相模原 借金解決 無料相談

MENU

相模原で借金解決の無料相談ならこちら

相模原で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

相模原で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら相模原にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

相模原で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして相模原で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

もし過払い金が発生していたら、借金を帳消しにできるかもしれません。

過払い金とは、借金の返済の際に余分に払った利息のことです。

最近まで20%を超える違法な高金利で融資をするような業者がたくさんありましたから、ここでお金を借りていた人は法定外の利息を払わされていたことになります。

これが過払い金と呼ばれるものです。

過払い金を請求して返してもらえば、今の借金の返済に充てることができるでしょう。

ご存知のように、債務整理をするとブラックリストに名前が載りますが、任意整理ならば住宅ローンやその他のローンも組めるかもしれません。

支払いの意思を放棄しない任意整理の場合、官報などに氏名や住所が載る心配もありません。

仮に、過払い金が発生していたら、返還してもらった過払い金額によっては、借金を完済できる可能性もあり、該当者は特にブラックとして問題になる不安はなくなります。

債務整理を行うなら、専門家にお願いすることが一般的です。

タダというわけにはいかないので、お金を用意できなければ依頼できないと思っている方も多いようです。

このような方に知って頂きたいのですが、こうした依頼料は債務整理後に分割払いなどで払うことが可能です。

金銭的な余裕のない依頼時に、まとめて請求されることはありません。

ですから、金銭的な心配はあまり必要ないでしょう。


相談無料というのは最初のうちだけで、債務整理の手続きを弁護士等にしてもらおうと思ったら、まずは着手金を用意しなければいけません。

額に関する規定は特にありませんから、依頼先によって差はあります。

自己破産や個人再生といった手続きでは手続き終了時の報酬についても先に決まっているところが多いですし、任意整理となるとその成功報酬は和解内容次第で変わってきます。

もし自己破産による免責を受けたあとや、あるいは任意整理だとか個人再生の経験がある人でも、一般の生命保険への加入については全く問題ないです。

生命保険会社というのは加入の際に信用情報の照会をする保険会社はないですし、過去に債務整理した事実が分かることはないです。

つまり、保険料さえ払えるのでしたら生命保険加入は、債務整理の影響を受けることはないのです。

生命保険会社の個人年金保険や積立保険など、返戻金が生じる保険に加入している際は、もし債務整理をするなら、その方法や返戻金の金額次第では、解約を求められます。

例えば自己破産のケースでいうと、解約返戻金が20万円を超える保険は解約し、債務の返済にあてなければいけません。

一方、個人再生の際は、自己破産と違って解約する必要はありませんが、裁判所には解約返戻金は財産として申告しなければいけないため、返戻額次第で返済金の額が増えることはあります。

裁判所を通さない任意整理では解約する必要はなく、返済額に影響することもありません。


一般に債務整理によって国内外の旅行や転居に影響が生じることはありません。

パスポートの申請にあたっても特に差し支えはありません。

けれども、その例から漏れるケースが1つだけあります。

まさに自己破産を申し立てているという間のみは、裁判所がいつでも自分の居所をわかっているという状態にしておくことが必要で、転居や旅行をするには裁判所に許可してもらう必要があります。

免責の認可が裁判所から発出されたら、他の債務整理の方法と変わりはなく、 無制限となります。

かつては出資法に則って、利率が利息制限法以上である貸付も当たり前に存在していました。

利息制限法の上限以上で出資法の上限未満という金利での貸付がグレーゾーン金利です。

現時点では利息制限法の上限を上回る金利は非合法となります。

したがって、グレーゾーン金利での貸付を受けていた人であれば、債務整理をする事で余計に払ってしまっていた利息を取り戻せるかもしれません。

それが過払い金請求です。

どのような形式で債務者が抱えた借金を整理するのかに応じて4つの異なる方法により債務整理が可能です。

すなわち、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4種類のことです。

いずれも借金をどれくらい圧縮できるのかや裁判所の介入があるのかどうか等、手続きに違いがあります。

共通な点として挙げられるのはそれなりの期間、信用情報機関に事故情報の記録が残ってしまうので、新たな借金はその消滅を待たないと容易にはできないという事でしょう。