相模原 借金解決 無料相談

MENU

相模原で借金解決の無料相談ならこちら

相模原で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

相模原で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら相模原にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

相模原で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして相模原で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

自己破産や個人再生などの方法がある債務整理ですが、任意整理の場合は銀行のローンや住宅ローンも組めるケースがあります。

支払いの意思を放棄しない任意整理の場合、国が発行する官報にも掲載されません。

もし、借金の返済時に過払い金が出ていた場合、過払い金を請求できますし、そのお金で借金を払い終えることができるかもしれません。

このような人は特にブラックとして問題になる心配がありません。

債務整理を行うなら、弁護士事務所などを利用する必要があります。

依頼をするとなるとお金が必要になるので、その為の料金が払えないと請け負ってくれないと考える人も少なくありません。

しかし、こうした依頼料は無事に債務整理が完了した後に、支払い方法を選んで払うこともできます。

依頼をしたらすぐに支払わなければいけない、というわけではないので、債務整理の依頼に関して、金銭的な心配はあまり必要ありません。

仮に独り身の時に債務整理を経験し、現在もブラックリストから外れていない人は、籍を入れて苗字が変わってもブラックリストから名前が消えるということはありません。

審査の時には複数の個人情報からブラックリストに登録されていないかをチェックするのです。

つまり審査では名寄せが行われているのです。

これで分かるように、配偶者の苗字になったところで金融機関のサービスには制限がかかり続けるでしょう。


支払いの催促をしてくる督促状の送り主が気がついたら変わっていて驚いたという声は意外と多いものです。

つまり、サービサーなどに債権を譲り渡し(債権譲渡)、今後は新しい債権者から督促が行われることを意味します。

もちろん債務整理を行うのはそのような状態からでも出来るわけですけれども、交渉相手は元の債権者から新しい債権者に変わります。

弁護士が受任通知を送付すると、新しい債権者による連絡や督促、取り立てといった行為は即時停止します。

債権者が変わったからといって諦めないでください。

債務の減額を目的とする任意整理を行う際は、受任通知を送付してから手続き終了までの間、依頼した弁護士事務所の口座などに積立金をするといったケースがあります。

債務整理の依頼をすると交渉中の借入先への債務返済がとりあえず中断されるため、そこで支払うはずだったお金を積立金として貯めていき、和解手続きが終了したあとの成功報酬として弁護士や司法書士に支払うのです。

任意整理では問題にならないかもしれませんが、個人再生や自己破産のように裁判所を介する手続きを行う際は、弁護士は代理人になれますが、司法書士はなれません。

このため、司法書士は相談に乗ったり各種申請書類を作る役目を主に行います。

依頼者本人が裁判所へ行かねばならない上、裁判官とのやりとりも本人だけでしなければいけません。

自己破産の場合は免責になるだけに、複雑なやりとりも予想されますから、代理人として弁護士を立てないと、本人に任される事柄が多くなるので注意が必要です。


今の時点で発生済みの利息と今後生じることになる利息を免除して元金のみに限って返済していく方法が、任意整理という債務整理の方法の一種です。

債権者と交渉した結果、合意に達すれば、支払総額は利息がなくなる分減るので、月に返済する額を小さくすることが可能です。

ですが、元金のカットがなければ返済できそうにない場合は、個人再生と呼ばれる他の方法による事になるでしょう。

結婚や離婚をして名字が変わった人は、債務整理の記録がゼロになるという事はありません。

カードの入会申し込みで旧姓を書くところがあっても何も特別な事ではないですし、本人確認では氏名以外の情報もあります。

それに、審査が通ったと仮定しても、債務整理の記録が後日発覚すればその時点でカードが停止されたり返還しなければならなくなる事もあるかもしれません。

返済の目途が立たない借金を債務整理で整理することができるわけですが、ただ一つ整理できないものもあります。

それは各種税金です。

自己破産に関するルールの基となる破産法にも非免責事項として租税請求権が認められています。

納税は国民の三大義務というだけあって自己破産に至っても放免されるものではありません。

ただし、役場でいきさつを伝えて分納できないか相談に乗ってもらう事は可能です。