本巣 借金解決 無料相談

MENU

本巣で借金解決の無料相談ならこちら

本巣で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

本巣で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら本巣にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

本巣で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして本巣で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

きちんと債務整理を完了したとしても、しばらくの間は、クレジットカードの申請や利用、あるいは金融機関のローンの審査に受かることは簡単にはできなくなります。

なぜかと言うと、債務整理者は事故アリということで、ブラックリストに登録されてしまうためです。

この状態は、少なくとも5年間は続くとされていますから、この期間は金融サービスを受けることは諦めましょう。

借金がかさんで債務整理を考えていたのですが、家族に発覚することが不安でした。

本当は任意整理をして債務額を減らそうとしたのですが、債務額が大きかったので弁護士と相談して個人再生を行いました。

趣味の車は処分されましたが、家をそのままにできたのは有難かったです。

思っていたより多くの借金を減額してもらえましたし、家族に嘘をつかなくてもよくなったので、債務整理をして良かったです。

任意整理で借金を清算したケースでは、弁護士などが和解契約を行い、債務額を減らした状態で月々の支払いを続けます。

この最中に何らかの事情で金銭的な余裕が出たのであれば、残りの債務を一括で返済したり、繰り上げて返済することもOKです。

任意整理した際に、司法書士や弁護士などに手続きをお願いしていたのなら、ご自身が債権者に返済についての連絡を入れるより、担当者から問い合わせてもらった方が良いでしょう。


もし自己破産による免責を受けたあとや、個人再生や任意整理といった債務整理をしたあとでも、医療保険、生命保険といった保険の加入は何の制限も受けません。

保険や共済といったものは申し込みの際にCICやJICCなどの個人信用情報を参照することはないですし、過去に債務整理した事実が分かることはないです。

つまり、保険料さえ払えるのでしたら生命保険加入は、特に債務整理の影響を受けることはまずないです。

いくら相談は無料といっても、債務整理の手続きを弁護士等にしてもらおうと思ったら、まずは着手金を用意しなければいけません。

金額は決まっていませんので、事務所によって違います。

自己破産や個人再生といった手続きでは先に成功報酬の金額が固定で分かっていることが多いですが、任意整理となるとその成功報酬は和解内容次第で差があります。

支払いが軽減できると言われて債務整理を依頼したのにも関わらず、支払い総額が却って増えたという恐ろしい話も耳にします。

おそらく、儲け第一主義の法務事務所や法律事務所にひっかかったケースです。

任意整理で寄せられた相談の中にもそういった例はあります。

和解で30万円の減額に成功した際、50万もの依頼料をとるというのは、おかしな話です。

おかしな業者に狙われないためにも、費用に関する疑問は最初に教えてもらい、金額表示が明朗なところに依頼すべきです。


財形貯蓄とは、月々の給与から天引きによって貯蓄を行うことです。

自己破産により債務整理を行った人は、この貯蓄額と現金で手元に置いている分の合計が法が打ち立てている上限の額以上になったら、財形貯蓄は解約して上回った分の額の処分が必要です。

さらに、基準額を超えていない場合も、裁判所に残高証明を提出しなければなりません。

この証明書は取引先金融機関か勤務先のいずれかで申請して発行してもらいましょう。

借金がパチンコや競馬などのギャンブルにより生じた場合も返せないのなら債務整理は可能です。

ですが、できるのは任意整理や個人再生といった支払総額は少なくできても返済義務は存続する方法のみとなります。

自己破産では抱えた借金全てをなかったことにできますが、ギャンブルが元の借金は免責不許可事由に当てはまってしまい、裁判所で破産申立をしようが免責される見込みは少ないでしょう。

月々の借金の返済がにっちもさっちもいかず、そろそろ債務整理をしようかと考え出した方がまず決めなければならないのは担当をどこの弁護士あるいは司法書士にお願いするかです。

多くの弁護士事務所では初回の相談が無料となっています。

無料相談での対話を通じて、信じてもいい担当者なのかどうか見定められるでしょう。

それから、法律に関する問題を抱えた人の手助けを行う公的機関である法テラスでも相談は無料となっています。