札幌 借金解決 無料相談

MENU

札幌で借金解決の無料相談ならこちら

札幌で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

札幌で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

下にあるフォームでは簡単な質問に答えていくだけで札幌近くの無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

 

札幌で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上にあるフォームを使ってあなたの状況にぴったりな弁護士事務所を探してみて下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして札幌で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

独り身の時に債務整理をして、まだ時間が経っていないのなら、一緒になった配偶者の苗字になったからといってブラックでなくなるわけではありません。

ローンなどの審査をする時、金融機関は名前だけを確認するのではなく、その他の情報を照らし合わせてブラックリストを確認します。

このように、審査では名寄せが行われるのが一般的です。

これで分かるように、結婚で苗字だけが変わっても独身時代からのブラックが続くことになります。

自営業の人が個人再生で債務整理をした時に、帳簿の上での売掛金が現金化されていない場合は、資産扱いになります。

1000万円の債務がある自営業者のケースでは、個人再生で債務を整理した結果、800万円の借金が免責され、債務額を200万円まで減らせます。

とはいえ、100万円の売掛金が残されているとして、この売掛金の5分の1である20万円が返済額に加算され、合わせて220万円を返済しなければならないでしょう。

債務整理に必要な金額は、依頼したい弁護士事務所に問い合わせるか、ホームページを見れば、分かると思います。

もちろん、債務の状況によっては料金が変動することもありますが、ほとんどの場合、確認した料金の範囲で済ますことができるでしょう。

それぞれの弁護士事務所で、かかる費用や説明も異なると思うので、相性の良い弁護士事務所を見付けることも重要になります。


債務整理全般に共通することですが、手続き開始後は債権者による取り立てはもちろん連絡行為なども行ってはいけないことになっています。

ですが、こうした期間中にもかかわらず、任意整理の際は訴訟に踏み切られるケースもあります。

もともと任意整理は裁判所を通さない交渉なのですが、金融機関は返済を要求する権利があるので、債務整理の手続き中であろうと、提訴を止める理由にはなりません。

任意整理の手続きを始めると、一部の消費者金融など、すぐ裁判所に訴え出る会社もあります。

意図は様々ですが、債務を抱えている方としてはたまりません。

遺産相続の際などに本来限定承認すべきところを単純承認で相続すると、資産より負債のほうが多いときはいきなり借金の返済が相続人にふりかかってきます。

もっとも、打つ手がないわけではありません。

債務整理を行うのです。

債務整理というと自己破産を連想する人がいますが、通常行われるのは任意整理で、裁判所の決定を待つのではなく、弁護士等を通じて債務そのものはなくせなくても減額できるよう、債権者にお願いするのです。

無用の面倒を背負い込まないよう、相続時は負の部分も考慮しなければいけません。

任意整理では比較的よく聞く話ですが、手続き開始から債権者と和解に至るまで、依頼した弁護士事務所の口座などに積立金をするといったケースがあります。

これは弁護士への報酬の支払いが主な目的です。

任意整理を開始すると対象となる債権者あての返済がいったんなくなりますから、浮いた分を積み立てておき、和解手続きが終了したあとの司法書士や弁護士等への報酬の支払いにあてます。

余れば返済に回すので無駄もありません。


保証人を設定している借金については、保証人にまで債務整理の影響が広がります。

どうやって債務整理をしたかでその影響はそれぞれで、まず任意整理や特定調停においては保証人の記入を要する書類があるものの、保証人に対して返済の請求はされません。

しかしながら、個人再生や自己破産においては、保証人に対して債権者から直接請求が出来るようになるため、借入金の全ての支払いを手続きの後は保証人に負担してもらうことになってしまいます。

出資法を基に、以前は利率が利息制限法をオーバーするような貸付が日常茶飯事でした。

金利が利息制限法の上限以上かつ出資法の上限未満の貸付をグレーゾーン金利と呼んでいます。

今は金利が利息制限法の上限を超えていると法に背いていることになります。

つまり、グレーゾーン金利での借入をしていた人は、債務整理によって本当なら払わずに済んだ分の利息が戻ってくるかもしれません。

これを過払い金請求と言います。

極めて経済的に苦しんでいて債務整理について相談できればと思っているものの、何が何でも誰かに弁護士事務所に入るところを見られたら困る。

もしくは訪問できる時間の余裕がとてもないという場合、ネットを使ってメールでの相談が可能な事務所も豊富にあります。

どうしても直接や電話でのやり取りに比べると時間がかかるものの、時間や人目を考えなくてもいいわけですから、一番遠慮なく相談ができる方法と言っていいでしょう。