堺 借金解決 無料相談

MENU

堺で借金解決の無料相談ならこちら

堺で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

堺で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら堺にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

堺で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして堺で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

誰しもクレジットカードを使い過ぎた経験があると思いますが、あまりに計画性のない使い方をすると、返済が難しくなってしまいます。

もし、一括払いができなくなると、リボ払いで支払いを続けていくことになります。

しかし、その返済も難しくなる場合も珍しくありません。

このような状態になると、精神的にも追い詰められてしまいますから、債務整理を行い、借金地獄を抜け出し、再スタートを切るのも間違いではありません。

個人事業主が債務整理で個人再生を行ったというケースでは、現金化されていない売掛金があると、財産として扱われます。

例を挙げて言うと、債務が1000万円の人の場合、個人再生で債務を整理した結果、債務総額を5分の1にできるので、結果的に200万円の債務になります。

しかし、たとえば売掛金が100万円あったら、この売掛金の5分の1である20万円が返済額に加算され、合計220万円の債務となります。

個人再生や自己破産などの債務整理をしたら、債務整理者の名前と住所が官報に公告されることは避けられません。

国の発行する官報には裁判内容などが掲載されるため、例えば自己破産のケースだと二度、個人再生をした場合は三度掲載されます。

公告期間は1ヶ月あるのですが、官報は一般的になじみがあるのものではないですし、周囲の人間が見ていることは極めてレアなケースです。

もし任意整理を行ったのならそもそも裁判をしないので、官報には載りません。


たしかに初めてなら無料で相談に乗ってもらえますが、現実に弁護士等に依頼して債務整理を行う際は、どこの事務所でも着手金が不可欠です。

法律で決められた金額というわけではありませんから、料金は依頼先によって差はあります。

それから、裁判所を通じて行う個人再生と自己破産では、手続き終了時の報酬についても先に確定していることが多いのですが、その一方で、任意整理の場合は減額の度合いによって成功報酬の金額も異なってくるので注意が必要です。

どういった種類であれ債務整理を行えば、個人信用情報機関に何年かは記録が残るものです。

当然ながら新たな借入などは受け付けてもらえませんし、すでにクレジットカード等を持っている場合も、利用停止になっているでしょう。

つまりクレジットカードを持てない状態ですから、新規でカードを作るのはまず不可能です。

一方、既に契約している債務の場合、基本的に返済義務は残りますから、完済するまでは支払いが続きます。

住宅ローンの支払いやカーローンなどが完済できないままローンの名義人が自己破産ということになると、それらのローンは解約され、返済のためにマイホームもマイカーも手放さなければなりません。

一方、任意整理や個人再生では、そういったローンの契約は継続し、返済は従来通り続ける必要があります。

返済のために売却するなどということは考えなくても良いのです。


非常に生活が苦しく債務整理の相談を検討しているけれど、どうしても誰かに弁護士事務所に入るところを見られたら困る。

あるいは直接事務所を訪ねる暇がないような場合は、ネットを使ってメールでの相談が可能な事務所もよく見られます。

やはりやり取りにかかる時間は直接や電話よりも多くなってしまいますが、人目につくことなく時間も気にしなくてよいため、何よりも気を張らずに相談することができる方法ではないでしょうか。

幾重にも債務が重なり、到底支払うことができないという時こそ行われるのが債務整理でしょう。

原則として債務者が債権者に利息の減免や支払い計画見直しといった点に関して交渉を持ちかける事を指して言います。

けれども、専業者を相手にするわけなので、知識を持たない債務者一人で交渉を上手く運ぶことは容易ではありません。

仲立ちを弁護士など専門家に依頼する人がほとんどです。

弁護士ないし司法書士に債務整理を委任する時には、準備しなければならないものがあります。

身分証明書に印鑑、使っているクレジットカード、それとありったけの現在の借入状況がわかるものです。

あわせて、所有している資産の証明となる書類も必要になることがあります。

仮に契約書が残っていないとか、クレジットカードが出てこなくても、調査すればいいだけのことですからまだ諦めるのは早いです。