豊島区 借金解決 無料相談

MENU

豊島区で借金解決の無料相談ならこちら

豊島区で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

豊島区で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら豊島区にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

豊島区で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして豊島区で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

独り身の時に債務整理をして、まだ時間が経っていないのなら、一緒になった配偶者の苗字になったからといってブラックでなくなるわけではありません。

ローンなどの審査をする時、金融機関は名前だけを確認するのではなく、その他の情報を照らし合わせてブラックリストを確認します。

このように、審査では名寄せが行われるのが一般的です。

これで分かるように、結婚で苗字だけが変わっても独身時代からのブラックが続くことになります。

自営業の人が個人再生で債務整理をした時に、帳簿の上での売掛金が現金化されていない場合は、資産扱いになります。

1000万円の債務がある自営業者のケースでは、個人再生で債務を整理した結果、800万円の借金が免責され、債務額を200万円まで減らせます。

とはいえ、100万円の売掛金が残されているとして、この売掛金の5分の1である20万円が返済額に加算され、合わせて220万円を返済しなければならないでしょう。

債務整理に必要な金額は、依頼したい弁護士事務所に問い合わせるか、ホームページを見れば、分かると思います。

もちろん、債務の状況によっては料金が変動することもありますが、ほとんどの場合、確認した料金の範囲で済ますことができるでしょう。

それぞれの弁護士事務所で、かかる費用や説明も異なると思うので、相性の良い弁護士事務所を見付けることも重要になります。


どういった債務整理であれ、結果が出せるまでは手続きに時間がかかることはやむを得ません。

もし任意整理の手続きに踏み切っても、弁護士事務所や司法書士事務所といったプロに依頼し、一連の手続きに着手してから和解や免責などの成果を得るまでの期間は、最短で2か月、時には半年かそれ以上かかるパターンもあります。

手続きを開始すると、結果が出るまでの間は催促を始めとした連絡や取り立ては禁止されているのですが、訴訟を起こしてくる債権者もいます。

どういった債務整理を選ぶにしろ、手続きを開始した時点で、債権者による取り立てや連絡等の行為はピタッと止みます。

ただ、裁判所を通す個人再生や自己破産の場合は債権者全部が自動的に対象となるのですが、弁護士を介して当事者同士が交渉する任意整理では、あらかじめ選択した債権者のみに減額交渉を行います。

よって手続き対象でない借入先からの連絡、督促、取立てなどの行為は止むことはありません。

債務整理は状況によっていくつかの種類から選びますが、そのうち裁判所を介さず行えるのが任意整理です。

残る2つは個人再生と自己破産ですが、これらは弁護士だけでできるものではなく、裁判所の判断に委ねることになります。

とはいえ、必ずしも当事者が再三再四、裁判所に赴かなければいけないわけではありません。

弁護士が債務整理に当たる場合は、弁護士が依頼者の代理人となり、自己破産にしろ個人再生にしろ手続きのかなりの部分を行えるので、依頼人本人が出向く機会は減ります。


賃貸の物件を新しく契約しようかという場合に、債務整理をしていても審査内容には影響がありません。

と言うのも、事故情報は信用情報機関に保管されていますが、参照することができるのは金融会社で、参照権限を不動産会社は持っていないのです。

よって、債務整理の影響が引っ越しに及ぶことを心配しなくてもOKです。

ところが、今現在、自己破産を申し立てているなら、免責が決定するまで引っ越しするには裁判所の許可がなくてはならないため心しておきましょう。

自己破産、民事再生、任意整理は全て債務整理とは言うもののそれぞれのメリットがあります。

自己破産であれば返済の必要な借金が全く残らずスタートラインから再出発できます。

民事再生ならば住宅ローンの他の借金の元金が圧縮され、例えば家などの資産は守ることができます。

それから任意整理では月々に返済する額を債権者と話し合って決めることが可能で、またその取引利率や借金の期間によっては過払い金を返還してもらえる場合もあります。

最近の弁護士事務所の中には、インターネットを介して債務整理の相談に応じるところも多くあります。

都合のいい事務所が近隣にはないと落胆しているよりも、とりあえずはネットを介して自分の事情を知らせてメール相談を持ちかけてみるというのがいいでしょう。

任意整理ならば電話と郵送だけで手続きを終えることも不可能ではないので、ぜひとも道を切り開いていきましょう。