前橋 借金解決 無料相談

MENU

前橋で借金解決の無料相談ならこちら

前橋で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

前橋で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら前橋にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

前橋で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして前橋で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

一般的に、債務整理を行うとブラックになりますが、任意整理を選んだ人ならば住宅ローンやその他のローンも組めるかもしれません。

支払いの意思を放棄しない任意整理の場合、裁判の内容が掲載される官報に名前が載ることもないでしょう。

仮に、過払い金が発生していたら、過払い金を請求できますし、そのお金で借金を払い終えることができるかもしれません。

該当者は特にブラックとして問題になるようなことはないでしょう。

時々、勘違いしている方がいるのですが、独身時代に債務整理をした人は、結婚したからといって金融機関のローンが利用できるようになる訳ではありません。

ローンなどの審査をする時、金融機関は複数の個人情報から信用情報機関をチェックします。

一般的に名寄せと言われる方法ですね。

これで分かるように、苗字だけ違っていてもブラック状態は続くと思っておいてください。

もし、任意整理や個人再生、あるいは自己破産などで債務整理をしたのなら、ある程度の時間が経過しなければ、借入するのも簡単にはいかなくなります。

こうしたブラックの状態は、どのような債務整理をしたかで解除されるまでの時間が変わります。

けれども、安定した収入が見込め、さらに、失業の心配がないのなら、貸金業者の審査基準によっては、問題なく審査をパスできるかもしれません。

なお、審査を通過しやすい債務整理の方法は、任意整理です。

次に個人再生、自己破産と続きます。


出来れば自分の力だけで返済していきたいと思う気持ちは理解できますが、どうやっても返済に行き詰ってしまった際は債務整理も視野に入れて考えてみてください。

その債務整理ですが、行う時期はいつかと言うと、返済金額が月収(手取り)の3分の1超に相当する状態が妥当な時期のようです。

任意整理の相談が来るのはこの頃に多く、生活が逼迫していなくても危険な状態と言えるでしょう。

ローンを返済中の自動車や住宅などの資産は、ローンの名義人が自己破産ということになると、その時点で返済しているローン契約は解除となり、自宅も自動車も借金の返済のために売ることになります。

但し自己破産以外の個人再生や任意整理では、そのような債務の契約は継続されるので、支払いはこれまで通りしていかなければいけません。

返済のために売却する必要はないわけで、自己破産と混同しないよう注意してください。

クレジットカードの作成や各種ローンの申し込みの時に行われる審査で重要な役割を果たすのが個人信用情報です。

時にブラックリストなどと言われますが、ここには延滞状況のほか債務整理の履歴も記録されます。

これがある間はいわゆるブラック状態でローンを新たに組むことは不可能です。

個人信用情報におけるこの記録の扱いは、自己破産の時は法律上の免責が確定した時点から、自己破産以外の債務整理を行った際はすべての返済が済んでからを基準として、最低5年位は残ると考えて良いでしょう。


概して、債務整理を行った人は全員ブラックリストに入ると言われる傾向がありますが、債務整理でも唯一ブラックにならない手段が存在し、それが過払い金請求です。

余計に払っていた利息の返還を受けるだけなので、それで完済という結果になったなら事故ではないと理解されるのです。

とは言え、発生している過払い金があっても金利の引き直しによって引き続き残債があるとすれば、ブラック入りは不可避です。

任意整理も民事再生も、債務整理を行う時の方法になります。

何が違うかと言えば、元金を減らせるかどうかという点です。

任意整理の場合は債権者と債務者が相談し将来利息を免除して返済総額が決められ、各月の支払いを行っていくことになり、概して元金が減ることはありません。

その一方、民事再生の場合はまず裁判所に返済計画を提出し、それが認められた場合に、元金が減額され、残っている金額の返済を行うことになります。

債務整理を弁護士や司法書士に頼む時に用意しておくべきものは、はじめに、身分証明書と印鑑、利用中のクレジットカード、そして現在の借入の状況を示すあらゆるものです。

その上、資産保有が証された書類も場合によっては必要です。

万が一契約書が手元になくても、クレジットカードの行方がわからなくても、調べられないことはないので諦めないでください。