渋谷区 借金解決 無料相談

MENU

渋谷区で借金解決の無料相談ならこちら

新宿で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

渋谷区で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら新宿にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

新宿で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして渋谷区で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

使いこなせば役に立つクレジットカードですが、ショッピングに利用し過ぎて借金地獄に陥る可能性があります。

そのような時には債務整理をすれば、借金の元本やその利息を減額し、月に支払う返済額を支払できる額に修正して完済を目指せます。

ただ、クレジットカードの利用が制限されるだけでなく、カードで購入済みの物の返済が済んでいなければ、引き上げられてしまうかもしれません。

債務整理をすると本人はブラックリストに登録されますが、本人以外の家族が不利益を被る可能性は低いです。

家族に債務整理の経験者がいる場合も、その影響を受けるのは債務整理をした当事者だけなので、家族は今までのように、ローンを組んだりクレジットカードを利用することも可能でしょう。

とはいえ、万が一、借金の保証人が家族になっているケースでは、本人の借金が、保証人である家族に降りかかってしまいますから、安易な債務整理はおススメできません。

できれば家族に秘密にしたまま任意整理して借金を処分したかったのですが、借金が膨大な金額になっていて最終的に個人再生を選びました。

車は生活仏需品でないということで手放さなければならなかったのですが、自宅を残すことができたのは幸運でした。

思っていたより多くの借金を減額してもらえましたし、かえって家族に打ち明けるキッカケになったので、今は気持ちも落ち着いています。


弁護士や司法書士に依頼して債務整理をする際にかかる費用は、手始めに着手金、成功報酬(作業の成果について支払うべき料金)、あとは実費として交通費や印紙代等があります。

もし任意整理という方法をとった場合、報酬は減額幅によって違い、最初に成功報酬が決まっている個人再生とは異なります。

最後に自己破産についてですが、免責許可が下された時点で手続きが成功したことになるので、成功報酬を払います。

金額設定は弁護士により異なります。

債務整理の中でも自己破産の場合は、裁判所に申し立てを行った日から免責が確定する間は一定の職種について就業できないことがあります。

保険や証券の外交員、士業の一部、古物商、宅地建物取引業者など意外に広範囲です。

これらの職種についている人は、手続き開始から免責決定が下りるまでの何ヶ月間はその職種では就労できなくなるので注意が必要です。

ただし、自己破産以外の債務整理の場合は、就労に関しては特に制限はありません。

返済がどうにもならなくて自己破産を行わなければならなくなったら、貯金、預金、積立などは残高に係らずすべて申請しなければいけません。

それから基本的に20万円を超える資産は保険の返戻金なども含め、すべてを債権者へ分配(返済)されますが、自己破産以外の債務整理では返済方法も変わってきます。

とはいえ、別の預金口座に移したり現金で隠し持ったりすることは考えてはいけませんし、実行するのは言語道断です。

手続きの過程でそれがバレたりすると、免責不許可といった事態になるので、出来心としては随分高い代償を払うはめになります。


借金地獄に陥り、債務整理を考慮に入れる場合にまず問題となるのが担当をどこの弁護士あるいは司法書士にお願いするかです。

大半の事務所なら初回無料相談が受けられます。

無料相談での対話を通じて、信じてもいい担当者なのかどうか明らかにできるでしょう。

なお、法テラス(法律に関する問題で困っている人を支援する公的機関)でも相談は無料となっています。

例えば親戚や友人の借金の保証人になっているなら、たとえ債権者が取立ててきてもそれを拒んで債務者の方に行かせることができます。

ただし、自己破産や個人再生による債務整理を行った債務者が支払いの一部または全部を放棄したとなると、債権者から未返済分の取立てが保証人に向かいます。

これに対する拒否権はありませんが、債権者に掛け合って分割で支払いをする事は可能です。

全債務の返済の義務が免除されるというのが自己破産の特徴ですが、申請したとしても免責されないというケースも存在します。

借入金の用途がまずかったりするとそうなってしまいます。

例を挙げると、ギャンブルとか投資に溶かしていた場合や、分不相応なショッピングをしょっちゅう行っていたりすると当てはまります。

免責がこれにより許されない場合には、債務整理を異なる手段で行うしかなくなります。