新潟 借金解決 無料相談

MENU

新潟で借金解決の無料相談ならこちら

新潟で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

新潟で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら新潟にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

新潟で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして新潟で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

もし債務整理をしたとしても、家族に悪影響が出ることはありません。

もし、家族の中で債務整理をした人がいたとしても、ブラックとして扱われるのは本人だけです。

ですから、まわりの家族は住宅ローンやクレジットカードの審査にパスすることもできるでしょう。

ただし、そうとは限らない場合があります。

もしも家族の中に、債務者の保証人として名前を貸している人がいれば、家族が本人の借金を肩代わりすることになりますから、気を付けてください。

債務整理を依頼する弁護士の選び方としては、価格と実績を中心に考えるのをおススメします。

でも、料金についてはよく確認しておかないと、一見すると手付金は安くても、それ以外の費用が高くついてしまうところもあるのです。

ネットの評判などを参考にして評判の良い事務所を探しましょう。

そして、無料相談で直接話せる機会を作り、事務所や弁護士の説明に納得してから、実際に依頼をすると良いでしょう。

自営業の人が個人再生で債務整理をした時に、現金化されていない売掛金があると、財産として扱われます。

1000万円の債務がある自営業者のケースでは、個人再生を行って、債務総額を5分の1にできるので、結果的に200万円の債務になります。

ただ、売掛金として100万円がある場合は、100万円の5分の1の20万円を加算した結果的に220万円を支払う必要があります。


債務に対する金利や遅延損害金等は、依頼を受けた法律事務所などから「この債務の整理をこれから進めます」という意味の書類を債権者に発送すると、貸金会社や債権回収会社にそれが到着した日から生じなくなります。

ただし、返済がストップして以降、その時点までの遅延損害金がかなり膨らんでいる可能性も考慮しなければなりません。

債務整理の中でも任意整理を行っている最中でしたら交渉を行い、そういった部分はカットしてもらうよう要請します。

債務について利息制限法に基づいて過払い金を計算しなおし、残債と相殺する債務整理のことを特定調停と言います。

ただ注意すべきことに、過払い額が負債額より大きいときはこの調停の場合は返還は望めず、単純に借金がなくなるだけです。

ですから過払い金の額のほうがどう見ても多いと解っているのだったら相殺目的の特定調停などはせず、返金が見込める過払い金請求のほうが効果的です。

法務事務所や法律事務所に債務整理を依頼しようとして、受け付けてもらえないケースがあります。

例えばそこの事務所で債務整理の取扱いをしていない時や、もし自己破産で借金ができた経緯がもとで免責決定が得られそうにないときなどが考えられます。

もし前者であれば、債務整理で実績を上げている法律事務所などをあたってみると良いでしょう。

PCで検索もできますが、スマホを使えばプライバシーも保てる上、いつでも効率良く見つけることが可能です。


自己破産、民事再生、任意整理は全て債務整理とは言うものの何がメリットか一つ一つ異なります。

自己破産については借金全てから自由になりまっさらな状態から再スタート出来ます。

民事再生であれば住宅ローンを除く借金の元金を圧縮することができ、家などの資産については引き続き保有できます。

そして任意整理は各月の返済額は債権者と相談の上で決まり、加えて借金の利率や借りていた期間次第では過払い金を返還してもらえる場合もあります。

債務整理をしたことがある人は今後は借金をすることが不可能になるかといえばそれは違います。

事故情報がブラックリストから抹消済みなら新しい借金ができる場合もあります。

しかし、ちょうど任意整理を行っているところに借金を繰り返そうとする事は何よりもいけません。

借りようとする事がもはや無謀な上、それを担当弁護士あるいは司法書士に知られた暁には、その後サポートしてくれなくなることも否定できません。

全ての債務整理は手続きを独力でこなす事も不可能ではありませんが、そのやり方は極めて面倒です。

かつ、任意整理に際しては債権者との間で直接交渉を行わなければならないので、ずぶの素人を相手にしていることが知られると交渉しづらくなることもあるでしょう。

コストはかかるものの、弁護士もしくは司法書士に請け負ってもらうのが最も手続きがすんなり済むでしょう。

費用の相談は法テラスで聞いてもらう事もできます。