奈良 借金解決 無料相談

MENU

奈良で借金解決の無料相談ならこちら

奈良で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

奈良で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら奈良にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

奈良で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして奈良で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

借金の返済が滞ったらすぐに債務整理をするのではなく、まずは今ある全ての借金を「おまとめローン」などで一本化することを優先しましょう。

そもそもの債務額は変わらないとはいえ、大きなひとつの債務として取り扱われるようになり、利息負担を軽くすることができるでしょう。

複雑になってしまった返済管理もスッキリして、バラバラだった毎月の返済を一回で済ませられるようになります。

このおまとめローンをしても返済が不可能となった時点で本当に債務整理の手続きをするのも遅すぎることはありません。

司法書士と弁護士はどちらも債務整理を請け負ってくれますが、基本的に、弁護士に依頼した方がいいかもしれません。

司法書士の場合、1社からの債務額が140万円以上という大口の債務整理には携わることを禁じられています。

しかし、弁護士であればこうした制限はありませんし、訴訟時には弁護士の方が有利だといえます。

その他にも、弁護士に債務整理を依頼すると、依頼したその日のうちに、債権者からのしつこい取り立てを止めてもらうことも期待できます。

債務整理を行うデメリットもあります。

最もよく知られているものといえば、ブラックリストに名前が載ってしまうことでしょう。

要するに、ある程度の期間はローンや借り入れといった契約ができなくなるでしょう。

具体的な期間についてですが、選んだ債務整理の違いでブラックリストに載っている期間が5年から10年の間で差があるため、一概には言えません。


どういった債務整理であれ、結果が出せるまでは手続きに時間がかかることはやむを得ません。

もし任意整理の手続きに踏み切っても、弁護士事務所や司法書士事務所といったプロに依頼し、一連の手続きに着手してから和解や免責などの成果を得るまでの期間は、最短で2か月、時には半年かそれ以上かかるパターンもあります。

手続きを開始すると、結果が出るまでの間は催促を始めとした連絡や取り立ては禁止されているのですが、訴訟を起こしてくる債権者もいます。

どういった債務整理を選ぶにしろ、手続きを開始した時点で、債権者による取り立てや連絡等の行為はピタッと止みます。

ただ、裁判所を通す個人再生や自己破産の場合は債権者全部が自動的に対象となるのですが、弁護士を介して当事者同士が交渉する任意整理では、あらかじめ選択した債権者のみに減額交渉を行います。

よって手続き対象でない借入先からの連絡、督促、取立てなどの行為は止むことはありません。

債務整理は状況によっていくつかの種類から選びますが、そのうち裁判所を介さず行えるのが任意整理です。

残る2つは個人再生と自己破産ですが、これらは弁護士だけでできるものではなく、裁判所の判断に委ねることになります。

とはいえ、必ずしも当事者が再三再四、裁判所に赴かなければいけないわけではありません。

弁護士が債務整理に当たる場合は、弁護士が依頼者の代理人となり、自己破産にしろ個人再生にしろ手続きのかなりの部分を行えるので、依頼人本人が出向く機会は減ります。


普通は債務整理は個人個人で行いますので、プラスとマイナスの影響も本人に対してだけで配偶者や家族にはそれほど及びません。

ところが、例に当てはまらないものもあり、専業主婦の配偶者が債務整理をしたとすると、クレジットカードを停止されるかもしれません。

と言うのは、夫の支払い能力を基にクレジットカードの審査がなされるからです。

他にも、家族の中で同じ住所に住んでいてカードを新規に作ろうとしている人がいるなら落ちてしまうことも否定できません。

借金の整理がしたいのは山々だが利用中のクレジットカードも失いたくないという人の場合、債務整理を任意整理という方法によって行うことで失わずに済むかもしれません。

債権者を取捨選択した上で整理していける制度が任意整理ですから、持ち続けたいカード会社とは任意整理を行わず、それ以外とだけ行えば、カードは残ったままです。

そうは言っても、任意整理自体が信用情報に傷をつけることになるので、それが原因でカード更新時に利用を止められる確率が高いです。

人生はいつでも再出発の機会があります。

債務整理をするのにその人が何歳であっても変わりません。

債務整理の代償はクレジットカードが使えなくなることとローンが組めなくなることだけで、贅沢は我慢しなければいけないものの、それ以外は通常と変わらず生活していけます。

ある程度年を重ねた方も5年が経ちさえすれば元通りに戻れるため、借金で頭を抱えているようなら債務整理を新しいスタートのきっかけにしてはどうでしょうか。