宝塚 借金解決 無料相談

MENU

宝塚で借金解決の無料相談ならこちら

宝塚で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

宝塚で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら宝塚にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

宝塚で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして宝塚で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

多くの人が、債務整理では弁護士などに依頼することを考えると思います。

とはいえ、無料でできるわけではありません。

借金を抱えているから債務整理したいのにという気持ちになるとは思いますが、ボランティアではありませんから、割り切りましょう。

しかし、彼らもプロですし、その点は考慮してくれるはずです。

たとえば、分割で支払ったり、支払いが債務整理後でもOKだという事務所もありますから、あらかじめ相談に乗ってもらうのが良いでしょう。

債務整理を行う場合、どれくらいの借金があるのが妥当なのかというのも、一概には言えません。

借金の総額が数十万円といった場合は、どこかでお金を借りて、返済資金に充てることもできると思います。

けれども、借金を借金で返そうとしている時点で、お金の工面には相当苦労すると思います。

返済が滞りそうだと思ったら、新たに借入をする前に弁護士などに話し、返済が続けていけそうなのか債務整理に踏み切るのか、アドバイスを貰うのが最善の方法だと思います。

債務整理を行う場合、借金をしている業者や金融機関の同意を得なければなりません。

任意整理のケースでは、借金を整理する対象を選び、ひとつひとつの債務について和解交渉をすることになります。

ですが、裁判所を通していないので、和解交渉に進めない場合もあるでしょう。

個人再生のケースでは、複数の債務が対象になります。

けれども、再生計画案に債権者の半数以上が賛成しなければ許可されません。


所定の研修を済ませた認定司法書士でなければ、個人再生、任意整理、自己破産といった債務整理を行うことはできません。

また、司法書士が扱う任意整理は手続きをする際に債権者1社あたりの債務の金額が遅延損害金等も併せて140万円以下である必要があります。

さらに、個人再生や自己破産の手続きをする場合、書類の作成は代行してくれるものの、代理人は弁護士と決められているため、認定を受けた司法書士でも代理人に指定することはできないことになっていますから、債務者自身が裁判所に行き、やりとりも自分でしなければいけません。

返済の約束を反故にして金融機関等から訴訟を起こされてからでも、債務整理は可能ですから、すぐに弁護士なり司法書士なりに相談しましょう。

この時行われるのは基本的に訴訟を起こした相手を対象とした任意整理で、相手に受任通知が届くことにより、訴訟を取り下げてくれる場合もあります。

そこから減額を交渉して双方の合意が得られれば、返済を求める裁判はその意義がなくなるので取り下げされ、和解時の取り決めに従い債務の返済をしていきます。

もし任意整理や個人再生などの債務整理を行うのであれば、安定収入があることといった条件がつきますが、収入イコール生活保護費という人は、こうした債務整理の対象とはなりません。

本来、生活保護費というのは最低限の生活を保障するためのものですから、借金返済などに流用すれば、支給そのものがストップされるといった厳しい措置が待っています。

したがって、生活保護を受給している場合、自己破産以外に債務整理の道はないというわけです。


弁護士または司法書士に債務整理を請け負ってもらおうという時、用意が必要なのはまず身分証明書と印鑑、持っているクレジットカード、それから現在の借入の状況を示すあらゆるものです。

また、資産保有が証された書類を要することもあります。

たとえ契約書が残っていないとしても、クレジットカードが見つからなくても、調査すればいいだけのことですからそれだけで見切りをつけることはありません。

中には、常日頃からつい借金をしてしまっていて、債務整理を複数回することは可能なのだろうかと悩んでいる人はいませんか。

多くの場合は何度してもかまいません。

そうは言っても、以前に債務整理をしたことがある上でもう一度債務整理をしようとすると、債務整理に選択する方法次第では承認が難関になることもあります。

債務整理を軽はずみに行おうとするのは控えるべきでしょう。

もし、任意整理であれば特に関係無く、個人再生であれば基準が厳しくないため、それほど問題にされないのですが、自己破産によって債務整理を考えた時は、禁止事項の一つに財産隠しがあります。

裁判所に破産の申立をする際、持っていてよい現金と資産は法で上限の取り決めがあります。

それを上回っている分は処分することになるのですが、万一、隠していたという事実が明るみになれば免責が不許可になるのに加えて悪ければ詐欺罪の疑いを持たれてしまいます。