長野 借金解決 無料相談

MENU

長野で借金解決の無料相談ならこちら

長野で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

長野で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら長野にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

長野で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして長野で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

ご存知のように、任意整理は弁護士などが和解契約を行い、債務額を減らした状態で月々の支払いを続けます。

この時に臨時収入などで返済資金に余裕がでた場合、繰り上げ返済で返済期間を短くしたり、一括ですべて払い終えることができます。

もし任意整理を専門家に依頼していた場合は、債権者への連絡は、担当の弁護士などに頼んだ方が良いでしょう。

債務整理手続きを取るには、専門家にお願いすることが一般的です。

タダというわけにはいかないので、そんな金銭的余裕はないと思っている方も多いようです。

しかし、こうした弁護士や司法書士に払うお金は、債務整理後に分割払いなどで払うことが可能です。

弁護士に依頼したその時に請求される、というようなことは、まずありえませんから、金銭的な心配はあまり必要ないでしょう。

自営業の人が債務整理をした場合には、注意点があります。

個人再生を行った段階で、現金になっていない売掛金がある場合、資産扱いとして処理されます。

1000万円の債務がある自営業者のケースでは、債務整理で個人再生をしたら、借金の総額を5分の1の200万円にすることが可能です。

しかし、売掛金として100万円がある場合は、5分の1は債務に上乗せされるため、合わせて220万円を返済しなければならないでしょう。


任意整理の場合、減額後も債務そのものは残りますから、返済しなければなりません。

やっと債務整理の手続きが終わっても、思ったほど減額されなかったりする例も少なからずあるみたいです。

そんなことにならないためにも、債務整理に踏み切る場合は充分な検討が必要です。

債務整理に関する相談を無償で受け付ける弁護士事務所なども存在しますし、ウェブなどで探してみると良いでしょう。

堅い職業の代表である公務員の場合、債務整理をしたらぜったい職場にばれると考えている人は意外と多いものです。

しかしある特殊な状況でなければ、知られることはありません。

自己破産は別として、その他の債務整理では手続き後も自分から話さなければ勤務先に連絡がいくことはないので、わかりません。

しかし公務員ならではの共済組合などでも借入が残っていたりすると、少しタイミングがずれますが、そこから知られる可能性は大です。

勇気を出して決めた債務整理なのに、弁護士(司法書士)の仕事に進捗が見られず、作業依頼をやめたいと思ったときは、よく契約でいう「解約」の代わりに「解任」の手続きが不可欠です。

解任せずにほかの弁護士等と委任契約してしまうと、受任通知の二重送付にもなり、揉める原因にもなります。

解任手続きは難しいことではありませんから、必ず解任し、あらためてほかのところに依頼してください。


自己破産、民事再生、任意整理はひっくるめて債務整理と呼ばれはしますが個々に独自のメリットを持っています。

自己破産については借金全てから自由になりゼロからスタートを切れます。

続いて民事再生は住宅ローンは対象外ですがそれ以外の借金について元金の圧縮が可能で、家などの資産は守ることができます。

最後に任意整理は債権者と交渉することで毎月の返済額が取り決められ、それだけでなく取引の際の金利や期間次第で過払い金を取り戻せることがあります。

一人一人の事情に応じて、債務整理かおまとめローン(何社かから借金をしているものを1社に統一する)のどちらの方法が適しているかは違いがあります。

将来利息のカットにより、最終的に支払わなければならない総額を減らすことができるのが前者のメリットですが、信用情報に傷がつくことで新たな借金はそれが回復するまで無理というデメリットが考えられます。

一方、後者の場合には借り替えで利息を下げられれば支払い総額の減少が少しは見込めますが、債務整理には引けをとります。

ですが、ちゃんと支払いができるなら信用情報に傷がつく心配はありません。

借金の元がパチンコや競馬などギャンブルである時も債務整理はできなくはありません。

そうは言っても、任意整理や個人再生といった支払総額は減額できますが返済の義務がなくなるわけではない方法だけです。

自己破産では抱えた借金全てをなかったことにできますが、借金がギャンブルで生じたものだと免責不許可事由に当たりますから、裁判所に破産の申立をしたところで免責される見込みは少ないでしょう。