大阪 借金解決 無料相談

MENU

大阪で借金解決の無料相談ならこちら

大阪で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

大阪で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら大阪にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

大阪で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして大阪で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

任意整理で借金を清算したケースでは、貸金業者と和解交渉を行い、減額された金額を分割して払っていくことになります。

この最中に何らかの事情で金銭的な余裕が出たのであれば、その資金で残った債務を一括返済したり、繰り上げ返済をするといった対応が取れるでしょう。

この時、任意整理の際に頼った弁護士事務所などがあれば、債権者への連絡は、再度、この弁護士などから連絡をしてもらった方が良いでしょう。

当然のことですが、債務整理の対象は債務者の債務と財産です。

そのため、結婚前でもとくに問題が生じることはありません。

債務整理したことで、相手に返済義務が譲渡されるなんてことはありえません。

とはいえ、これはあくまで法律上の話であって、婚約者の心象がどう変わるかは分かりません。

そのため、債務整理の事実を婚約者に正直に伝えてから結婚することをおススメします。

一部の債権者を選んで借金の整理をする任意整理とは違い、その他の債務整理は、基本的にすべての債務を一度に整理します。

裁判所を通さない任意整理は、債権者との話し合いで和解を進めていきますから、場合によっては、債権者が取り合ってくれないこともあるでしょう。

ご自身で任意整理を進めるより、専門家に代理人になってもらう方が安心ですが、依頼の際に、一部の借金を隠すようなことは厳禁です。

秘密にしたままでは、発覚した時に、それまでの手続きが台無しになる可能性があります。


個人信用情報(いわゆるブラックリスト)には過去の債務整理の情報が何年間は保持されます。

普通、この記録は就職などでは開示されないのですが、その常識が適用されない業種も存在します。

それはいわゆる金融系の、個人信用情報に敏感な業種に就職する際には支障が出るかもしれないということです。

ローンの利用歴はまだしも債務整理した事実が知られると、それだけが原因ではないにしろ、不採用につながる可能性が高いです。

お金を扱う金融機関なら慎重になるのも当然ですし、結局、採用されなかったら諦めるほかありません。

あらためて計算しなおした過払い金を債務と相殺するために行うのが特定調停です。

ただし、負債と比較して過払い金のほうが多い場合は、特定調停の場では返金請求できず、単に負債が無くなるというだけです。

過払い金額の方が多そうだと解っているのだったら特定調停で相殺するとお金が戻ってきませんから、返金が見込める過払い金請求のほうが効果的です。

返済の見込みが立たなくなってついに債務整理をしようという時は、以前なら役所に直行だったかもしれませんが、最近はネットに接続さえできれば、債務整理の何たるかや相談窓口といった必要な情報を手軽に調べることができ、情報面で孤立することはなくなりました。

ただし、家族と共有のPCや勤務先などで調べると、履歴が残ってしまうため、誰かに借金や債務整理のことが知られる危険もあります。

スマートフォン対応のサイトも多いので、そちらを見るほうが安全かもしれません。


債務整理を任意整理で行うなら、債権者が交渉を拒むこともなくはありません。

任意整理というのは司法による働きかけなしに債務者と債権者の間で交渉が行われて和解された返済額や期間によって返済していく方法です。

司法が干渉しないという事は、交渉を拒否しても法的に債権者は何の問題も無いのです。

したがって、全く返済をしていなかったり、著しく債権者に不利益となっている場合はお互いが納得するところに辿り着けない可能性もあります。

借金を背負っていて債務整理中に離婚することになったら、生活費の穴埋めとしての借金などそれが婚姻生活のために生じたものならば財産分与の際、対象に含まれて分割されます。

財産というのはプラスに限らず、マイナスであっても同じく共同財産なのです。

ですが、夫婦の片方が婚姻前から抱えていた借金だったり、たとえ婚姻中にできたものでもギャンブルなどによる個人的な借金なら財産分与の対象外です。

財形貯蓄とは、月々の給与から天引きによって貯蓄を行うことです。

自己破産により債務整理を行った人は、財形貯蓄されている金額と手元にあり自由に使える分のお金の合計が法に規定された上限の額以上になったら、解約した上で超過分を処分する必要が生じます。

なお、基準額を超えていない場合も、裁判所に残高証明を提出しなければなりません。

入手するには、取引先金融機関か勤務先のどちらかで申請して発行してもらってください。