玉名 借金解決 無料相談

MENU

玉名で借金解決の無料相談ならこちら

玉名で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

玉名で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら玉名にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

玉名で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして玉名で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

クレジットカードはとても便利なものですが、計画的に使わなければ、支払いが困難になるでしょう。

仮に一括でお金が引き落とせなくなったら、支払方法をリボ払いに変更されると思います。

けれど、リボ払いでも返済できないことも少なくありません。

返済に追われるようになると、追い詰められ、まともな生活ができなくなるので、債務整理を行い、借金地獄を抜け出し、再スタートを切るのも間違いではありません。

弁護士に債務整理をお願いする際に、委任状が必要になります。

これは、弁護士が債務整理の手続きについて委任を受けていることを証明するために必要になります。

きちんと委任契約を終えると、弁護士が受任通知を出すため、法に則って、取り立て行為を止めることができます。

他にも、契約を交わした弁護士は、法的に債務者の代理人の立場になり、業者との話し合いや訴訟の手続きなどを、本人の代わりに進めてくれます。

債務整理後の返済を滞りなく終わらせた場合、今後もお金を借りられるかどうかは、とても気になる問題です。

これについては、間が空かなければキャッシングサービスなどを利用することは諦めなければなりません。

一度でも債務整理をすると、事故歴アリとして短くとも5年はブラックリストに情報が載ってしまうので、ブラック状態のままでは、ETCカードを買ったり分割で商品を購入するようなことも難しくなるでしょう。


件数そのものは以前に比べて減ったものの、債務整理のひとつとして特定調停というものがあります。

どのようなものかというと、借入先に対し計算上過払い金が発生していると思われる時に有効な債務整理のひとつです。

それから、ここで判明した過払い金については、特定調停時に過払い金請求を盛り込むことはできませんので、別途請求することになります。

この請求はまだ相手に借金しているうちは出来ません。

一切の返済が済んでから行うことになります。

返済の約束を反故にして金融機関や回収業者から裁判を起こされたあとであろうと、債務整理は可能ですから、すぐに弁護士なり司法書士なりに相談しましょう。

そこで一般的に行われるのは訴訟を起こした相手を対象とした任意整理で、相手に受任通知が届くことにより、訴訟を取り下げてくれることもあり、そうなれば差し押さえなどは回避することができます。

それから減額の交渉をして和解成立となれば返済を求める裁判はその意義がなくなるので取り下げされ、和解時の取り決めに従い債務の返済をしていきます。

ときには借金の減額だけでなく、きれいさっぱり債務の返済が免除されることもあるのが債務整理ですが、その性質上、自己破産は言うに及ばず、個人再生を行った際にも官報の裁判所欄(破産、免責、再生関係)に名前や住所が掲載されてしまいます。

普段から官報に目を通している人はごく少数なので、気にすることもないといえばそうですが、官報といえば、ほぼ永久的に保管される記録ですし、文書でもネットでも公開されています。

あとあと悔やまないためにも、実際に手続きするとなったらそれでいいのか改めて考える時間が必要です。


出資法に基づき、昔は利息制限法を凌ぐ利率での貸付が当たり前に存在していました。

利息制限法の上限から出資法の上限の間の利率での貸付をグレーゾーン金利と呼びます。

現行は金利が利息制限法が定める上限をオーバーする場合、不法ということになります。

すなわち、借金がグレーゾーン金利で行われていた場合、債務整理を行えば過払いとなっていた利息を返してもらえる場合があります。

これがいわゆる過払い金請求です。

もう生じてしまっている利息とこの先発生する利息がカットされて返済を元金だけに絞る方法が、任意整理という債務整理の手段の一つになります。

債権者との話し合いで、折り合いがつけば、利息をつけずに支払うため支払総額は少なくなり、月に返済する額を小さくすることが可能です。

元金がそのままの額ではどう考えても返済に苦しむようなケースでは、別途個人再生という方法をとって債務整理を行う事になります。

債務整理を行う方法に、任意整理と民事再生というものがあります。

何が違うかと言えば、元金を減らせるかどうかという点です。

任意整理については債権者と債務者が話し合うことで将来利息の支払いを免除した上で返済額を設定し、月々の返済を行うもので、一般に借りている元金を減らすことはできません。

かたや民事再生では裁判所に返済計画を提出することが求められ、認めてもらえた場合、元金が一部カットされ、残りを支払っていくことになります。