仙台 借金解決 無料相談

MENU

仙台で年内借金整理の無料相談ならこちら

仙台で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

仙台で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら仙台にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

仙台で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして仙台で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

債務整理の際には、弁護士や司法書士などに依頼することが一般的ですが、料金がかかります。

返済が行き詰ったから依頼したいのに、どうしてお金を取られるのかと言う方も多いのですが、仕方がないことですから、割り切ってください。

ですが、こちらの事情を汲み、分割で支払ったり、支払いが債務整理後でもOKだという事務所もありますから、はじめにしっかりと相談するようにしましょう。

減額された返済を滞りなく行って、無事に債務整理を終わらせた場合でも、しばらくの間は、クレジットカードの申請や利用、あるいは金融機関のローンの審査に受かることはできなくなるでしょう。

なぜなら、借金を債務整理によって整理したとなると、事故アリということで、ブラックリストに登録されてしまうためです。

約5年間はブラックリストに名前が残り続けるので、この間は住宅の購入や高い買い物は控えましょう。

債務整理の中でも任意整理を選択すれば、債権者の一部のみを対象にして債務整理ができます。

ですから、契約している携帯電話会社の債務をそのままにしておくことで、所有する携帯を使い続けられます。

特に制限なく新規の契約や機種変更も行えるのですが、当然ながら、ローンの利用ができないので、機種代は購入時に一括で払わなければなりません。

でも、携帯料金が未納の状態ならば、このようにはいかないでしょう。


たしかに初めてなら無料で相談に乗ってもらえますが、本当に債務整理の手続きを進めるためには、手始めに着手金を払わなければなりません。

金額は決まっていませんので、依頼先によって差はあります。

また、自己破産と個人再生のように裁判所を通す手続きでは、手続き終了時の報酬についても先に確定していることが多いのですが、弁護士を通して減額交渉する任意整理の場合は、減額内容によって成功報酬はかなり変化します。

勇気を出して決めた債務整理なのに、弁護士(司法書士)の仕事に進捗が見られず、依頼そのものをなくしたい時は、よく契約でいう「解約」の代わりに「解任」の手続きが不可欠です。

簡単な手続きですが、うっかり見落としてほかの弁護士等と委任契約してしまうと、介入通知を債権者に二度送付することになり、トラブルを招きかねません。

解任手続きは難しいことではありませんから、必ず解任し、あらためて新しい依頼をするようにしましょう。

どういった債務整理を依頼するにも、費用は発生します。

手始めに着手金、交渉が合意に達したり裁判で結果が出たときの成功報酬、印紙や交通費、切手代などの実費です。

また、任意整理を選択した際は報酬は減額幅によって違い、同じ成功報酬制でも個人再生は、成功報酬は先に決めるというシステムです。

それから自己破産を行ったときは、免責許可を裁判所からもらえたら規定の成功報酬を払うことになります。


幾重にも債務が重なり、到底支払うことができないという場面で行われるのが債務整理です。

原則として債務者が債権者に利息の減免や支払い計画見直しといった点に関して申し入れをする事を言います。

ですが、専業者を相手にするわけなので、知識を持たない債務者一人で交渉を上手く運ぶことは不可能に近いでしょう。

間に弁護士などの専門家を入れて行うことが多いです。

自己破産、民事再生、任意整理はひっくるめて債務整理と呼ばれはしますが個々に独自のメリットを持っています。

自己破産については借金全てから自由になりまっさらな状態から再スタート出来ます。

民事再生であれば住宅ローンを除く借金の元金を圧縮することができ、家などの資産については守ることができます。

任意整理ならば債権者との交渉次第で月にいくらずつ返済するかが決まり、他にもその取引利率や借金の期間によっては過払いとなっていたお金が戻ってくるかもしれません。

賃貸の物件を新しく契約しようかという場合に、もし債務整理の経験があっても審査に影響をきたしたりはしません。

なぜかと言うと、事故情報を持つ信用情報機関への参照は金融会社が行うものであり、不動産会社が確認することは出来ないためです。

そのため、転居を考えた時に債務整理の経験を気にする必要はないでしょう。

とは言え、今現在、自己破産を申し立てているなら、免責が決定するまで転居には裁判所の許可を受ける必要がありますので心しておきましょう。