新座 借金解決 無料相談

MENU

新座で借金解決の無料相談ならこちら

新座で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

新座で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

下にあるフォームでは簡単な質問に答えていくだけで新座近くの無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

 

新座で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上にあるフォームを使ってあなたの状況にぴったりな弁護士事務所を探してみて下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして新座で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

当時は家族に借金のことを隠していましたから、任意整理で借金を処分したかったのですが、すでに借金がかさんでいましたから最終的に個人再生を選びました。

所有していた車は趣味の範囲ということで処分を求められましたが、自宅を残すことができたのは嬉しかったですね。

借金の負担が大幅に軽減されましたし、家族に嘘をつかなくてもよくなったので、スッキリした気持ちです。

借金が膨らみ、自己破産や個人再生をしたのであれば、名前と住所が官報に載ります。

あまりなじみのない官報ですが、これは国の機関誌で、自己破産ならば二度掲載されますし、個人再生をした場合は三度掲載されます。

公告期間は1ヶ月あるのですが、身近なものではありませんし、知り合いに閲覧される心配は、ほとんどありません。

もし任意整理を行ったのなら絶対に公告されません。

借金が増えすぎた場合は債務整理が有効な手段ですが、どれくらいの借金からというのは、一概には言えません。

借金の総額が数十万円といった場合は、他の業者などで融資を受け、以前の借金を支払うという方法も、不可能ではないでしょう。

しかし、借金を重ねているという点から見ると多重債務者であり、お金の工面には相当苦労すると思います。

返済が滞りそうだと思ったら、新たに借入をする前に弁護士などに話し、実際に債務整理しなければならない状態なのかを客観的に見てもらう方が結果的には良いと言えます。


借金の滞納で既に債権者から訴訟を起こされてしまった場合でも、やろうと思えば債務整理はできるものです。

この時行われるのは基本的に裁判を起こしてきた債権者に対する交渉、つまり任意整理となり、弁護士等から受任通知を送付することにより、訴訟も取り下げになることもあり、そうなれば差し押さえなどは回避することができます。

そして交渉が進んで合意に至れば、訴訟は取消しになり、先に決めた合意内容にのっとって返済していくことになります。

成功報酬に充当するために債務整理の手続き中に司法書士や弁護士に勧められて始めた積立金は、最終的に精算してプラスがあれば、自分のところに帰ってきます。

まとまった額を積み立てる苦労はあるものの、結局は成功報酬になるので無駄ではありませんし、債務整理手続き中に浮いたお金(毎月のローン返済分)を積立にするのですから、うっかり散財しないで済みます。

弁護士との相談で金額を決めると思いますが、可能な範囲でしておいた方が良いでしょう。

任意整理にしろ自己破産にしろ債務整理をしたという実績があれば、CIC、JICC、全銀業などの個人信用情報機関に記録されます。

そうすると新規の借入れはできなくなりますし、それまで保有していたクレジットカード、キャッシングのカードなども使用停止です。

当面は新たにカードを作成することもあきらめなければいけないでしょう。

最後に契約済みの債務の扱いについてですが、内容は原則として保たれていますから、完済に向けて支払いを続けていきます。


到底支払いができないような借金を整理するための手段が債務整理ですが、唯一整理できないのが各種税金です。

自己破産について規定している破産法にも租税請求権は免責されない旨が明記されています。

国民の三大義務でもある納税義務ですから、自己破産をしたから免除というわけにはいきません。

とは言え、現状を役所で訴えて場合によっては分納を考慮してもらえる事があります。

任意整理においては関係が無く、個人再生においては甘い基準なので、問題とされることがそうそうないものの、自己破産により債務整理を行う人は、禁止事項の一つに財産隠しがあります。

破産申立の時に所持が許される現金と資産は法律でその上限が決まっています。

基準以上の分は処分することが求められますが、隠していた事が露見した時は免責が不許可になるのに加えて場合によっては詐欺罪に問われかねません。

債務整理を任意整理で行おうという人は、返済時に延滞金や将来利息のカットを受ける事ができます。

ですが、元金を減額してもらおうとすると、極めて難関です。

担当弁護士や司法書士の交渉力によっては減額も不可能ではないかもしれませんが、元金の減額を受け入れた場合、明らかに債権者にとっては損になりますから、なかなか聞き入れないでしょう。