大津 借金解決 無料相談

MENU

大津で借金解決の無料相談ならこちら

大津で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

大津で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら大津にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

大津で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして大津で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

債務整理によって、本人以外の家族に影響が及ぶことはあるのでしょうか?実際のところ、周りの家族に悪影響が出ることはないです。

家族名義の財産が没収されたり、銀行のローンや借入ができなくなることは絶対にありませんから安心してください。

とはいえ、借金の保証人が家族になっているケースでは異なることを覚えておいてください。

この場合は、家族が本人の債務を負うことになるため、注意してください。

任意整理を行う場合、特定の債権者を債務整理の対象から外して債務を処分できます。

ですので、お持ちの携帯電話会社を債務整理の対象から外しておけば、今の携帯をそのまま所有することもできます。

特に制限なく新規の契約や機種変更も行えるのですが、分割払いはできない可能性が高く、機種料金は一括で払う必要があります。

けれども、過去に携帯電話の料金を払わずにいた場合、こういう訳にはいきません。

自営業の人が個人再生で債務整理をした時に、売掛金が残っていると、それは資産として扱われることになるでしょう。

仮に借金の総額が1000万円ならば、個人再生で800万円の借金が免責され、債務額を200万円まで減らせます。

けれども、売掛金として100万円がある場合は、この5分の1の20万円分をプラスした合計220万円の債務となります。


個人信用情報(いわゆるブラックリスト)には過去の債務整理の情報が何年間は保持されます。

普通、この記録は就職などでは開示されないのですが、その常識が適用されない業種も存在します。

それはいわゆる金融系の、個人信用情報に敏感な業種に就職する際には支障が出るかもしれないということです。

ローンの利用歴はまだしも債務整理した事実が知られると、それだけが原因ではないにしろ、不採用につながる可能性が高いです。

お金を扱う金融機関なら慎重になるのも当然ですし、結局、採用されなかったら諦めるほかありません。

あらためて計算しなおした過払い金を債務と相殺するために行うのが特定調停です。

ただし、負債と比較して過払い金のほうが多い場合は、特定調停の場では返金請求できず、単に負債が無くなるというだけです。

過払い金額の方が多そうだと解っているのだったら特定調停で相殺するとお金が戻ってきませんから、返金が見込める過払い金請求のほうが効果的です。

返済の見込みが立たなくなってついに債務整理をしようという時は、以前なら役所に直行だったかもしれませんが、最近はネットに接続さえできれば、債務整理の何たるかや相談窓口といった必要な情報を手軽に調べることができ、情報面で孤立することはなくなりました。

ただし、家族と共有のPCや勤務先などで調べると、履歴が残ってしまうため、誰かに借金や債務整理のことが知られる危険もあります。

スマートフォン対応のサイトも多いので、そちらを見るほうが安全かもしれません。


保証人がついた借金の場合は、保証人は債務整理が行われると影響を受けます。

どうやって債務整理をしたかでその影響はそれぞれで、もし任意整理や特定調停なら書類の記入が必要なだけで保証人に対して返済の請求はされません。

一方、個人再生や自己破産の時は、債務者ではなく保証人への請求が債権者に認められるようになるため、全額の返済を保証人が肩代わりしなければなりません。

返済に困って借金手続きの助言を求めるなら、弁護士や司法書士に引き受けてもらえる法律事務所になるでしょう。

弁護士と司法書士はどちらも債務整理の案件を請け負うことができますが、司法書士に任意整理や過払い金請求を委任したい場合、合計が140万円以内でなければ受任する資格がないという制約があります。

総額が140万円を超えないことが明白ならば両者とも問題はないですが、もしかしたら上回るかもという案件は弁護士を選んでおいた方が確実です。

万が一債務整理をした場合でも借金が金輪際できなくなるわけではありません。

事故情報がブラックリストから消去されたら新しい借金ができる場合もあります。

とは言え、任意整理を行っているただ中でまた借金をしようとするのは最も控えるべき行為です。

そもそも借りられない可能性が極めて高いですし、担当弁護士または司法書士がそのことを知れば、担当を降りると言われかねません。