静岡 借金解決 無料相談

MENU

静岡で借金解決の無料相談ならこちら

静岡で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

静岡で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

下にあるフォームでは簡単な質問に答えていくだけで静岡近くの無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

 

静岡で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上にあるフォームを使ってあなたの状況にぴったりな弁護士事務所を探してみて下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして静岡で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

もし、債務整理を行っても、債務者以外の家族に問題が生じるという話は聞いたことがありません。

家族の財産も処分されたり、金融機関でローン審査をパスできなくなるなどという心配はありません。

とはいえ、借金の保証人が家族になっているケースでは異なることを覚えておいてください。

この場合は、家族が本人の債務を負うことになるため、家族が苦しい思いをすることになります。

一度債務整理を始めると、専門家に依頼していても、短くとも数ヶ月は終わらないでしょう。

ですが、債務整理中に借金の金利や延滞損害金が追加されるようなことはないです。

債務整理の中でも個人再生や任意整理を行った場合、債務は減額されますが、一部の債務が残るでしょう。

返済は残った債務を分割して支払うことになり、金利は発生しません。

でも、仮に返済日を遅れてしまうようなことになると、この期間の延滞損害金と共に一括請求されたという事例もあるので、返済はきちんと行うようにしましょう。

5年ほど前の話になりますが、いくつかのキャッシングを重ねてしまい、数百万円の借金を負ってしまいました。

当時働いていた会社が事情により倒産し、無職になったことがきっかけでした。

不況の時でしたから、再就職も失敗し、貯金がなくなってしまい、キャッシングを利用しました。

ややあって、就職先が見つかりましたが、それまでの借金の返済が苦しく、結果的に債務整理で借金を処分しました。

今は安定した生活を送れていますから、あの時債務整理の決断をして良かったと思っています。


自己破産と違い、任意整理を行った場合は借金が残るので、返済していく必要があります。

やっと債務整理の手続きが終わっても、肝心の減額が思うようにできなかったという結果になり、がっかりしたという声もないわけではありません。

そんなことにならないためにも、債務整理に踏み切る場合はよく考えなければいけません。

無料で債務に関連する相談に対応してくれる司法書士や弁護士事務所もあるようですから、ウェブなどで探してみると良いでしょう。

遺産相続の際などに何も考えずに相続(単純承認)してしまうと、引き継いだ債務が資産の額を超えればまさに「蓋を開けてビックリ」の状態で債務を抱えてしまいます。

ただ、対策はあって、早いうちに債務整理をするのです。

債務整理というと自己破産を連想する人がいますが、通常行われるのは任意整理で、法律事務所などを通じて債権者と減額交渉を行うことになります。

こうした事態を招かぬよう、もし、相続の承認を求められたら注意が必要です。

どうしても弁護士に依頼するための着手金を用意できないという時でも、弁護士次第ですが債務整理を引き受けてくれるところはあります。

たとえば着手金が無理でも手付けをできるだけ支払います。

もちろん借りてまで払えというものではありません。

本来の着手金との差額は、介入通知を送付してから債務の返済をしなくても良い時期(3か月から半年程度)に積み立てをして、すべての処理が終わってから成功報酬などと一緒に清算するのです。

いわば支払いを事前に分割払いする感じです。

債務整理の相談で法務事務所などを訪れた際には、こうした積立方式を提案されるようです。


借金を全てチャラにできるという自己破産であっても、支払いから逃れられないものも一部あります。

債務整理は破産法に依拠して行われるのですが、その中で定められた非免責事項については支払義務が消えません。

各種税金、養育費、罰金などがその例です。

一方、同じように考えてしまいそうになるのですが、養育費が非免責事項であるのに対し、支払う相手が成人だからか離婚に際しての慰謝料は免責となるケースがなくはありません。

個々の状況次第で、債務整理をするべきか、それとも多重債務を一本化するおまとめローンをするべきかは話が変わってきます。

前者の場合、将来利息を付けずに返済していくことができるので、支払が必要な総額を少なくできますが、その代償として信用情報に傷がつくので回復を待たないと新たな借金は出来ないというのがデメリットです。

かたや、後者の場合は利息の低い所へ借り替えることで支払いの総額をやや減らせますが、債務整理での減少額には敵いません。

ですが、しっかり返済できるなら信用情報への傷は心配無用です。

債務整理を弁護士や司法書士に任せたいにも関わらず、料金を支払う事が困難であれば例えば法テラスの相談対応を受けてみるのはどうでしょうか。

公的機関である法テラスは、法律上の問題で悩んでいる人をサポートしてくれます。

借金に関しての相談は無料で応じてもらえますし、困窮している人には民事法律扶助制度に基づいて、債務整理を弁護士または司法書士に依頼する際の経費を一旦肩代わりし、その後返済していけばよいという形をとってくれます。