渋谷区 借金解決 無料相談

MENU

渋谷区で借金解決の無料相談ならこちら

新宿で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

渋谷区で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら新宿にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

新宿で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして渋谷区で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

借金が増えすぎた場合は債務整理が有効な手段ですが、どれくらいの借金からというのは、一言では答えられません。

ただ、数十万円の借金の場合、他の金融機関や貸金業者でも融資してもらえる場合があり、返済資金に充てることもできると思います。

しかし、借金を重ねているという点から見ると多重債務者であり、お金の工面には相当苦労すると思います。

返済が滞りそうだと思ったら、新たに借入をする前に弁護士などに話し、実際に債務整理しなければならない状態なのかを客観的に見てもらうのが最善の方法だと思います。

借金がかさんで債務整理を考えていたのですが、家族に発覚することが不安でした。

本当は任意整理をして債務額を減らそうとしたのですが、すでに借金がかさんでいましたから結果的に個人再生以外の方法がありませんでした。

趣味の車は処分されましたが、住宅を残しておけただけでも有難かったです。

借金の総額を大幅に減額できたうえ、これがキッカケで借金の事実を家族に打ち明けられましたから、今は気持ちも落ち着いています。

債務整理の手続きは複雑で時間がかかるものなので、数ヶ月は手続きが続くものだと思います。

けれども、債務整理の期間は延滞損害金や金利が増えるようなことはないでしょう。

なお、個人再生や任意整理の手続きを取った場合は、一部の債務が残るでしょう。

残った債務は金利がかかりませんが、仮に返済日を遅れてしまうようなことになると、延滞損害金が発生してしまいます。

さらに、この損害金と共に、債務の一括返済を請求されるケースもありますから、返済はきちんと行うようにしましょう。


原則として奨学金の借り入れをする時は人的保証(保証人、連帯保証人)が不可欠です。

ただ、債務整理をした人が保証人になると、奨学生本人に落ち度がなくても、審査に通らない可能性があります。

保証人で悩んでいるのでしたら、保証人を立てる人的保証制度ではなく機関保証を使うと、気遣わしい保証人などなしに奨学金を借り入れることができます。

月々の奨学金から保証料は分割で差し引かれます。

検討してみる価値はあるでしょう。

仮に自己破産で免責決定がくだされたあとでも、それ以外の個人再生、任意整理などの手続きを行った後も、医療保険や生命保険を契約するに際しては特に支障ありません。

医療保険や生命保険の加入では健康調査はあっても、信用情報の照会をする保険会社はないですし、個人再生であれ任意整理であれ、債務整理実績を知られることもないですし、それを理由に加入を断られることはありません。

毎月の保険料の支払いが可能であれば、生命保険自体は、債務整理の影響を受けることはないのです。

返済に困った末に債務整理を行ったものの、むしろ支払いが増えてしまったという人もいるようです。

すべてがそうだとは言いませんが、詐欺的な商売をしている弁護士などにひっかかったケースです。

一例を挙げると、任意整理で債務が200万から170万円になり、差し引き30万の減額に対し、手続き費用一式が50万、60万もしたら変ですよね。

泣き寝入りしないためにも、何にどれくらいかかるかということは初めに明らかにしてもらうのが大事です。


信用情報機関に記録された利用者の事故情報(いわゆるブラックリスト)にはどれくらいの期間債務整理の情報がキープされるのかというと、債務整理に使った方法次第で変わってきます。

任意整理、個人再生、特定調整のうちいずれかの方法の場合はざっと完済から5年後までを目安とすればいいでしょう。

ですが、自己破産をしたなら裁判所から免責が下りてから約7年だと思えばいいでしょう。

けれども、目安としか言えないので、実際の信用情報がどのように信用情報機関に登録されているか閲覧してみれば何より明らかです。

申し込みや諸々の手続きが開始されたら、なるべく速やかにけりをつけたいと債務整理を検討する人は皆さん考えると思います。

とは言え、債務が免除されたり減額されるという決定が下されるためには相応に時間がかかります。

選んだ債務整理の方法や、その道のプロ(司法書士や弁護士など)に任せるのか、自ら手続きを全て行うのかなどにもよって取られる時間には違いが出ます。

住宅ローンには審査が付き物ですが、これに通りたいなら債務整理をしてからある程度の時間が経っていて、信用情報機関に管理されている事故情報(通称ブラックリスト)から債務整理をしたという記録が抹消されている事が不可欠です。

その期間は債務整理が行われた方法に応じて違いがあり、もうなくなっているかどうかの閲覧は自由に可能です。

消去済なようなら、たとえ債務整理の経験があってもマイホームのローン購入は不可能ではありません。