高市 借金解決 無料相談

MENU

高市で借金解決の無料相談ならこちら

高市で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

高市で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら高市にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

高市で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして高市で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

任意整理を行う場合、特定の債権者を債務整理の対象から外して債務を処分できます。

ですので、契約中の携帯電話会社には債務整理を行わないでおけば、今の携帯電話を持ち続けることもできるでしょう。

新規契約や機種変更も制限はかかりませんが、当然ながら、ローンの利用ができないので、契約時に機種代金を一括で払うことになります。

ですが、これまでに携帯電話の料金が未納になっているのなら、そもそも契約自体ができないでしょう。

もしかすると、過払い金で債務を大幅に減らすことができるかもしれません。

この過払い金とは、つまり借金の返済の際に余分に払った利息のことです。

2008年の法改正以前は、多くの貸金業者がグレージーン金利と呼ばれる高金利でお金を貸し付けていました。

そのため、利用者は高い利息をつけて返済していました。

つまり、この余分な利息が過払い金となります。

もし過払い金が発生していたら、これを返してもらうことによって、借金の返済資金に使うことができます。

債務整理をしたいけれど、車は手元に置いておきたいというのであれば、カーローンはそのままにしておいて、車の処分をされない方法で債務整理を行いましょう。

とはいえ、持ち続けることに許可が下りるかについては、債務者が仕事や生活でどれだけ車を使っているかで変わってくるでしょう。

仮に車を手放すことになっても、日常生活を送るのに支障がないようならば、車を手放すよう求められるかもしれませんから、あらかじめ担当する弁護士や司法書士に相談し、車を手放した場合の不利益について訴えましょう。


誤解している方が多いので説明しますが、自己破産をすると、免責の決定がなされるまでは資格や職業の制限が生じます。

不動産業者(宅建取引主任者)、生命保険や損保、証券会社等の外交員がそれです。

それらの業種や資格保有者については、破産手続きを開始すると免責決定までの期間中は当該職種で働くことは禁じられています。

ただし、自己破産以外の債務整理の場合は、職業や資格の規制はありません。

支払いが滞ることで発生した遅延損害金や元々の金利などは、依頼を受けた法律事務所などからこの債務整理を請け負いましたという手紙を債権者に送ると、相手方に届いた時から生じなくなります。

ただ、払えなくなってからそこまでに発生した遅延損害金がかなりの額になる可能性も考慮しなければなりません。

債務整理の中でも任意整理を行っている最中でしたら交渉を行い、その延滞利息をカットするよう要請したほうが良いでしょう。

借金の総額を減らすことができたり、状況いかんでは返済がすべて免除となる債務整理ですが、利点がある一方で、自己破産はもちろん、返済義務が残る個人再生の場合も、本人の氏名と住所が官報に載ることは避けられません。

一般人で官報をよく見る人なんていませんから、デメリットというほどでもないのかもしれませんが、明治時代の官報が残っているくらいですから永年保管であり、最近ではインターネットでも手軽に閲覧できてしまいます。

あとあと悔やまないためにも、どのような債務整理であろうと、手続きする際はそれでいいのか改めて考える時間が必要です。


もはや支払いが不可能となった借金を整理しようという試みが債務整理ですが、ただ一つ整理できないものもあります。

それは各種税金です。

自己破産に関して定めている破産法にも免責されない債権に租税請求権があたることが書かれています。

国民の三大義務ともなっている納税義務は自己破産をしたから免除というわけにはいきません。

とは言え、現状を役所で訴えて分納を打診する事はできなくはないでしょう。

もし、借金があり債務整理を行っている最中に離婚をする場合、その借金が生活費に充当させるものだったなど婚姻生活によって出来たものだったならば財産分与の際、対象に含まれて分割されます。

財産というのはプラスに限らず、負債のようなマイナスの資産も共同の財産であるからです。

しかし、婚姻前から既に夫か妻にあった借金だったり、婚姻中に生じたとしてもギャンブルなどで生まれた個人的借金であれば財産分与の対象からは除かれます。

もし任意整理で債務整理をしようと考えているなら、交渉を債権者が拒否することもあります。

任意整理というのは司法による働きかけなしに債務者と債権者が直に交渉をして返済額や期間を決め、返済がされていく方法です。

司法が入らないイコール、交渉を拒否しても法的に債権者は何の問題も無いのです。

よって、全く返済をしていなかったり、極めて債権者に都合の悪い状況であればお互いが納得するところに辿り着けない可能性もあります。