徳島 借金解決 無料相談

MENU

徳島で借金解決の無料相談ならこちら

徳島で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

徳島で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら徳島にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

徳島で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして徳島で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

安く済まそうと、個人で債務整理を行おうとする人がいますが、十分な法的知識を持っていることが大前提になります。

他にも、書類の整理や手続きに関して時間的な拘束が発生することは確実です。

こうしたことを踏まえると、債務整理には司法書士や弁護士などのプロに依頼する方が上手くいく可能性が高いでしょう。

専門家はそれを生業としたプロですから、知識も手際の良さも段違いですし、早々に解決してくれるでしょう。

債務整理を行うデメリットもあります。

よく言われるのが、信用情報機関への登録でしょう。

つまり、金融機関のローンやその他の借り入れが不可能になります。

債務整理には複数の方法があり、どのような方法で債務整理を行ったかでブラックリストに載っている期間が最短でも5年間から10年間と異なり、一律ではありません。

減額された返済を滞りなく行って、無事に債務整理を終わらせたら、今後もお金を借りられるかどうかは、とても気になる問題です。

やはり、しばらくの期間は金融機関のローンや借入をするのはできません。

このような債務整理の事実は、金融事故になってしまい最低でも5年間は信用情報機関にこの情報が残ってしまうでしょう。

ですから、ブラック状態のままでは、ETCカードを買ったり分割で商品を購入するようなことも難しくなるでしょう。


債務整理を行う際は、公務員の場合はぜったい職場にばれると思う人が多いようですが、それは間違いです。

たしかに自己破産ではわかってしまいますが、その他の方法なら自分さえ黙っていれば、勤務先に連絡がいくことはないので、わかりません。

しかし公務員だと、共済会などから融資を受けている場合は、少しタイミングがずれますが、そこから知られる可能性は大です。

任意整理の主目的は債務を減らすことです。

つまり、和解後も返さなければいけない借金が残ります。

弁護士を頼んでせっかく債務整理したはずなのに、債務あまり縮小できなかったりする結果になり、がっかりしたという声もないわけではありません。

こんなはずではなかったと後悔しないよう、債務整理を行う前には十二分に考えることが大事です。

無償でこのような内容の相談に乗ってくれる窓口として、法律事務所等がかなりありますし、専門家に相談して解決策を見つける方が安心かもしれません。

相談無料というのは最初のうちだけで、本当に債務整理の手続きを進めるためには、どこの事務所でも着手金が不可欠です。

金額は決まっていませんので、法務(法律)事務所によってまちまちです。

それから、裁判所を通じて行う個人再生と自己破産では、最初から成功報酬が決まっている場合が多くて判りやすいのですが、裁判所を介さない任意整理ではその結果いかんで成功報酬の額は異なってくるので注意が必要です。


借金の支払いがもう無理だとなった時、借金を債務整理によって整理することができますが、整理する事ができないものとして唯一各種税金が挙げられます。

自己破産に関して定めている破産法にも租税請求権は支払いの義務が残る非免責事項の中に含まれています。

国民の三大義務ともなっている納税義務は自己破産に至っても放免されるものではありません。

ただし、現状を役所で訴えて分納を打診する事はできなくはないでしょう。

手続きを自分で済ませようと思えばどの債務整理でもできなくはないものの、とても込み入ったやり方になっています。

かつ、任意整理に際しては債権者との間で直接交渉を行わなければならないので、素人相手とわかってしまうと交渉に苦戦することになるかもしれません。

費用が求められますが、弁護士もしくは司法書士に請け負ってもらうのが何よりもうまく手続きを進める方法でしょう。

費用の相談は法テラスで聞いてもらう事もできます。

一口に債務整理と言っても、借金を整理するためには複数の方法が用意されています。

希望は延滞損害金や利息のカットのみで元金は支払い続けられるのか、それとも元金の減額が必要なのか、金額の大小ではなく支払いの継続が不可能という話なのか。

個々の状況次第で妥当な方法も違ってきます。

単独で手続きすることもできなくはありませんが、気がかりな事が多い場合は知識の豊富な弁護士や司法書士の知恵を借りましょう。