高松 借金解決 無料相談

MENU

高松で借金解決の無料相談ならこちら

高松で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

高松で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら高松にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

高松で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして高松で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

たとえ、人には言い辛い内容であっても、弁護士に財産や債務をごまかしたりするようなことはNGです。

信用できないということで、弁護士が辞退する可能性があります。

債務整理のために自己破産するのは、財産がないということが証明されてこそ、行えるものです。

この前提が崩れては、自己破産はできないことは当然ですし、お金を貸していた業者も納得はしないでしょう。

嘘をつくことはデメリットしかありませんから、このようなことは考えないでください。

車を所有したまま債務整理をしたいのなら、車のローンはそのままで、任意整理などを行えば、車は手放さずに済む可能性があります。

しかし、実際に債務整理をした結果、車を残せるかどうかは、車がなければ生活が立ち行かなくなるかどうかという点で判断が変わります。

仮に車を手放すことになっても、日常生活を送るのに支障がないようならば、車を所有する許可が下りませんから、債務整理を依頼する弁護士と話し合って、なぜ車を手放せないのかという点について説得するのも良いでしょう。

もしかすると、過払い金で債務を大幅に減らすことができるかもしれません。

過払い金について知らない人がいるかもしれませんが、これは借金の返済の際に余分に払った利息のことです。

2008年の法改正以前は、罰則がないという理由で違法な高金利でサービスをしていた業者が多かったので、借りた人は業者に請求されるまま、法定外の高い利息を払っていたのです。

それを過払い金と呼んでいます。

もし過払い金が発生していたら、これを返してもらうことによって、借金の返済資金に使うことができます。


返済期日が過ぎて生じた遅延損害金やローンの金利は、弁護士や司法書士が債務整理の依頼を受け、債務整理開始通知を債権者あてに送付し、通知が相手に届いた時点から加算されなくなります。

ただし、返済がストップして以降、そこまでに発生した遅延損害金がかなりの額になるケースも少なくありません。

もし任意整理を選択した場合は減額交渉で、この部分について減額を求めることも可能です。

債務整理の中でも自己破産や個人再生は自動的にすべての債務を整理対象としますが、それらとは異なり、債権者ごとに個別に交渉を行うのが任意整理の特徴です。

債権者一箇所ごとに費用がかかるので、全部の債権者を対象とするのではなく、概して大幅な減額が見込める金融機関を相手を選んで交渉をします。

借金があまりない債権者も対象にすると、司法書士や弁護士に支払う費用が高くなり、減額の効果が薄れてしまいます。

借金が返済しきれずついに債務整理をしようという時は、最近ではスマートフォンやPCから比較的簡単に債務整理にかかわる情報を知ることができます。

ただ、職場や家のPCで検索すると閲覧履歴や検索履歴、アクセスログ等から借金の状況が他人にばれないとも限りません。

できればスマホを使ったほうが安全です。


債務整理の方法に任意整理を選んだ場合は、返済にあたって延滞金や将来利息をカットしてもらう事ができます。

ところが、元金の減額も希望する時は、非常に大変です。

担当の弁護士や司法書士の交渉力が優秀であれば減額の可能性も無きにしも非ずですが、元金の減額をよしとすれば債権者にとっては明白な損失なので、なかなか聞き入れないでしょう。

あらゆる債務整理の手段と等しく、個人で手続きして過払い金の返還請求を行う事ができます。

このプロセスにおいては、始めに取引履歴の開示を要求しますが、ゼロ和解の提示がその際にあるかもしれません。

ゼロ和解とは、残債をゼロにする事をもってこの話を終わらせようという申し出です。

もし取引履歴を確認する前にOKしてしまえばどれくらい過払い金があるのか不確かなままに終わります。

よく考えずにゼロ和解してしまうと結果的に損となるリスクがあります。

結婚や離婚が元で名字が変わった場合に、債務整理の記録がゼロになると思ってはいけません。

カードの新規入会時の書類に旧姓を記入する欄もよく見られますし、本人確認をする際用いられるのは氏名だけではないでしょう。

たとえ審査に通過できたところで、債務整理の記録が後日発覚すればその時点で即座にカード利用の停止やカードの返却要請がされる恐れも予想されます。