高山 借金解決 無料相談

MENU

高山で借金解決の無料相談ならこちら

高山で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

高山で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

下にあるフォームでは簡単な質問に答えていくだけで高山近くの無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

 

高山で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上にあるフォームを使ってあなたの状況にぴったりな弁護士事務所を探してみて下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして高山で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

家族に内緒で借金をしていた時、どうにも返済ができなくなってしまい債務整理をしました。

任意整理をして返済の負担を軽減するつもりでしたが、すでに借金がかさんでいましたから結果的に個人再生以外の方法がありませんでした。

所有していた車は趣味の範囲ということで処分を求められましたが、自宅を処分せずに済んだのは幸運でした。

毎月の返済の負担が軽くなりましたし、家族に嘘をつかなくてもよくなったので、債務整理のおかげで生活や気持ちも安定しました。

手持ちの現金がなくても買い物ができるクレジットカードは便利ですが、返済能力を超えた使い方をすると、借金地獄に陥る可能性があります。

そのような時には債務整理をすれば、元本の借金や利子を減額したり、毎月の返済額を適正な範囲にして支払っていくことができます。

けれども、当然ながら債務整理をすればカードの利用ができなくなりますし、場合によっては、カードで買ったものがクレジット会社に引き上げられることも考えられます。

簡単な手続きでお金を融資してくれるキャッシングはとても便利なものですが、返済能力を超えた使い方は厳禁です。

キャッシングに頼りすぎて借入額を増やしてしまうと、借金地獄に陥る可能性があります。

こうした非常事態に助けになるのが債務整理です。

債務整理には個人再生や任意整理、自己破産などの種類がありますが、状況に応じて上手く選択すれば、増えすぎた借金を法に則って処分できるので、返済の負担から解放されます。


債務には金利がつきものですし、返済が遅れれば遅延損害金が発生します。

しかし、債務整理の手続きをする弁護士(司法書士)から「この債務の整理をこれから進めます」という意味の書類を債権者に発送すると、貸金会社や債権回収会社にそれが到着した日から新たに発生することはありません。

けれども返済をやめてからこの手続きまでにかかった時間の間に遅延損害金がかさんでいるケースも少なくありません。

もし任意整理を選択した場合は減額交渉で、こうした遅延利息(遅延賠償)のカットも求めていきます。

給料を差し押さえされている間に債務整理をして、対象に差押え元の債権者が含まれていると、手続きを開始した時点で差押えはピタッと解除されるのですが、必ずしもそうとは限りません。

あいにく任意整理をした際には解除しなければいけないという決まりはないので、給与の差し押さえは続くことになります。

早いうちに和解が成立するよう司法書士や弁護士に働きかけてもらって、差し押さえ解除に持ち込まないと働くのすらままなりません。

度重なる返済の督促を無視したり、期日に返済しなかったりで既に債権者から訴訟を起こされてしまった場合でも、必要に応じて債務整理をすることはできます。

もっとも出来ることといえば訴訟を起こした相手を対象とした任意整理で、相手に受任通知が届くことにより、訴訟を取り下げてくれる場合もあります。

お互いに減額内容に納得して和解に至った場合は裁判で回収する理由がなくなるので訴訟は取り下げになり、その後は和解交渉の結果に沿って返済するのです。


CMなどできいたことがあるかもしれませんが、債務整理のひとつに、返済が完了している借金について債権者に払った利息が不要に多ければ返還を請求してもよい「過払い金返還請求」という手があります。

この請求を行うには、かつての借入金の明細が載った取引履歴の書類が不可欠です。

取引の履歴によって、適正な利息を算定することができるので、過払いになっていた利息を返してもらうことができます。

住宅ローンの借り入れに際しては審査がありますが、この審査を通るためには債務整理をしてからある程度の時間が経っていて、俗にブラックリストと呼ばれる信用情報機関が管理する事故情報から債務整理をしたことがわかる記録が消去されている事が不可欠です。

債務整理にどの方法を用いたかでこの期間は違い、消えたのか否かを自分で確認する事ができます。

記録がなくなっているなら、過去に債務整理をした人であってもローンで家を買うことができます。

例えば親戚や友人の借金の保証人になっているなら、仮に債権者が取り立てようとしてきても債務者に取立てを行うよう伝えて支払いを拒むことができます。

ただし、債務整理のうちの自己破産や個人再生が行われ、債務者が支払いの一部または全部を放棄したとなると、未返済の借金分について債権者からの取立てが保証人に対して開始されます。

この場合、保証人は応じなければならないのですが、債権者とすり合わせを行って支払いを分割にしてもらう事はできます。