相模原 借金解決 無料相談

MENU

相模原で借金解決の無料相談ならこちら

相模原で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

相模原で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

下にあるフォームでは簡単な質問に答えていくだけで相模原近くの無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

 

相模原で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上にあるフォームを使ってあなたの状況にぴったりな弁護士事務所を探してみて下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして相模原で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

債務整理の際の注意点ですが、個人事業主が個人再生をした場合は、現金化されていない売掛金があると、それも財産の中に入ります。

分かりやすく説明すると、1000万円の借金がある個人事業主の場合、個人再生を行って、借金の総額を5分の1の200万円にすることが可能です。

しかし、仮に100万円の売掛金があると、100万円の5分の1の20万円を加算した結果的に220万円を支払う必要があります。

全ての借金を処分する自己破産などと異なり、任意整理では借金をしている債権者の一部を債務整理の対象にすることができます。

なので、携帯電話会社への債務を整理しなければ携帯電話を解約せずに済みます。

新規契約や機種変更も制限はかかりませんが、分割で支払うことは難しくなるため、携帯自体の代金は一括払いになります。

ですが、過去に携帯電話の料金を払わずにいた場合、そもそも契約自体ができないでしょう。

一般的に、債務整理をしたら事故歴アリとして信用情報機関に情報が登録されます。

具体的には「ブラック」の対象ですから、時間を置かないと、各種ローンの審査に通過することが困難になると知っておいてください。

どのくらいの期間かというと、債務整理では、ブラックでなくなるまでに5年はかかると理解しておきましょう。


給料を差し押さえされている間にその債権者を含んだ債務整理を行えば、差押えは手続きを始めた時点で解除となります。

ただ、あいにく任意整理をした際には手続きに着手しても差し押さえが停止されることはないため、給与の差し押さえは続くことになります。

早々に和解を成立し、強制執行を止めてもらわないと生活そのものが成り立たなくなります。

返済の催告を無視して金融機関等から訴訟を起こされてからでも、債務整理ができないわけではありません。

この時行われるのは基本的に訴訟を起こした相手を対象とした任意整理で、相手に受任通知が届くことにより、訴訟を取り下げてくれるといったケースもあります。

お互いに減額内容に納得して和解に至った場合は返済を求める裁判はその意義がなくなるので取り下げされ、その後は和解交渉の結果に沿って返済するのです。

各種ローンを組む際やクレジットカードの審査時に銀行や信販会社は個人信用情報を見て判断します。

もちろんそこには過去の債務整理の履歴も記載されています。

記録がある間は当然ながら新規借り入れは不可能です。

もし自己破産をしたのでしたら免責決定が下りてから起算し、それ以外の方法で債務整理した場合では残りの債務を返済し終えた時から数えて最低でも5年間残ると言われています。


いくつも債務を抱え込んで、支払いの目途が立たないというタイミングで必要なのが債務整理です。

大方のところでいうと、債務者が利息の減免や支払い計画の立て直しを希望するため債権者に相談を要望する事になります。

ですが、専業者を相手にするわけなので、初心者の債務者が単独交渉で成果を出すのは極めて困難です。

精通している弁護士などの力を借りて行うことが多いです。

もう生じてしまっている利息とこれから発生する利息をカットすることで返済を元金だけに絞る方法が、債務整理のうち任意整理と呼ばれる方法です。

債権者との話し合いで、折り合いがつけば、利息をつけずに支払うため支払総額は少なくなり、月ごとの返済額も減らせます。

元金がそのままの額では返済できそうにない場合は、別途個人再生という方法をとって債務整理を行う事になります。

借金がパチンコや競馬などのギャンブルにより生じた場合も返済に困ったら債務整理をすることは不可能ではありません。

しかし、任意整理や個人再生といった支払総額は減額できますが返済の義務がなくなるわけではない方法だけです。

借金を全てなくせる自己破産にしても借金の原因がギャンブルの場合は免責不許可事由に定められているので、たとえ裁判所に破産を申し立てても恐らく免責されないでしょう。