三次 借金解決 無料相談

MENU

三次で借金解決の無料相談ならこちら

三次で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

三次で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら三次にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

三次で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして三次で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

家族には借金のことを知られたくありませんでしたから、任意整理を行って借金を処分する予定でしたが、すでに借金がかさんでいましたから担当の弁護士から個人再生を勧められる状態でした。

趣味の車は処分されましたが、家をそのままにできたのは嬉しかったですね。

思っていたより多くの借金を減額してもらえましたし、家族に対して借金のうしろめたさを感じず済むようになったので、スッキリした気持ちです。

借金問題の解決に債務整理は有効ですが、実際にどれくらいの減額が望めるのかというのは誰もが興味を持つところではないでしょうか。

これを把握したい場合、依頼したい弁護士事務所や司法書士に問い合わせると良いでしょう。

でも、少しハードルが高いですよね。

そんな人は、インターネットで債務整理のシミュレーションができるものもあるため、こうしたサービスを使ってみるのも良いでしょう。

自営業の人が債務整理をした場合には、注意点があります。

個人再生を行った段階で、現金化されていない売掛金があると、資産扱いとして処理されます。

例を挙げて言うと、債務が1000万円の人の場合、個人再生で債務を整理した結果、200万円まで減額されると思います。

しかし、100万円の売掛金が残されているとして、5分の1は債務に上乗せされるため、合計220万円の債務となります。


件数そのものは以前に比べて減ったものの、任意整理と個人再生の中間のような特定調停という債務整理があるのをご存知でしょうか。

簡単にいうと、返済中の借入先に対し過払い金が生じている時に効果を発揮する債務整理です。

それから、ここで判明した過払い金については、特定調停の場ではその性格上、過払い金請求はできませんので、別途請求することになります。

債務が残っているうちは過払い金請求はできず、債務を完済している時点で請求可能となります。

仮に自己破産で免責決定がくだされたあとでも、個人再生、過払い金返還、任意整理などを行った実績があっても、生命保険や医療保険への加入は自由に行えます。

医療保険や生命保険の加入では健康調査はあっても、銀行や信販会社のように個人信用情報を確認することはないので、どのような債務整理をしようと、保険会社がそれを知ることはないです。

つまり、毎月の保険料の支払いが可能であれば、生命保険自体は、債務整理の影響を受けることはないのです。

自己破産の手続きを開始すると、申し立てした日から免責が確定するまでの間は資格を停止されたり、一部の職種に就くことが制限されます。

たとえば弁護士、税理士、司法書士などです。

それらの業種や資格保有者については、裁判所に自己破産の申し立てを行った時から破産手続きの終了までは当該職種で働くことは禁じられています。

ただし、自己破産以外の債務整理の場合は、資格や職業の制限はありませんから、自己破産ならではの特徴といえます。


弁護士や司法書士に債務整理を引き受けてもらいたいと思っているけれども、費用を確保するのが困難であれば例えば法テラスの相談対応を受けてみるのはどうでしょうか。

法テラスは公的機関のひとつで、法律上の問題に対して力を貸してくれます。

借金についての相談は無料で行っていますし、困窮している人には民事法律扶助制度に則って、債務整理を弁護士または司法書士に依頼する際の経費を一時的に立て替えるという対応もしています。

借金を全てチャラにできるという自己破産であっても、一部の支払義務からは解放されません。

債務整理が基づく法律が破産法ですが、非免責事項としてその中に載っているものは支払義務が消えません。

具体例としては各種税金、養育費、罰金などが挙がります。

他方、似たような扱いがされそうに思えますが、養育費は非免責事項ですが、離婚で発生した慰謝料は免責になる場合があります。

財形貯蓄とは、月々の給与から天引きによって貯蓄を行うことです。

債務整理を自己破産で行うと、この貯金額と手元に所持しているお金の合計が法が打ち立てている上限を超えると、財形貯蓄は解約して上回った分の額の処分が必要です。

なお、たとえ超過していないとしても、残高証明を裁判所に提出しなくてはいけません。

入手するには、取引先金融機関か勤務先のどちらかで申請して発行してもらってください。