高崎 借金解決 無料相談

MENU

高崎で借金解決の無料相談ならこちら

高崎で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

高崎で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら高崎にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

高崎で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして高崎で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

キャッシングはお金が足りなくなった時の心強い味方です。

でも、借り過ぎに注意してください。

安易に使い過ぎて借金が膨らめば、返済に追われ、日常生活を送るのも難しくなります。

こうして追いつめられてしまった際に助けになるのが債務整理です。

どのような方法で債務整理を行うにしても、債務を適正な範囲に収めることができるので、安定した生活を送りながら借金を完済することができるでしょう。

ご存知のように、債務整理後には事故歴アリとして信用情報機関に情報が登録されます。

よく言う「ブラックリスト」に名前が載ってしまいますから、債務整理後、しばらくの期間はクレジットカードや銀行ローンを利用することが不可能になります。

ちなみに、債務整理をするとブラックでなくなるまでに5年は必要になります。

当然ですが、債務整理を行った結果はメリットばかりではありません。

よく言われるのが、ブラックになってしまうという点でしょう。

これによって、金融機関のローンやその他の借り入れが不可能になります。

一口に債務整理といっても、その方法は任意整理や個人再生などの種類があり、どのような債務整理の方法を選択するかによってブラック解除までの時間が短ければ5年、長ければ10年と変わってきます。


自己破産の手続きを開始すると、免責の決定がなされるまでは資格を停止されたり、一部の職種に就くことが制限されます。

保険募集員、不動産屋(宅建取引主任者)、質屋、警備員など職業は多岐にわたります。

それらの業種や資格保有者については、免責と自己破産の申し立てをしてから免責決定までの期間中はその職種の仕事はできないということになります。

任意整理や個人再生では、こういった制限はないですし、通常は職場に知られることもありません。

あらためて計算しなおした過払い金を今の債務額と相殺を行うことを目指す債務整理のことを特定調停と言います。

ただし、負債と比較して過払い金のほうが多い場合は、この特定調停という制度ではそれを返金してもらえるということはなく、単に負債が無くなるというだけです。

比べてみて、もし過払い金がまとまってあると判明しているのであれば相殺目的の特定調停などはせず、返還を求めて過払い金請求をするべきです。

どのような債務整理であれ、一度でもすれば個人信用情報機関に何年かは記録が残るものです。

その結果、新規のローンなどは出来ません。

いわゆるブラックリストです。

それまで保有していたクレジットカード、キャッシングのカードなども使用停止です。

それから、クレジットカードを新しく作るのはまず不可能です。

一方、既に契約している債務の場合、自己破産しないかぎり債務を返済する義務は残っていますので、完済するまでは支払いが続きます。


自己破産をすると全債務の返済義務から解放されることになりますが、申請したとしても実は免責されないケースも見られます。

どういう時かというと、お金の使い道がまずかった場合です。

一例として、ギャンブルや投資への利用や、分不相応なショッピングを幾度となくしているようだとそれに該当します。

こうした理由で免責が受けられなかったならば、別の方法で債務整理を行う他ありません。

大抵は一個人として債務整理が行われるため、良い面悪い面についても本人に影響するのみで配偶者や家族は大して関係がありません。

ただ、例外のケースもあり、夫が債務整理をしたという専業主婦は、クレジットカードの利用が停止される場合があります。

審査の基準が夫の支払い能力であるからというのがこの理由です。

さらに、同じ住所に住んでいる家族が新しくカードを作ろうとすると審査を通過できないことも覚悟しましょう。

一人一人の事情に応じて、債務整理をするべきか、それとも多重債務を一本化するおまとめローンをするべきかは一概には言えません。

将来利息がカットされる前者の場合、支払総額が減ることになりますが、信用情報に傷がつくことで新たな借金はそれが回復するまで無理というデメリットが考えられます。

かたや、後者の場合は利息の低い所へ借り替えることで多少は支払い総額を減らせるでしょうが、債務整理には及びません。

ですが、返済をしっかり続けられるならば信用情報に傷をつけずに済みます。