宮崎 借金解決 無料相談

MENU

宮崎で借金解決の無料相談ならこちら

宮崎で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

宮崎で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら宮崎にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

宮崎で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして宮崎で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

債務整理をすると本人はブラックリストに登録されますが、本人以外の家族が不利益を被る可能性は低いです。

家族に債務整理の経験者がいる場合も、ブラックになるのは本人に限った話ですから、家族は今までのように、ローンを組んだりクレジットカードを利用することも問題ありません。

ですが、この限りではないケースがあります。

仮に家族の中に、債務者の保証人として名前を貸している人がいれば、家族が本人の借金を肩代わりすることになりますから、気を付けてください。

情けない話ですが、複数の貸金業者を利用した結果、総額で300万円もの借金を負ったことがあります。

借入のキッカケは、勤めていた会社が倒産したことです。

再就職も難しく、生活するためにキャッシングを利用せざるを得ない状況でした。

しばらくしてから今の会社で働けるようになりましたが、借金は減るどころか滞納状態が続いたため、結果的に債務整理で借金を処分しました。

現在は借金とは無縁の生活を送れています。

抱えきれなくなった借金を整理するのに有効な債務整理ですが、残念ながらデメリットもあります。

よく言われるのが、ブラックリストに名前が載ってしまうことでしょう。

これによって、一定の期間は金融機関からのローンや借り入れができなくなってしまいます。

この期間についてですが、選択した債務整理の方法によってブラックリストに載っている期間が短ければ5年、長ければ10年と違うことに留意しておきましょう。


認定司法書士というのは法務大臣の認定を受けた者で、この認定がなければ案件として債務整理を引き受けることはできません。

また、司法書士が扱う任意整理は手続きをする際に債権者1社あたりの債務の金額が上限140万円までという制限があります。

もうひとつの違いは代理人です。

自己破産や個人再生を行う場合、弁護士が債務者の代理人になれるのに対し、認定を受けた司法書士でも代理人に指定することは不可能ですので、債務者自身が裁判所に行き、やりとりも自分でしなければいけません。

報酬等に充てるべく、任意整理や個人再生を依頼した時から弁護士事務所にせっせと積み立ててきたお金は、成功報酬の精算が済んだあとは自分のところに帰ってきます。

借金を抱えているのに積立なんてと思うかもしれませんが、債務整理後にローンの返済と弁護士への成功報酬支払いが被るのはきついですし、債務整理手続き中に浮いたお金(毎月のローン返済分)をつい使ってしまったなんてことにもなりません。

弁護士との相談で金額を決めると思いますが、可能な範囲で行っておくことをお勧めします。

債務者が支払不能になるおそれがある時に、過払い金を利息制限法に従って再計算し、今の債務額と相殺を行うことを目指す債務整理のことを特定調停と言います。

ちなみに過払いした額が債務の額より多い場合は、すでに利息制限法に基づいて計算し合意に達していることから、返金請求できず、単に負債が無くなるというだけです。

過払い金額の方が多そうだというのであれば、特定調停は避け、過払い金請求を行うほうが実益があると言えます。


弁護士や司法書士に債務整理を引き受けてもらいたいと思っているけれども、費用を確保するのが困難であれば例えば法テラスの相談対応を受けてみるのはどうでしょうか。

法テラスは公的機関のひとつで、法律上の問題に対して力を貸してくれます。

借金についての相談は無料で行っていますし、困窮している人には民事法律扶助制度に則って、債務整理を弁護士または司法書士に依頼する際の経費を一時的に立て替えるという対応もしています。

借金を全てチャラにできるという自己破産であっても、一部の支払義務からは解放されません。

債務整理が基づく法律が破産法ですが、非免責事項としてその中に載っているものは支払義務が消えません。

具体例としては各種税金、養育費、罰金などが挙がります。

他方、似たような扱いがされそうに思えますが、養育費は非免責事項ですが、離婚で発生した慰謝料は免責になる場合があります。

財形貯蓄とは、月々の給与から天引きによって貯蓄を行うことです。

債務整理を自己破産で行うと、この貯金額と手元に所持しているお金の合計が法が打ち立てている上限を超えると、財形貯蓄は解約して上回った分の額の処分が必要です。

なお、たとえ超過していないとしても、残高証明を裁判所に提出しなくてはいけません。

入手するには、取引先金融機関か勤務先のどちらかで申請して発行してもらってください。