鳥栖 借金解決 無料相談

MENU

鳥栖で借金解決の無料相談ならこちら

鳥栖で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

鳥栖で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら鳥栖にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

鳥栖で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして鳥栖で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

借金が膨らんで債務整理を行ったのなら、抱えた借金を減らすことができるでしょう。

でも、債務整理を行ったことは信用情報機関に残ってしまうでしょう。

こうなってしまうと、ブラックリストに名前が載っていることになるので、借入やクレジットカードの際の審査にパスできなくなってしまうでしょう。

約5年間はこうした状態が続くので、留意しておく必要があります。

もし債務整理をした場合、クレジットカードの更新日以降、利用不可になる可能性があります。

債権者がJICCやCICのような信用情報機関に加盟していると、事故歴が記録され、この情報がクレジット会社にも共有される可能性があります。

更新日を迎えずとも、利用不可能になるケースもあるため、引き落としでクレジットカードを利用しているのなら、他の方法を考えなければいけません。

一度でも債務整理をした人は、今後の借入ができるかどうかは、重要な問題です。

法律上は、特に債務整理を行った人に借入などの制限がかかるようなことはありません。

そのため、絶対に借入できないというわけでもありません。

ただし、大手消費者金融や銀行からの借入は厳しいでしょう。

でも、法律で制限されている訳ではないので、小さい金融機関であれば、場合によってはキャッシングが可能なこともあるので、よく探してみてください。


返済に困った末に債務整理を行ったものの、むしろ支払いが増えてしまったという恐ろしい話も耳にします。

おそらく、儲け第一主義の法務事務所や法律事務所に手玉にとられたと思われる事例です。

任意整理で寄せられた相談の中にもそういった例はあります。

和解で30万円の減額に成功した際、依頼料や報酬として数十万円を求めてくる場合です。

たちの悪い業者にひっかからないように、費用に関する疑問は最初に明らかにしてもらうのが大事です。

どういった種類であれ債務整理を行えば、一定期間は個人信用情報に記録が残ります。

その結果、新規のローンなどはできなくなりますし、現在持っているクレジットカード等も使えない状態になっているはずです。

何年かはクレジットカードを作ろうとしても審査落ちするでしょう。

ただ、現在返済中の債務については、個人再生と任意整理では債務は保持されていますので、支払いがなくなることはありません。

新たに借金をする時や、カードを作成するときの審査に当たって銀行や信販会社は個人信用情報を見て判断します。

もちろんそこには過去の債務整理の履歴も記載されています。

この履歴が記録されているうちは原則として新規借り入れは不可能です。

たとえば自己破産を行えば個人信用情報の記録は免責決定が下りてから起算し、その他の債務整理を行った場合は手続き後に残った債務を完済した時から最低5年位は残ると考えて良いでしょう。


借金が整理できればいいなと思っていても所持しているクレジットカードを無くしたくなければ、債務整理の方法の中でも任意整理を選択することで持ち続けられることもあります。

任意整理では債権者を選り抜いて整理できるので、任意整理を行うのを残したいカード会社以外の債権者とする事で、カードはそのまま残ります。

ですが、どうしても任意整理を行う以上、信用情報には事故記録が載ってしまいますから、カードの更新にあたってはそれが元で利用停止となる見込みが高いでしょう。

もし、借金があり債務整理を行っている最中に離婚が成立する場合、生活費に費やすための借金などそれが婚姻生活から生まれたものだと財産として分与されることになります。

財産としてカウントするのはプラスのものだけでは無く、マイナスの資産も同様なのです。

ただし、それが婚姻前から存在する夫か妻の借金の場合や、婚姻中に生じたとしてもギャンブルなどで生まれた個人的借金であれば財産分与の対象からは除かれます。

任意整理によって債務整理を行うことにした場合、返済にあたって延滞金や将来利息をカットしてもらう事ができます。

しかしながら、元金も減らしてもらいたい時は、極めて難関です。

担当の弁護士や司法書士がうまく交渉を運べば減額の可能性も無きにしも非ずですが、元金の減額をよしとすれば明らかに債権者にとっては損になりますから、そうそう同意は得られません。