事務所になるでしょう。

債務整理は弁護士も司法書士も依頼を受けることができるのですが、任意整理や過払い金請求を行うには、司法書士だと140万円を超える合計額では受託できないという決まりがあります。

140万円に達しないことがはっきりしていればいずれでもかまいませんが、超えるかもしれない時は弁護士に頼む方が安心でしょう。

普通は債務整理は個人個人で行いますので、プラスとマイナスの影響も本人に対してだけで配偶者や家族にはそれほど及びません。

それでも、例に当てはまらないものもあり、専業主婦なら夫が債務整理をすればクレジットカードが停止されることがありえます。

審査の基準が夫の支払い能力であるからというのがこの理由です。

それだけでなく、家族の中で同じ住所に住んでいてカードを新規に作ろうとしている人がいるなら審査に通らないこともありえます。

債務整理を行う方法に、任意整理と民事再生というものがあります。

主な相違は、元金が減るかどうかでしょう。

任意整理では債権者と債務者の話し合いで将来利息を免除して返済総額が決められ、月々の返済を行うもので、通常は借金の元金はそのままです。

その一方、民事再生の場合は返済計画案を裁判所に提示し、認可されれば元金が一部カットされ、残りを支払っていくことになります。