鳥栖 借金解決 無料相談

MENU

鳥栖で借金解決の無料相談ならこちら

鳥栖で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

鳥栖で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら鳥栖にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

鳥栖で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして鳥栖で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

もし債務整理をした場合、所有しているクレジットカードが更新のタイミングで利用不可能になる恐れがあります。

債務整理をすると、信用情報機関に個人情報と共に事故歴が保存されてしまい、この情報がクレジット会社にも共有される可能性があります。

有効期限があっても、利用停止措置がとられることも少なくありませんから、引き落としでクレジットカードを利用しているのなら、あらかじめ別の手段を考えておきましょう。

債務整理は時間がかかるものですから、終わるまで数ヶ月を見た方が良いでしょう。

けれども、この数ヶ月の間に金利や延滞損害金が増えるといったことはありません。

仮に、任意整理や個人再生をして債務の負担が減った場合も、一部の債務が残るでしょう。

この債務についても、金利はかかりません。

けれども、この債務の返済期日も遅延してしまうようなことがあれば、延滞損害金が発生しますし、場合によっては一括での返済を求められるケースもあるため十分注意しておきましょう。

一般的に、債務整理を行うとブラックになりますが、任意整理を選んだ人ならば住宅ローンやその他のローンも組める可能性があります。

任意整理では、自分のできる範囲で返済を続けていきますし、裁判所も通さないので官報などに氏名や住所が載る心配もありません。

もし、借金の返済時に過払い金が出ていた場合、過払い金で借りた分の元本を完済できるケースもあり、該当者はブラックになることは無いでしょう。


どういった種類であれ債務整理を行えば、個人信用情報機関に何年かは記録が残るものです。

ですから新たなローンの申し込みはできなくなりますし、既に所有しているクレジットカード等も使えなくなります。

当面は新たにカードを申し込んでも、審査で落とされるはずです。

しかし既に契約済みの借り入れは、債務が帳消しになるわけではありませんから、完済に向けて支払いを続けていきます。

せっかく債務整理を依頼しても、担当弁護士に対する不信感が拭えず、依頼をやめて別のところへ頼みたい場合は、あらためて解任手続きをしなければなりません。

手続きを忘れて他の司法書士、弁護士といった人たちに依頼すると、受任通知の二重送付にもなり、トラブルを招きかねません。

元々依頼した法務事務所との契約はきちんと解約して、あらためて新しいところと委託契約を結んでください。

相談は無料で受け付けているとはいうものの、現実に弁護士等に依頼して債務整理を行う際は、仕事を依頼しました引き受けましたという意味での着手金が必要です。

着手金というのは一律いくらと決まったわけではないので、依頼先によって差はあります。

それから、裁判所を通じて行う個人再生と自己破産では、あらかじめ成功報酬が固定で分かっていることが多いですが、任意整理の成功報酬は、結果次第で差があります。


もう生じてしまっている利息とこれから発生する利息をカットすることで元金だけを残して返済を行う方法が、債務整理のうち任意整理と呼ばれる方法です。

債権者との話し合いで、折り合いがつけば、利息が免除される分、支払総額が減りますから、各月の返済額を減ずることができます。

元金の額も減らない限り返済できそうにない場合は、別途個人再生という方法をとって債務整理を行う事になります。

債務整理をする方法の中で、債権者への支払いが済んだ借金の過剰に支払っていた利息を返還請求できる「過払い金返還請求」があります。

あらかじめこの返還請求をする場合は取引履歴と当時の借金の明細を確認できる書類があるといいでしょう。

取引の履歴に目を通して、適正な利息を算定することができるので、払う必要のなかった利息を手元に戻せるはずです。

債務整理を任意整理で行うなら、交渉が債権者に拒否されることも考えられます。

任意整理というのは司法による働きかけなしに債務者と債権者の間で交渉が行われて和解された返済額や期間によって返済していく方法です。

司法が入らないイコール、交渉を受け入れなくても債権者にとってなんら法的な義務違反にはならない訳です。

したがって、全く返済をしていなかったり、極めて債権者に都合の悪い状況であればお互いが納得するところに辿り着けない可能性もあります。