高松 借金解決 無料相談

MENU

高松で借金解決の無料相談ならこちら

高松で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

高松で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら高松にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

高松で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして高松で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

任意整理を行う場合、特定の債権者を債務整理の対象から外して債務を処分できます。

ですので、契約中の携帯電話会社には債務整理を行わないでおけば、今の携帯電話を持ち続けることもできるでしょう。

新規契約や機種変更も制限はかかりませんが、当然ながら、ローンの利用ができないので、契約時に機種代金を一括で払うことになります。

ですが、これまでに携帯電話の料金が未納になっているのなら、そもそも契約自体ができないでしょう。

もしかすると、過払い金で債務を大幅に減らすことができるかもしれません。

この過払い金とは、つまり借金の返済の際に余分に払った利息のことです。

2008年の法改正以前は、多くの貸金業者がグレージーン金利と呼ばれる高金利でお金を貸し付けていました。

そのため、利用者は高い利息をつけて返済していました。

つまり、この余分な利息が過払い金となります。

もし過払い金が発生していたら、これを返してもらうことによって、借金の返済資金に使うことができます。

債務整理をしたいけれど、車は手元に置いておきたいというのであれば、カーローンはそのままにしておいて、車の処分をされない方法で債務整理を行いましょう。

とはいえ、持ち続けることに許可が下りるかについては、債務者が仕事や生活でどれだけ車を使っているかで変わってくるでしょう。

仮に車を手放すことになっても、日常生活を送るのに支障がないようならば、車を手放すよう求められるかもしれませんから、あらかじめ担当する弁護士や司法書士に相談し、車を手放した場合の不利益について訴えましょう。


法務大臣による認定を受けている、いわゆる認定司法書士という立場でなければ、どのような手段であれ債務整理を手がけることは認められていません。

なおかつ、司法書士に任意整理を任せる場合は、手続きをする際に債権者1社あたりの債務の金額が上限140万円までという制限があります。

司法書士と弁護士の差で特徴的なのは代理人です。

自己破産や個人再生では依頼者の代理人になれる弁護士とは異なり、代理人として司法書士を任命することはいかなる事情であれできませんから、裁判所には債務者本人が行く事になります。

公務員が債務整理をした場合、ぜったい職場にばれると思う人が多いようですが、知られるのは一部のケースだけです。

個人再生と任意整理の2つの方法でしたら、本人から話を持ち出さない限り、会社に知られる可能性はありません。

とはいえ、公務員共済組合のようなところからも債務があったりすると、知られてしまう可能性が高いでしょう。

新たに借金をする時や、カードを作成するときの審査に当たって銀行や信販会社は個人信用情報を見て判断します。

もちろんそこにはかつて債務整理をしたという情報も記録されています。

履歴を保持する年数には決まりがありますが、これがある限りカードを作ったりローンを組んだりすることは出来ないと思った方が良いです。

自己破産の場合ですと、記録は免責決定が下りてから起算し、個人再生や任意整理の手続きをした時は手続き後に残った債務を完済した時から最低でも5年間残ると言われています。


借金で手続きに困ったとき頼るところは、弁護士や司法書士に引き受けてもらえる法律事務所になるでしょう。

債務整理は弁護士も司法書士も依頼を受けることができるのですが、任意整理や過払い金請求を行うには、司法書士だと140万円を超える合計額では受託できないという決まりがあります。

140万円に達しないことがはっきりしていればいずれでもかまいませんが、超えるかもしれない時は弁護士に頼む方が安心でしょう。

普通は債務整理は個人個人で行いますので、プラスとマイナスの影響も本人に対してだけで配偶者や家族にはそれほど及びません。

それでも、例に当てはまらないものもあり、専業主婦なら夫が債務整理をすればクレジットカードが停止されることがありえます。

審査の基準が夫の支払い能力であるからというのがこの理由です。

それだけでなく、家族の中で同じ住所に住んでいてカードを新規に作ろうとしている人がいるなら審査に通らないこともありえます。

債務整理を行う方法に、任意整理と民事再生というものがあります。

主な相違は、元金が減るかどうかでしょう。

任意整理では債権者と債務者の話し合いで将来利息を免除して返済総額が決められ、月々の返済を行うもので、通常は借金の元金はそのままです。

その一方、民事再生の場合は返済計画案を裁判所に提示し、認可されれば元金が一部カットされ、残りを支払っていくことになります。