港区 借金解決 無料相談

MENU

港区で借金解決の無料相談ならこちら

港区で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

港区で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら港区にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

港区で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして港区で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

多くの人が、債務整理では弁護士などに依頼することを考えると思います。

とはいえ、無料でできるわけではありません。

借金を抱えているから債務整理したいのにという気持ちになるとは思いますが、ボランティアではありませんから、割り切りましょう。

しかし、彼らもプロですし、その点は考慮してくれるはずです。

たとえば、分割で支払ったり、支払いが債務整理後でもOKだという事務所もありますから、あらかじめ相談に乗ってもらうのが良いでしょう。

債務整理を行う場合、どれくらいの借金があるのが妥当なのかというのも、一概には言えません。

借金の総額が数十万円といった場合は、どこかでお金を借りて、返済資金に充てることもできると思います。

けれども、借金を借金で返そうとしている時点で、お金の工面には相当苦労すると思います。

返済が滞りそうだと思ったら、新たに借入をする前に弁護士などに話し、返済が続けていけそうなのか債務整理に踏み切るのか、アドバイスを貰うのが最善の方法だと思います。

債務整理を行う場合、借金をしている業者や金融機関の同意を得なければなりません。

任意整理のケースでは、借金を整理する対象を選び、ひとつひとつの債務について和解交渉をすることになります。

ですが、裁判所を通していないので、和解交渉に進めない場合もあるでしょう。

個人再生のケースでは、複数の債務が対象になります。

けれども、再生計画案に債権者の半数以上が賛成しなければ許可されません。


任意整理では比較的よく聞く話ですが、依頼時から任意整理の交渉が終了するまでの期間中、司法書士や弁護士事務所などに積立金をするといったケースがあります。

これは弁護士への報酬の支払いが主な目的です。

任意整理を開始すると債権回収業者や金融機関への債務返済がとりあえず中断されるため、返済に回すべきお金で積立をしておいて、減額交渉の折り合いがついた際に司法書士や弁護士等への報酬の支払いにあてます。

余れば返済に回すので無駄もありません。

件数そのものは以前に比べて減ったものの、特定調停と呼ばれる債務整理があります。

交渉の間に入るのは裁判所なので、任意整理とは少し違います。

どのようなものかというと、借入先に対し計算上過払い金が発生していると思われる時に選べる方法です。

それから、ここで判明した過払い金については、特定調停の場ではその性格上、過払い金請求はできませんので、あとから別途、請求します。

一度に出来ないのがもどかしいですが、借入が残っているうちは過払い金を請求できず、債務を完済している時点で請求可能となります。

弁護士や司法書士に依頼して債務整理をする際にかかる費用は、最初に必要になるのが着手金で、交渉が合意に達したり裁判で結果が出たときの成功報酬、あとは実費として交通費や印紙代等があります。

任意整理を行った際は減額できた額に応じた成功報酬が必要で、最初に成功報酬が決まっている個人再生とは異なります。

そして自己破産の場合はというと、債務の免責が許可されれば所定の金額を成功報酬として支払います。


財形貯蓄とは、月々の給与から天引きによって貯蓄を行うことです。

自己破産により債務整理を行った人は、この貯蓄額と現金で手元に置いている分の合計が法が打ち立てている上限の額以上になったら、財形貯蓄は解約して上回った分の額の処分が必要です。

さらに、基準額を超えていない場合も、裁判所に残高証明を提出しなければなりません。

この証明書は取引先金融機関か勤務先のいずれかで申請して発行してもらいましょう。

借金がパチンコや競馬などのギャンブルにより生じた場合も返せないのなら債務整理は可能です。

ですが、できるのは任意整理や個人再生といった支払総額は少なくできても返済義務は存続する方法のみとなります。

自己破産では抱えた借金全てをなかったことにできますが、ギャンブルが元の借金は免責不許可事由に当てはまってしまい、裁判所で破産申立をしようが免責される見込みは少ないでしょう。

月々の借金の返済がにっちもさっちもいかず、そろそろ債務整理をしようかと考え出した方がまず決めなければならないのは担当をどこの弁護士あるいは司法書士にお願いするかです。

多くの弁護士事務所では初回の相談が無料となっています。

無料相談での対話を通じて、信じてもいい担当者なのかどうか見定められるでしょう。

それから、法律に関する問題を抱えた人の手助けを行う公的機関である法テラスでも相談は無料となっています。