水戸 借金解決 無料相談

MENU

水戸で借金解決の無料相談ならこちら

水戸で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

水戸で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

下にあるフォームでは簡単な質問に答えていくだけで水戸近くの無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

 

水戸で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上にあるフォームを使ってあなたの状況にぴったりな弁護士事務所を探してみて下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして水戸で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

今から5年ほど前の話ですが、多重債務状態になって、債務の総額が300万になってしまいました。

なぜキャッシングを利用し始めたかと言うと、会社が倒産し、無職になってしまったためです。

不況の時でしたから、再就職も失敗し、日常生活を送るためには、お金を借りるしか方法がありませんでした。

その後、しばらくして就職先が見つかりましたが、それまでの借金の返済が苦しく、債務整理をしたという次第です。

現在は借金とは無縁の生活を送れています。

債務整理は借金の清算に有効な手段ですが、どれくらいの減額が望めるのかというのはとても気になるところだと思います。

確認方法は、依頼したい弁護士事務所や司法書士に問い合わせると良いでしょう。

でも、そこまでしてもらうのも、と後ろめたく感じてしまうこともあるでしょう。

ホームページなどでは、最適な債務整理を診断してくれるサービスがあるため、一度使ってみて、目安にしておくのも一つの手でしょう。

どのような内容であろうと、自己破産の手続きを依頼する弁護士に隠し事をするのは厳禁です。

互いの信頼関係に関わります。

自己破産というものは、そもそも、資産がなくなり、これ以上の返済が不可能だということが裁判によって立証されたということなのです。

返済能力に偽りがあれば、そもそも債務整理の意味がありませんし、債権者も怒るでしょう。

嘘をつくと周りの人にも迷惑がかかりますし、何より自分の債務整理が失敗しますから、間違っても嘘をつくようなことはしないでください。


弁護士や司法書士に依頼して債務整理をする際にかかる費用は、最初に着手金が必要で、すべての手続きが終わったあとの成功報酬、あとは実費として交通費や印紙代等があります。

もし任意整理という方法をとった場合、成功報酬は減額金額によって決められ、あらかじめ成功報酬を定めた個人再生とは区別して考える必要があります。

最後に自己破産についてですが、免責許可が下された時点で手続きが成功したことになるので、規定の成功報酬を払うことになります。

カードローンの申し込みやクレジットカード作成時の審査で金融機関が参考にするのが個人信用情報ですが、これにはかつて債務整理をしたという情報も記録されています。

この履歴が記録されているうちは原則としてカードを作ったりローンを組んだりすることは出来ないと思った方が良いです。

自己破産の場合ですと、記録は裁判所で免責が決定してから、自己破産以外の債務整理を行った際は手続き後に残った債務を完済した時から最低でも5年間残ると言われています。

これから自己破産をしようという時には、本人名義のすべての預貯金は資産説明書に記載する義務があります。

それから基本的に20万円を超える資産は保険の返戻金なども含め、すべてを債務の返済に充当するのですが、この点が他の債務整理との大きな違いです。

名義を変えたり、口座から引き出せばわかるまいとは考えないほうが無難です。

仮にどこかで発覚したとして、免責不許可といった事態になるわけですから、嘘はいけません。


住宅ローンの借り入れに際しては審査がありますが、この審査を通るためには債務整理をしてからある程度の時間が経っていて、信用情報機関に管理されている事故情報(通称ブラックリスト)から債務整理を行った記録が消去済である事が欠かせません。

どの程度の期間かといえば債務整理をした方法によってそれぞれで、もう消されたか、それともまだかの確認は任意で可能です。

もう記録が残っていなければ、マイホームのローン購入が債務整理経験者にも可能となります。

今では貸金業法に基づき、年収の三分の一を超える貸付は出来ないという総量規制があります。

と言っても、総量規制が採用される以前に三分の一をオーバーする借入をしていた人もいるでしょう。

さらに、貸金業とは別のため総量規制が適用されない銀行への借金などで、無意識のうちに年収を凌駕するような借金にまでなっているような場合も少なくありません。

そうした時は返済が容易ではありませんので、できるだけ早いうちに債務整理も視野に入れていくべきでしょう。

ここのところ、債務整理についてインターネットを通して相談を受け付けている弁護士事務所も珍しくありません。

近場でちょうどいい事務所が見つからないと気を落とさずに、とりあえずはネットを介して自分の事情を知らせてメール相談を持ちかけてみることも考えるべきです。

手続きも任意整理であれば電話と郵送で済ませることが可能なため、やる気を出して最初のステップを踏んでみましょう。