本巣 借金解決 無料相談

MENU

本巣で借金解決の無料相談ならこちら

本巣で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

本巣で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら本巣にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

本巣で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして本巣で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

一度でも債務整理をした人は、今後の借入ができるかどうかは、重要な問題です。

実のところ、法律では特に禁止されていないため、借入が不可能になるということもありません。

ですが、銀行のローンや多くの消費者金融からお金を借りることはほぼ無理だと思っておきましょう。

でも、法律で制限されている訳ではないので、小さい金融機関であれば、場合によってはキャッシングが可能なこともあるので、まずは一度確認してみましょう。

処分する借金を、債権者ごとに選択できるのが任意整理です。

これにより、お持ちの携帯電話会社を債務整理の対象から外しておけば、今の携帯電話を持ち続けることもできるでしょう。

なお、機種変更や新規契約については今まで通り行えますが、分割で支払うことは難しくなるため、携帯電話の機種代金は一括で支払わなければなりません。

けれども、これまでに携帯電話の料金が未納になっているのなら、そもそも契約自体ができないでしょう。

任意整理の場合、債務の一部を清算することになりますが、自己破産や個人再生のケースでは、全ての借金をまとめて整理することになります。

裁判所を通さない任意整理は、債権者との話し合いで和解を進めていきますから、債権者が和解交渉を拒否することも珍しくありません。

司法書士や弁護士などの債務整理のプロが間に入った方が手続きは早いですが、もし、弁護士などに依頼するのなら、債務の詳細をすべて申告しましょう。

秘密にしたままでは、信頼できないと思われ、債務整理が上手くいかなくなるかもしれません。


自己破産、個人再生、任意整理といった債務整理は、本人が処理できないこともないのですが、どの弁護士に聞いても無理だと答えるはずです。

たとえば任意整理を行う際も個人の話で債権者が納得するわけがないですし、大幅な減額を見込んだ個人再生を行う時も、必要書類を自分で書き起こすわけですが、未経験者にできるものではありません。

自己破産の場合は個人の申し立てを事実上受け付けない裁判所もあります。

ですから債務整理というのはやはり司法書士や弁護士を頼んで処理してもらう方が良いでしょう。

近頃はあまり見かけませんが、任意整理と個人再生の中間のような特定調停という債務整理があるのをご存知でしょうか。

債務が残っている借入先について、払い込み済みのお金で過払い部分があるときに効果が出るやりかたです。

過払い金の返金が気になるでしょうが、特定調停以降にあとから請求を行います。

債務が残っているうちは過払い金請求はできず、一切の返済が済んでから行うことになります。

一般人と同様、司法書士や弁護士も経験値が少ないのに債務整理を手がけるのは非常に難しいです。

個人の債務整理については素人同然の弁護士などにも遭遇しますし、考えなしに依頼するのではなく、きちんとした結果が期待できる弁護士を見つけなければいけません。

近頃は債務整理専従という弁護士事務所なども珍しくなく、「専門家に頼んだのに上手くいかなかった」というのはもはや昔の話になりました。


借金を整理するための債務整理の中にも方法を選ぶことができます。

希望は延滞損害金や利息のカットのみで元金は支払い続けられるのか、元金を減らせないと駄目なのか、そもそも金額は関係なしに支払い自体続ける事が不可能なのか。

状況が人によりけりなのでちょうどいい方法を選ぶことになるでしょう。

手続きを自分で行うという手もあるにはありますが、心もとなく思うようなら専門知識を持つ弁護士や司法書士がよい相談相手になりますよ。

名字が結婚や離婚で変わった時、債務整理の記録がゼロになるという事はありません。

クレジットカードなどを新しく申し込むとき書類上に旧姓を書く欄がある事も珍しくありませんし、氏名だけで本人確認がされるわけではありません。

たとえ審査に通過できたところで、それから債務整理の記録が明らかになり次第、カードが停止されたり返還しなければならなくなる事も否定できません。

現在発生している利息と将来利息を免除してもらい元金だけを残して返済を行う方法が、任意整理という債務整理の手段の一つになります。

債権者に掛け合って、和解が成立すれば、支払総額から利息分が差し引かれることで、月に返済する額を小さくすることが可能です。

もし元金も減額してもらわないとどう考えても返済に苦しむようなケースでは、別途個人再生という方法をとって債務整理を行う事になります。