新潟 借金解決 無料相談

MENU

新潟で借金解決の無料相談ならこちら

新潟で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

新潟で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

下にあるフォームでは簡単な質問に答えていくだけで新潟近くの無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

 

新潟で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上にあるフォームを使ってあなたの状況にぴったりな弁護士事務所を探してみて下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして新潟で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

債務整理は時間がかかるものですから、終わるまで数ヶ月を見た方が良いでしょう。

ですが、債務整理の期間は延滞損害金や金利が増えるようなことはないでしょう。

債務整理の中でも個人再生や任意整理を行った場合は、自己破産と違ってまだ返済可能だと判断された債務が残っています。

残った債務は金利がかかりませんが、仮に返済日を遅れてしまうようなことになると、間違いなく延滞損害金が追加されます。

また、一括で請求されることもあるので、十分注意しておきましょう。

抱えきれなくなった借金を整理するのに有効な債務整理ですが、残念ながらデメリットもあります。

有名なところでいえば、金融事故歴アリとして信用情報機関に登録されることです。

これによって、一定の期間は金融機関からのローンや借り入れができなくなってしまいます。

一口に債務整理といっても、その方法は任意整理や個人再生などの種類があり、どのような方法で債務整理を行ったかでブラックリストに載っている期間が短ければ5年、長ければ10年と違うことに留意しておきましょう。

債務整理は個人の債務を整理するものですから、婚約者がいようと気にする必要はありません。

債務整理したことで、相手に返済義務が譲渡されるなんてことはありえません。

けれど、これは法律上の話ですから、婚約者がどう思うかは分かりません。

しっかりと婚約者と話し合って結婚へ進みましょう。


以前、自己破産で免責の決定を受けた過去があっても、あるいは任意整理だとか個人再生の経験がある人でも、一般の生命保険への加入については特に支障ありません。

生命保険会社というのは加入の際に個人の信用情報を利用することはありませんから、あえて問い合わせでもしない限り、債務整理をしたかどうか確認する術もなく、事前にそれを確認する必要もありません。

月々の保険料さえ払えるのなら生命保険の契約自体は、加入者ないし被保険者のどちらが債務整理を行っても、その影響は受けません。

普通、貸与型の奨学金を受ける場合は親が連帯保証人で親族が保証人になるケースが多いですが、債務整理をした人が保証人になると、奨学生本人に落ち度がなくても、審査に通らない可能性があります。

不安であれば、保証機関に連帯保証をしてもらうと、連帯保証人や保証人を頼まなくても貸与型奨学金を申し込むことが可能です。

毎月の奨学金から保証料が差し引かれるので振込額は若干減ります。

あらためて計算しなおした過払い金を債務と相殺するために行うのが特定調停です。

けれども過払いの部分が債務を上回るときは、この調停の場合は返金請求できず、単に負債が無くなるというだけです。

計算して、過払い金がそれなりにあると明らかな時は、こうした特定調停はやらずに、返還を求めて過払い金請求をするべきです。


債務整理をするにあたっては、債権者に返済を終えた借金のうち過剰に支払っていた利息を返還請求できる「過払い金返還請求」があります。

この請求を行うには、その当時の借金額や取引の履歴が残った書類があるといいでしょう。

取引履歴を点検することで、利息を正確に算出できるので、多く支払われていた利息を返還請求することが認められます。

債務整理を弁護士や司法書士に任せたいにも関わらず、費用を確保するのが無理そうだという場合はまず法テラスへ行って相談してみましょう。

公的機関である法テラスは、法律上の問題で悩んでいる人をサポートしてくれます。

料金不要で借金に関して相談を受けていたり、収入の少ない方へは民事法律扶助制度に則って、弁護士や司法書士への依頼に必要な経費を一旦肩代わりし、その後返済していけばよいという形をとってくれます。

過去に債務整理を行っている人が、 二度目の債務整理をしようとすると、一回目にとった債務整理の方法次第で別の手続きになります。

まず、個人再生と自己破産のどちらかを行った人なら、債務整理をもう一度するには7年以上待つ必要があります。

一方、任意整理であれば期間は制限されません。

大抵は二度目の債務整理というと一度目と比較しても認可されにくいもので、特に二回目に行う自己破産は非常に手強くなります。