水戸 借金解決 無料相談

MENU

水戸で借金解決の無料相談ならこちら

水戸で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

水戸で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら水戸にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

水戸で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして水戸で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

たとえ、人には言い辛い内容であっても、弁護士に財産や債務をごまかしたりするようなことはNGです。

信用できないということで、弁護士が辞退する可能性があります。

債務整理のために自己破産するのは、財産がないということが証明されてこそ、行えるものです。

この前提が崩れては、自己破産はできないことは当然ですし、お金を貸していた業者も納得はしないでしょう。

嘘をつくことはデメリットしかありませんから、このようなことは考えないでください。

車を所有したまま債務整理をしたいのなら、車のローンはそのままで、任意整理などを行えば、車は手放さずに済む可能性があります。

しかし、実際に債務整理をした結果、車を残せるかどうかは、車がなければ生活が立ち行かなくなるかどうかという点で判断が変わります。

仮に車を手放すことになっても、日常生活を送るのに支障がないようならば、車を所有する許可が下りませんから、債務整理を依頼する弁護士と話し合って、なぜ車を手放せないのかという点について説得するのも良いでしょう。

もしかすると、過払い金で債務を大幅に減らすことができるかもしれません。

過払い金について知らない人がいるかもしれませんが、これは借金の返済の際に余分に払った利息のことです。

2008年の法改正以前は、罰則がないという理由で違法な高金利でサービスをしていた業者が多かったので、借りた人は業者に請求されるまま、法定外の高い利息を払っていたのです。

それを過払い金と呼んでいます。

もし過払い金が発生していたら、これを返してもらうことによって、借金の返済資金に使うことができます。


借金の滞納で既に債権者から訴訟を起こされてしまった場合でも、やろうと思えば債務整理はできるものです。

この時行われるのは基本的に裁判を起こしてきた債権者に対する交渉、つまり任意整理となり、弁護士等から受任通知を送付することにより、訴訟も取り下げになることもあり、そうなれば差し押さえなどは回避することができます。

そして交渉が進んで合意に至れば、訴訟は取消しになり、先に決めた合意内容にのっとって返済していくことになります。

成功報酬に充当するために債務整理の手続き中に司法書士や弁護士に勧められて始めた積立金は、最終的に精算してプラスがあれば、自分のところに帰ってきます。

まとまった額を積み立てる苦労はあるものの、結局は成功報酬になるので無駄ではありませんし、債務整理手続き中に浮いたお金(毎月のローン返済分)を積立にするのですから、うっかり散財しないで済みます。

弁護士との相談で金額を決めると思いますが、可能な範囲でしておいた方が良いでしょう。

任意整理にしろ自己破産にしろ債務整理をしたという実績があれば、CIC、JICC、全銀業などの個人信用情報機関に記録されます。

そうすると新規の借入れはできなくなりますし、それまで保有していたクレジットカード、キャッシングのカードなども使用停止です。

当面は新たにカードを作成することもあきらめなければいけないでしょう。

最後に契約済みの債務の扱いについてですが、内容は原則として保たれていますから、完済に向けて支払いを続けていきます。


法律の専門家である弁護士と司法書士はどちらも債務整理依頼を受けるのに先立って担当者が自分自身で必ず個別面談を債務者との間で行うことと、債務整理事件処理上の規律を取り決めた規定を日弁連が発表しています。

事前のメールや電話を介しての相談はありえますが、対面での面談なしに請け負う弁護士あるいは司法書士がいれば、面談義務に従っていないという事になります。

各自の置かれた状況によって、適しているのは債務整理なのか、あるいは多重債務を1社の新たな債務にまとめるおまとめローンなのかは変わります。

前者の場合、将来利息を付けずに返済していくことができるので、支払が必要な総額を少なくできますが、一旦は信用情報が傷つくため新しい借金はしばらく出来ないというデメリットがあります。

後者では利息の低い所を選ぶことができればやや支払う総額が減るものの、債務整理には及びません。

けれども、返済をしっかり続けられるならば信用情報に傷をつけずに済みます。

どれくらいの間、信用機関に事故情報が保存されるかというと、約5年ほどと見られています。

個人の金融情報を金融業者が分かち合うために存在する機関が信用機関です。

金融業者は、ローンやクレジットカードの審査に伴ってここに個人情報を照会します。

ですから、債務整理をしてから最低でも5年以上過ぎていないと、住宅ローンを組むことがかなり困難だと言えるでしょう。

債務整理を視野に入れたら、注意しましょう。