岡山 借金解決 無料相談

MENU

岡山で借金解決の無料相談ならこちら

岡山で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

岡山で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら岡山にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

岡山で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして岡山で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

クレジットカードはとても便利なものですが、買い物に使い過ぎたら借金地獄に陥る可能性があります。

この場合、債務整理をすれば、元の債務や利息を減らしてもらったり、月に支払う返済額を支払できる額に修正して可能な範囲で返済を続けることができます。

けれども、実際に債務整理をするとクレジットカードは使えませんし、カードで購入したものを会社が引き上げるケースがあります。

債務整理は借金地獄から抜け出す救済手段ですが、一定の期間、JICCやCICに代表される信用情報機関が、この情報を保存します。

ちなみに、保存期間ですが、JICCの場合は任意整理、自己破産、個人再生であれば約5年、CICは、自己破産に限って約5年の記録が残りますが、別の方法で債務整理を行っている場合、情報は登録されないようです。

いずれの情報機関でも、情報が残っている間はローンやキャッシングが使えないといったことが考えられます。

簡単な手続きでお金を融資してくれるキャッシングはとても便利なものですが、返済能力を超えた使い方は厳禁です。

使い過ぎて借金が多額になったら、返済も困難になります。

こうして追いつめられてしまった際に助けになるのが債務整理です。

債務整理には個人再生や任意整理、自己破産などの種類がありますが、状況に応じて上手く選択すれば、返済の負担や借金の減額を許可されて、完済に向けて再スタートが切れます。


せっかく債務整理を依頼しても、肝心の弁護士がいまいち信頼できず、委任関係の解消を希望する際は、「解任」ということになります。

簡単な手続きですが、うっかり見落としてほかの弁護士等と委任契約してしまうと、債権者に二か所から受任通知が届くことになり、トラブルを招きかねません。

元々依頼した法務事務所との契約はきちんと解約して、ほかのところに依頼してください。

堅い職業の代表である公務員の場合、債務整理をしたらいずれ職場に分かってしまうだろうと考えがちですが、知られるのは一部のケースだけです。

債務整理でも自己破産以外では、自分自身から打ち明けたりしなければ会社に知られる可能性はありません。

しかし公務員だと、共済会などからローンを借りていて債務が残っている場合には、そこから上に知られることはあります。

裁判所の判断が必要な自己破産や個人再生では、すべての債権者が債務整理の対象になるのですが、借入先ごとに1件ずつ手続きするのが任意整理です。

したがって全部の借入先に対して交渉するのではなく、総じて減額量の大きいと見込まれる相手を選んで行います。

そんなに債務がないことがわかっている借入先まで交渉に含めると、手続きしてくれた司法書士や弁護士に払わなければならない依頼料が嵩み、減額と釣り合わなくなってしまいます。


心が休まらない借金だらけの暮らしから自由になる手段の一つに債務整理があります。

債務整理には任意整理、民事再生、自己破産という3種の手続きがあり、全部まとめて債務整理と言います。

加えて過払い金請求も含んで債務整理と言うこともあります。

それぞれの手続きで形式が違いますから、下調べを忘れずに行い、差し当たりの状態にちょうどいい方法をチョイスして、良い結果となる借金の債務整理にしましょう。

一人一人の事情に応じて、債務整理をするべきか、それとも多重債務を一本化するおまとめローンをするべきかは違いがあります。

まず前者の場合は、将来利息の支払いが免除となることで支払い総額が減少しますが、一旦は信用情報が傷つくため新しい借金はしばらく出来ないというデメリットがあります。

後者では利息の低い所を選ぶことができれば支払いの総額をやや減らせますが、債務整理ほどではありません。

しかしながら、返済をしっかり続けられるならば信用情報に傷をつけずに済みます。

いろいろな債務整理の方法の中でも、他とは異なり自己破産は借金が全く残らない方法であり、とても強力です。

けれども、申立をした全員が可能なのではなく、裁判所から免責許可をもらわなければなりません。

申立をしてから免責の可否が通達されるまでの免責期間は、当人が財産を持っているか否かで違います。

もし、無い時は決定が下されるまでは概ね3ヶ月ですが、もし有れば管財事件となり債権者への財産の分配が行われるため、1年かかる可能性もあります。