堺 借金解決 無料相談

MENU

堺で借金解決の無料相談ならこちら

堺で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

堺で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら堺にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

堺で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして堺で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

独り身の時に債務整理をして、まだ時間が経っていないのなら、籍を入れて苗字が変わってもブラックリストから名前が消えるということはありません。

業者が審査を行う場合、名前だけを確認するのではなく、その他の情報を照らし合わせて信用情報を調べるのです。

つまり、名寄せを行っています。

これで分かるように、苗字が変わった程度では金融機関のサービスには制限がかかり続けるでしょう。

もし、金額の大きい債務整理を考えているのなら、司法書士より弁護士に相談すると良いでしょう。

なぜなら、司法書士の資格では140万円以上の債務整理に携わることを禁じられています。

ですが、弁護士なら債務額がいくらであろうと依頼を請け負ってくれますし、裁判での心証がプラスになります。

弁護士であれば、債務整理手続きに入ってから、すぐにしつこい取り立てから解放されることも期待できます。

債務整理は借金を整理するための手段で、これを行うと借金地獄の状態からは抜け出すことができますが、ブラックになり、ローンを組んだりクレジットカードを使うことが難しくなるなどの欠点も当然あります。

多くの人が気にするのがブラック状態でもアパートなどの契約が問題ないのかということだと思います。

現状としては、契約可と契約不可の物件のどちらもが存在しています。

選択の幅は少し狭まってしまうとはいえ、住まいに関しては、心配ないようです。


たとえば個人再生や任意整理といった債務整理を行う際は、収入が安定していることが第一条件ではありますが、生活保護費を受給している場合はここでいう「収入」には含まれません。

最低限の生活が送れるよう支給するのが生活保護費ですから、生活に充てず借金を返すために使ってしまったら、支給停止というケースも過去にはあるのです。

したがって、生活保護を受給している人が債務整理をするなら、自己破産のほか手はないというわけです。

お金を借りたら自分で返すのが社会通念上の常識とはいえ、努力しても返しきれるあてがない時には債務整理も視野に入れて考えてみてください。

その債務整理ですが、行う頃合いといえば、毎月の返済が収入の3割以上に相当する状態がひとつの区切りかもしれません。

任意整理で弁護士等を訪れるのはこのタイミングが一番多いです。

債務整理で悩んだ時、無償で相談できる窓口というのは、実はたくさんあります。

各地方自治体でも相談窓口がありますし、全国各地にある消費生活センター及び国民生活センター、日弁連、各弁護士会、法テラス、司法書士連合などでも窓口があることが知られています。

普通の弁護士・司法書士事務所などでも無償で相談ができる場合が珍しくないですし、まずは相談するのが生活再建の第一歩でしょう。


債務整理で借金を整理するにも、複数の方法が用意されています。

元金はそのままで延滞損害金や利息の免除を要望するのか、それとも元金の減額が必要なのか、金額以前に返済を続ける事がもはやできないのか。

一人一人の事情から適した方法も違います。

手続きを自分で行うという手もあるにはありますが、もし不安材料がそれなりにあるのなら弁護士や司法書士などプロの力を借りた方がいいかもしれません。

ご存知かもしれませんが、債務整理の一種として、返済が完了している借金について債権者に利息を払い過ぎていればその返還が請求できるという「過払い金返還請求」があります。

あらかじめこの返還請求をする場合は取引履歴と当時の借金の明細を確認できる書類が不可欠です。

今までの取引履歴を把握できれば、利息がいくらなら妥当なのかがわかるため、多く支払われていた利息の還付が受けられるでしょう。

結婚や離婚をして名字が変わった人は、債務整理の記録が白紙に戻ると思ってはいけません。

カードの新規入会時の書類に旧姓を記入する欄もよく設けられていますし、氏名だけで本人確認がされるわけではありません。

それに、万一、審査をくぐり抜けても、後日になって債務整理の記録がわかったら最後、クレジットカードが使えなくされたり返却を指示される可能性も予想されます。