前橋 借金解決 無料相談

MENU

前橋で借金解決の無料相談ならこちら

前橋で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

前橋で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら前橋にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

前橋で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして前橋で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

一部の債権者を選んで借金の整理をする任意整理とは違い、任意整理以外の債務整理を選んだ場合は、全ての債権者に対する手続きをしなければなりません。

裁判所を通さない任意整理は、話し合いで互いの妥協点を探るので、場合によっては、債権者が取り合ってくれないこともあるでしょう。

弁護士事務所などを通した方がスムーズに交渉が進みますが、その時には、後ろめたくても、全ての借金の状況を伝えてください。

申告漏れがあると、後からその事実が伝わった時に、信頼関係が壊れてしまうでしょう。

仮に、債務整理の中でも任意整理や個人再生を選んだのであれば、お金を借りている債権者の同意を得る必要があります。

もし、任意整理を考えているのなら、借金を整理する対象を選び、それぞれの債権者と交渉を進めていくことになりますが、裁判所を通していないので、和解交渉に進めない場合もあるでしょう。

また、個人再生の場合、任意整理と違って一度に複数の債務を整理できますが、手続きを行った債権者の半数以上が同意しなければいけません。

当然ですが、債務整理をすると本人はブラックリストに登録されます。

ですが、身内の人が辛い思いをする可能性は低いです。

家族が所有している資産や財産はそのままですし、金融機関でローン審査をパスできなくなるようなことはありません。

でも、債務の保証人が家族になっている場合は、この限りではありません。

債務整理をした本人の借金が、保証人である家族に降りかかりますから、家族が苦しい思いをすることになります。


相談無料というのは最初のうちだけで、債務整理の手続きを弁護士等にしてもらおうと思ったら、まずは着手金を用意しなければいけません。

額に関する規定は特にありませんから、依頼先によって差はあります。

自己破産や個人再生といった手続きでは手続き終了時の報酬についても先に決まっているところが多いですし、任意整理となるとその成功報酬は和解内容次第で変わってきます。

もし自己破産による免責を受けたあとや、あるいは任意整理だとか個人再生の経験がある人でも、一般の生命保険への加入については全く問題ないです。

生命保険会社というのは加入の際に信用情報の照会をする保険会社はないですし、過去に債務整理した事実が分かることはないです。

つまり、保険料さえ払えるのでしたら生命保険加入は、債務整理の影響を受けることはないのです。

生命保険会社の個人年金保険や積立保険など、返戻金が生じる保険に加入している際は、もし債務整理をするなら、その方法や返戻金の金額次第では、解約を求められます。

例えば自己破産のケースでいうと、解約返戻金が20万円を超える保険は解約し、債務の返済にあてなければいけません。

一方、個人再生の際は、自己破産と違って解約する必要はありませんが、裁判所には解約返戻金は財産として申告しなければいけないため、返戻額次第で返済金の額が増えることはあります。

裁判所を通さない任意整理では解約する必要はなく、返済額に影響することもありません。


借金を全てチャラにできるという自己破産であっても、免責されないものも存在します。

債務整理が準拠する法律が破産法ですが、そこで非免責事項に規定されているものは支払義務がなくなることはありません。

例えば各種税金、養育費、罰金などが挙げられます。

他方、一緒に扱われがちですが、養育費は非免責事項ですが、離婚による慰謝料は免責されることもあります。

すぐにでも借金を整理したいと思ってはいるものの、所持しているクレジットカードを無くしたくなければ、債務整理の中でも任意整理によることで引き続き持っていられる可能性もあります。

任意整理では整理する債権者を好きに選ぶことができるため、持ち続けたいカード会社とは任意整理を行わず、それ以外とだけ行えば、カードは残ったままです。

けれども、任意整理を行うことで信用情報は傷つく為、カードの更新の際はそれを根拠に利用停止となる見込みが高いでしょう。

弁護士もしくは司法書士に債務整理を引き受けてもらう時、用意するものがあります。

それは、まず身分証明書と印鑑、持っているクレジットカード、それから現時点の借入状況がわかるものをありったけです。

あわせて、資産保有が証された書類を求められることがあります。

例えば契約書がもう残っていなかったり、クレジットカードがなくなっていても、調査すればいいだけのことですからまだ諦めるのは早いです。