富山 借金解決 無料相談

MENU

富山で借金解決の無料相談ならこちら

富山で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

富山で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら富山にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

富山で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして富山で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

任意整理は、和解交渉で減額された債務を毎月払い続けます。

この最中に金銭的余裕が生まれたら、毎月の支払いのほかに繰り上げ返済を追加したり、一括で返済することもOKです。

この場合、任意整理を依頼した弁護士などがいれば、自らが債権者に返済計画の変更の問い合わせるよりも、この弁護士などを通した方が話を通しやすいです。

これまでに債務整理で借金を整理した経験がある人は、今後もお金を借りられる可能性は残っているのでしょうか。

法律では、債務整理者の借入の制限がかかるようなことはありません。

ですから、場合によってはお金を借りることもできるでしょう。

でも、大多数の銀行や消費者金融などの金融機関でキャッシングすることは厳しいでしょう。

とはいえ、あまり大きくない消費者金融などでは、融資を受けられる可能性もありますから、悲観的にならず、問い合わせてみると良いでしょう。

もし、金額の大きい債務整理を考えているのなら、司法書士より弁護士に相談しましょう。

なぜなら、司法書士の資格では140万円以上の債務整理に関われないと、法律で明記されているからです。

その一方で、弁護士の場合は債務額の上限はありませんし、訴訟時には弁護士の方が有利だといえます。

しつこい取り立てを受けている場合、弁護士に依頼すれば、手続きをとったその日の内から取り立てをやめさせることができます。


原則として奨学金の借り入れをする時は親が連帯保証人で親族が保証人になるケースが多いですが、保証人になる人が債務整理をした経験があると、もし完済していても、そこがネックになって審査落ちすることもあります。

そうした事情で保証人が立てられないときは、保証人を立てる人的保証制度ではなく機関保証を使うと、気遣わしい保証人などなしに奨学金の貸与を受けることが可能になります。

気になる保証料ですが、これは奨学金の貸与月額から天引きされますから、払い忘れの心配もありません。

どのような債務整理であれ、一度でもすればCIC、JICC、全銀業などの個人信用情報機関に記録されます。

当然ながら新たな借入などは出来ません。

いわゆるブラックリストです。

現在持っているクレジットカード等も使えない状態になっているはずです。

つまりクレジットカードを持てない状態ですから、新規でカードを申し込んでも、審査で落とされるはずです。

最後に契約済みの債務の扱いについてですが、個人再生と任意整理では債務は保持されていますので、支払いそのものは継続します。

予定していた日に返済が行われないと、貸した側から次の日には支払いに関しての連絡がくるでしょう。

そこで遅れてでも支払う日を伝えれば、相手から二度と連絡が来ることはないはずです。

けれども、万一約束を破ろうものならまた借入先から督促の連絡が入るようになり、そのうち取り立てが始まり、下手をすると裁判にまで持ち込まれてしまうでしょう。

失業や病気で支払い能力がないなど、いつまでも返済の目処がたたない場合は、いったん債務整理をして身辺の立て直しを計るのが有効です。


債務整理の委任を弁護士や司法書士にしたい時、支払うお金の調達が厳しそうなのでしたらまず法テラスへ行って相談してみましょう。

法テラスというのは法律に関する問題で困っている人を支援する公的機関です。

借金の問題については無料相談を実施していますし、収入の少ない方へは民事法律扶助制度による業務として、債務整理を弁護士または司法書士に依頼する際の経費を一時的に立て替えるという対応もしています。

出資法に基づき、昔は利息制限法の定めを上回る利率での貸付が当たり前に存在していました。

利息制限法の上限から出資法の上限の間の金利で行われる貸付がグレーゾーン金利と呼ばれるものです。

現代では利息制限法に定める上限以上の金利では法に背いていることになります。

つまり、グレーゾーン金利での借入をしていた人は、債務整理によって払い過ぎとなっていた利息の返還請求ができる場合があります。

これがすなわち過払い金請求です。

ご存知かもしれませんが、債務整理の一種として、債権者への支払いが済んだ借金の払った利息が不要に多ければ返還を請求してもよい「過払い金返還請求」という手があります。

過払い金返還請求に際しては、以前に借り入れをした金額が確認できるような取引履歴の書類がなくてはいけません。

取引履歴を点検することで、本来の利息額を割り出せますから、払う必要のなかった利息の還付が受けられるでしょう。